toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

紅葉ライトアップ②

日記のネタがないので今日も続きで…

このときに撮った写真の中で一番お気に入りがこれ

DSC_3617.jpg

一人のオネエサンがスマホで閃く紅葉を撮っている

でもなんかオネエサンのスマホから照らされて紅葉が輝いているようにも見える…



実は今週末、会社の連中を連れて高野山へ行きます

今年は既に一回行っていますが行くたびに新たな発見がある高野山
楽しみだ

スポンサーサイト
  1. 2017/11/21(火) 20:29:35|
  2. 写真散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紅葉ライトアップ

お城の傍にある日本庭園の「好古園」
ここで毎年この時期にやっています

DSC_3678.jpg

去年まではフジのFinepixS3Proでしたが今年からニコンのD7000.

DSC_3598.jpg

これまでISOが1600まででしたが、D7000になってからISO3200が使えることになってかなり余裕が出来ました

DSC_3627.jpg


DSC_3643.jpg


DSC_3663.jpg


DSC_3680.jpg


DSC_3685.jpg

ISO3200メインで撮りましたが後でレンズを確認するとVC(TAMRONのブレ防止機能)を切ったままでした…
PCで「ファイル情報」を確認するとシャッタースピードは1/60前後でしたがチョイブレた写真が多かったのはそういうことか…
まあ初歩的ミスでした(しかしいつのまに切ったのだろう)

DSC_3658.jpg

今度はISO6400で試してみよう

しかし夜の撮影は苦手だ…


  1. 2017/11/20(月) 20:42:41|
  2. 写真散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

姫路城イルミネーション

この時期、姫路城のイベントとして行われている姫路城イルミネーションのイベント「ファンタジーイルミネーション千姫」に行ってきました
徳川家康の孫娘である千姫が姫路城に入城して400年にあたるイベントの一環です

約10万個のLEDがBGMに合わせて変化しながら点灯します

DSC_3570.jpg

凄い人だかりで中々近づけません…

DSC_3572.jpg

イルミネーションの回廊が続いていますが立ち止まって写真撮影しまくっているので全く進まない状況です

DSC_3576.jpg

結局私は回廊には入らずに外から遠巻きに撮影するのみでした

DSC_3578.jpg

わずか10分くらいでこの場所を離れて本来の目的地、姫路城の傍にある日本庭園の「好古園」での紅葉ライトアップに向かいました

続く



  1. 2017/11/19(日) 21:02:25|
  2. 写真散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バカ真面目の骨折り損

久々に歴史ネタを…

仕事で自分なりにバカ真面目にやったのに全く報われずに泣いたことってないでしょうか…


戦国時代に西日本を圧倒していた毛利帝国。毛利本家・小早川・吉川の三家をもって成立していた。

1600年の関ヶ原の合戦。毛利本家は石田三成に担がれて大阪城に籠って西軍の旗頭を担っていた。
戦場に出ていた小早川秀秋・吉川広家は既に徳川家康側の謀略にかかっており、戦が開かれた時点で東軍に寝返る予定だった。特に小早川秀秋は思慮・決断力に乏しい武将で中々裏切られずにジッとしている時に家康や吉川広家の催促に促されるように開戦から4時間後にようやく裏切る。

そして勝利した家康による戦後処理。
西軍旗頭だった毛利本家は、当然所領を削がれ、毛利旧領のうち長州、防州の2国の30万石を吉川広家に与えようとした。
広家はおどろき「自分の功にかえて毛利本家を残していただきたい」と願い出て、毛利本家に長州、防州の2国の30万石を残し、吉川家を無禄にした。
他人から見たらバカなことをしたと思うだろう。自身の裏切りで東軍が勝利してにもかかわらず、本家を存続させるために無禄になってしまった…東軍の武将たちは吉川広家の義心を褒めたたえたが、本家の毛利家の家中は「広家さまさえ無用な策をしなかったら今頃、毛利幕府になっていたわい」と喜ばない者も多かったという。毛利家が喜ばなかった証拠に、はだかとなった広家に何の手当ても施さなかったらしい。
これではあまりにも可哀そうだと幕府は毛利から6万石を割いて広家の子、吉川広正を岩国城主とした。岩国城や錦帯橋のある岩国の殿様がこれである。

そして幕末。幕府に反旗を立てた長州毛利家は京都に軍を送って幕府軍とたたかい敗走する。いわゆる「蛤御門の変」であります。これをきっかけに幕府による「第一次長州征伐」が行われる。しかし実は結局戦争にはならず外交折衝でなかば解決した。そのとき幕府と長州双方から委任されて調停に立ったのが広家から十三代目に当たる吉川経幹(つねもと)だった。幕府に嘆願してその要求をやわらげさせた。

つまり吉川家は二度にわたり幕府から本家の毛利家を救ったことになる。

その吉川家の奔走を、長州の過激志士たちはよろこぶどころか「経幹さまは幕府側じゃからな」と吐き捨てて、明治維新後も長州閥からは厚遇されなかった…

毛利家を守りたいがために真面目に奔走した吉川家
まさに「バカ真面目の骨折り損」を絵に描いたような話ですね…


DSCF7564_20171117222915eef.jpg
入れる写真が無かったのでテキトーに真面目に咲く花の写真を


でもどちらかというと
真面目の方がイイかな

  1. 2017/11/17(金) 22:38:45|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人間ドックとノジギク

今日は会社はお休みを頂いて人間ドックに行ってきました

胃カメラをはじめ、エコー検査や眼底検査、レントゲンなど受けてきました
胃の中にポリープが3つ新たに発見されましたが良性でした。胆のうのポリープも3年前と比べ大きくならず一安心。
昼過ぎに終わってそのまま家に帰るのは勿体なかったので、ちょっと病院近所をブラブラ…

人間ドックを受けた病院の近所に「ノジギク」の群生地があって写真を撮ろうと思って車を走らせました。
病院から車でわずか5分、「のじぎくの里公園」という公園ですが特に整備されているわけでなく、あちこちにノジギクが咲き乱れています。自生したノジギクにあまり手を加えず、その周辺を公園として整備した感じでした。

DSC_3522.jpg

関東の人には「ノジギク」は馴染みがないと思いいます
日本では本州は兵庫県以西、四国や九州の暖かい地方に自生する日本在来種の小さい菊の一種です。

兵庫県の県花でもあります。

見ごろは10月下旬から11月にかけてです

DSC_3549.jpg

枯れ始めた花もあったり、蕾もあったり…
派手な色の美しい名も良いけど、こんなシンプルな花にも惹かれます
しかも花壇に植えられているのではく自生しているためか力強ささえ感じる


DSC_3528.jpg


今日は暖かかったので色々な虫たちも集まって仕事をしていました
この時は17-50㎜の広角ズームと55-200㎜の望遠ズームを2本バッグに入れていました
花を撮る度に「マクロも欲しいな」なんて思ったりしてます

DSC_3556.jpg

しかし病院帰りに「菊の花」とはチョイ縁起が悪そうですが、暖かい陽を浴びて健気に自生している花を見るとこちらも元気になりますわ正直。


DSC_3542.jpg

最終的な検査結果は2週間後
それまで少し不安な日が続きますが、この写真たちを見て元気を貰おう


  1. 2017/11/15(水) 21:17:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会い、
そして邂逅(かいこう)等を
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりですが
未だ現役。

camera
NIKON:D7000
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TAMRON:AF17-50mm/f2.8 VC
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
TOKINA:17mm/f3.5 RMC
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (12)
歴史 (26)
写真 (19)
寺巡り (19)
独り言 (29)
写真散歩 (114)
仏教 (25)
レンズ (4)
播州の祭り (13)
神社 (3)
日記 (44)
旅行記 (7)
オーディオ (1)

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる