FC2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

仁王さんに怒られる

昨日の「見仏ツアー」の善通寺にて

境内に並んだ玉垣を見ているとツイツイ寄進された金額が気になったりして…

昔は百圓の寄進で玉垣が立ったんですね

壱百圓から参百圓くらいまでなら同じ高さですね
DSC_3997_20190620192313c26.jpg

おお、六百圓にもなったら、一つ頭が突き抜けておりますね~
DSC_3993.jpg

壱千五百圓にもなったら流石に大きい!
石も少し上質になっているぞ
DSC_3995_20190620192314f3c.jpg

最高金額の弐千圓だ!
さらにビックで、社務所の横目立つ場所にデーンっと置かれている
DSC_3996.jpg

お寺としても少しは優越は付けてあげないとね
なんて思ったりして…

ここで私は
「例えば壱千五百弐十七圓なんて端数の金額で寄進したら
彫っている石屋泣かせなんだろうな」


なんて言ったら、他の隊員が
「ショーもないこと考えるなァ隊長は」と呆れたように笑っていた…

弘法大師生誕のお寺、しかも戒壇巡りを行った後般若心経を唱えたばかりなのにバカげたことを言ったなあとチョイ反省

喝っ!

DSC_3985_20190620192316070.jpg

と仁王さんが怒っていました(反省)




スポンサーサイト
  1. 2019/06/20(木) 19:38:14|
  2. 見仏クラブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「見仏ツアーin香川」

もう何十回目だろうか、数えるのも面倒になった半年に一度の「見仏ツアー」

前回F隊員が仕事で不参加、前々回はN隊員が交通事故で重傷を負い不参加で、今回は久々に4人揃ってのツアーでした

今回は見仏クラブ初の四国、弘法大師の故郷である善通寺、そして金毘羅山の石段を登って金比羅宮を参拝するというツアー
実は2か月前に会社の別の連中と全く同じコースで行って来たのはメンバーに内緒
たまに私のブログを見るN隊員にはバレバレですが…
もう日帰りで行ける範囲の寺々はこの見仏ツアーでほぼ制覇しているので、安直に同じコースを設定しました
しかし他のメンバーは全員、善通寺も金比羅山も初めてだったので一安心…

前置きは長くなりましたが本日早朝から行ってきました

まずは善通寺
DSC_3982.jpg

「御影堂」で般若心経を唱えました

五重塔が立派だあ
DSC_4009_201906192045023f6.jpg

N隊員(右)とF隊員(左)がスマホで何かを撮っている
N隊員は低い位置で撮る構図に凝っていて、最近事あるごとにしゃがんでよく撮っております
DSC_4007.jpg

赤子を抱いた弘法さん
拝むと子宝にご利益があるといわれているようだ
DSC_4018.jpg

手水舎にて、カッチョイイ龍だなあ
DSC_4014_20190619204505e77.jpg

残念だったのが「堅パン」の店が閉まっていたこと!
ネットでは火曜日が定休日なのでお土産に買おうと思っていたのが「第三水曜日も休み」と貼り紙が…(泣)
DSC_3990.jpg



涙をこらえて次の目的地、金比羅山へ

やはり平日は人出が少なったです
DSC_4023.jpg

今日は蒸し暑かった…
駕籠屋のオジサンたちも疲れて果てて途中で一休み
DSC_4024.jpg
下から上がってくる拝観者たちに「お兄さん、アルバイトで駕籠かきやる?」なんて冗談で誘っていたりして

DSC_4027.jpg

DSC_4036.jpg

石段の785段目にある本宮にようやく到着
本宮から讃岐平野を見下ろす
遠くに「讃岐富士」が望まれてイイ景色だ
DSC_4033.jpg

そこから先(ここから585段先に奥宮がある)までは、今年56歳になるオジサンたちには絶対無理なのでここで引き返すことに

足がガクガクになりながら降りてきました

明日からの痛みが怖い(年寄りは時間がたって痛くなる)…





  1. 2019/06/19(水) 21:22:38|
  2. 見仏クラブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「カメラ」はどこへ向かうのだろうか

今日は独り言なのでテキトーに流して下さい

先日久々の立ち読み

「日本カメラ」と「アサヒカメラ」で「アラーキー」こと荒木経惟(あらき・のぶよし)さんが痛快に語っていたことが響いた

要約すると…

なぜフィルムカメラを使っているかって?フィルムが「写真」だからよ、つまらんこと聞くなよ
デジカメはダメだ、綺麗すぎてダメなんだよ
おいらはデジカメはあまり使わない、パット撮って綺麗に映る
あれは人が撮っていなくてカメラが綺麗に撮ってくれているの
おいらにとってデジカメはある意味ライバルなんだな
最近人形をよく撮るようになった
人形って何か「魂」があるように思える
撮っている人間の方が「魂」が無いんじゃないかって思うようになった…

という事です

撮っている方が魂を込めずにカメラ任せに撮っているということか…

なかなか的を得た言葉だと思う

最近のカメラの進歩は凄まじい限り

AF一つにとっても凄い進化だ
ドンドン「AI」が入り込んでいるように思える
「顔認証」に始まり「笑顔認証」「瞳認証」
最近は「動物認証」「乗り物認証」、そしてSONYの「動物の瞳認証」まで…
ドンドンカメラ任せになっていく
アラーキーさんの言う通り魂を込めずにシャッターに指を沿えるだけで綺麗でシャープな写真を撮れる時代になったようです

フィルムカメラから写真を嗜んでいる私にとって時代の流れが早すぎて追いつけない…

DSCF1954.jpg
奈良で出合った、日本語が上手なイギリス人、フィルムカメラEOS1-Vでした

これからまだまだ進化の伸びしろのあろうと思われる「ミラーレス」がドンドン進化して行き、これ以上伸びしろが無いと言われる「一眼レフ」タイプのカメラは衰退してくんだろうな…

でも「カメラ任せ」ってあまりにも面白くないでしょうか?
なんて考えたりして
最近はMFレンズをメインに使い出してから余計に思うようになった

DSC00431_20190617202206bd7.jpg
尾道のカフェにて(わざとぼかしています)




日本人初ノーベル賞の湯川秀樹さん

湯川博士のエッセイを久々に読んだ…

機械が発達すると、人間の頭脳の代わりしてくれる機械もできてくる。機械の理性が人間の理性よりもずっと能率的に働くようになることは十分に考えられる。しかし機械は想像を逞(たくま)しくすることはないであろう。もしも機械が想像を始めたら、人間は機械が狂ったといって廃棄してしまうであろう…

IMG_20190617_194038.jpg

このエッセイが書かれたのが何と1955年!
未来に考えられる「AIの暴走」を予見していたのだろうか…
湯川博士の考え、先見の想いには脱帽するしかありません

いずれにせよ「AI」がドンドン入り込んでいているカメラ
今後更にどんな進化をするんだろうか…
楽しみでもあるけど、今のカメラスタイルの私にとっては「怖い」ようでもある…


  1. 2019/06/17(月) 21:04:53|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「古典植物と山野草展」

昨日の日曜日、雨の午後に植物園に行って来た

「古典植物と山野草展」が開催されていました

日本古来から親しまれてきた山野草や、万葉集などで詠まれてきた草花を展示されていました

DSC_3914.jpg


今回は単焦点マクロレンズ1本で狙いました

これはシダの一種

DSC_3936.jpg

DSC_3923.jpg


この展示会で、私はこの「山アジサイ」に惹かれました

DSC_3928.jpg

山アジサイは、太平洋側の温暖な地域に分布、半日陰の湿り気のある林や沢沿いに生育している日本古来のアジサイ
このことから別名「サワアジサイ」とも呼ばれているようです

DSC_3963.jpg

普段見る「ガクアジサイ」と同じようにみえますが、遥かに小さい

DSC_3938.jpg

なんとも魅了的な花だ
実はこの株だけで30枚くらい撮っていた…

DSC_3961_20190616082820624.jpg


「姫鳳凰苔(ヒメホウオウゴケ)」に小さいパンダ君が…
栽培者の「洒落っ気」が分かります

DSC_3933.jpg


二匹の仲良しのワンちゃんが花を見上げています

DSC_3957_20190616082823a77.jpg



外は嵐のような雨

DSC_3967.jpg

植物園の外に植えられたペチュニアたちが風雨に晒されながら必死に咲いていました

DSC_3972.jpg




  1. 2019/06/16(日) 08:38:39|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仏(ほとけ)の世界へ

午前中近所の霊園に行って来た
ここにある仏舎利塔は巨大で内部を拝観できます
戦後の復興を願って建てたこの仏舎利塔には、当時インドのネール首相から送られた仏舎利(釈迦の骨)が安置されている

内部に入ると同時に、きらびやかな仏の世界に圧倒されます

DSC_3847.jpg

私はここは既に何度も訪れてきたのですが、やはり入った瞬間は圧倒されますね

この中央にある厨子の中に仏舎利が安置されています
仏舎利の周りを「十二神将像」がお守りしています

DSC_3861.jpg

巨大なドーム、天井まではなんと27mもあるそうだ
巨大な鳳凰が飛び回っているぞ

DSC_3858.jpg

金色の釈迦像の周りには10大弟子が囲んでいます

DSC_3857.jpg

その下の段には、釈迦の生涯がタイルで表されている
これは誕生の瞬間

DSC_3855.jpg

次は亡くなる時、つまり「涅槃(ねはん)」の瞬間

DSC_3856.jpg

小学生の時に初めてこの壁画を見て「恐い!」って思ったのをよく覚えています


そして最下段には各宗派の創始者の像が並んでいます

DSC_3854.jpg

空海さんですね
DSC_3853.jpg

そして親鸞さん
DSC_3852.jpg

凄まじいばかりの「仏の世界」だ
最近お寺に行っていないので、しばらくここで一人佇んでおりました
拝観者の私が中々出てこないので、受付のオバサンが覗きに来たりしてました

DSC_3889.jpg

おそらく姫路市民のなかで、この仏舎利塔の中にこんな仏の世界があるなんて知っている人は少ないんじゃないかな…

DSC_3905.jpg

昼からは凄まじい雨でしたがこのときはまだ晴れていました
しかし風が強かった…





  1. 2019/06/15(土) 15:49:25|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会い、
そして邂逅(かいこう)等を
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりですが
未だ現役。

camera
NIKON:D7000
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TAMRON:AF17-50mm/f2.8 VC
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (109)
写真散歩(兵庫県) (107)
写真散歩(兵庫県外) (34)
気になる撮影地 (2)
歴史 (44)
仏教 (67)
日記 (133)
独り言 (76)
写真 (31)
カメラ (16)
寺巡り (24)
レンズ (8)
播州の祭り (16)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (2)
本 (1)
飛び出し坊や (6)
見仏クラブ (16)
お仲間ツアー (14)
未分類 (0)

アクセスカウンター

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる