fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

フジ Finepix S5Pro

またまた古いカメラを手に入れてしまった

Finepix S5Pro
2007年発売、フジフィルムの一眼レフです

DSC_9836_edited-1.jpg
finepixS5Pro


この前モデルというべき「Finepix S3Pro」は既に使用していて、フジ独特の色合いが気に入っており、手放せないカメラでもあります
しかしこのカメラも2004年発売のモデルで、フィルムカメラの「F601」がベースで高感度がISO1600までと弱く、撮影しての書き込みも超遅くて実用的にはチョイ辛い部分もあります、じっくり撮る分には問題ありませんが…
そこで一つ新しいモデルのfinepixS5Proを手に入れました
finepixS3Proと比べ、ニコンの「D200」をベースに作られており、ISOも3200までにアップ(それでも現在では超低いですが)、RAWとJPEGが同時に記録できる(これ大事)等々…
同じフジの色合いをベースに進化がされているので、以前から気になっていました

DSC_9838.jpg
finepixS5ProとfinepixS3Proの兄弟


これでニコンの「D7000」(これも2011年モデルで古いですが)を含め、なんと一眼が3台体制となります

カミさんから「なんで3台もあるの?」と白い目で見られていますが気にしない…


IMG_20210316_184250.jpg
これで一眼レフは3台体制となりました


今後は
〇超マニアックなFinepixS3Pro…オールドMFレンズでじっくりモノ撮り(RAW専用機)
〇チョイマニアックなFinepixS5Pro…MF/AFレンズ両刀使いのじっくりスナップ(RAW+JPEG専用機)
〇万能選手のニコンD7000…AFレンズで気軽なスナップ(JPEG専用機)

という体制でいこうと思う

後はこのカメラのバッテリー充電器(注文済み)とオシャレなストラップを手に入れなければ…


早くこのFinepixS5Pro持ち出して写真散歩行きたいなァ




  1. 2021/03/16(火) 19:32:41|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

使い熟し感のある「道具」が好きだ

コロナの影響であんまり写真散歩行けていないのでマニアックな独り言…


道具というのは難しい
でも「使い熟し感」のある道具は大好きです

道具が人に合わせるという発想ではなく、人が道具に合わせるという発想のカメラが好きです
昔のカメラってみんなそうだったんだろうな
道具が人に合わせるようになると、どのカメラを使っても同じことになる
だってどのカメラを使っても、何となく使えてしまうような気がするから…
でも人が合わせなければならないようなカメラは、使っているうちにその使い勝手が身に染みついてしまい他のカメラ(あるいは最新のカメラ)を使うと違和感ばかりが膨らんでゆく
考えが古いなあと言われればそれまでですがね

家電メーカーの作るカメラには、使いやすさを追求するあまり、人がカメラに合わせなくてもよくなってしまっているような気がする
2年ほど前か、Panasonicミラーレス一眼を使う会社の同僚と桜を撮りに行った
そのときちょっとだけ使わせてもらったが、もう私にはどう扱ったらいいのか全く分からず仕舞いでした…
タッチパネル液晶で関連づけられたダイヤルの操作は、ニコンや昔のCONTAXフィルム一眼のレバー式に慣れてしまった私にはもう無理でした

写真を撮る行為に特化したシンプルな操作感で、人がカメラに合わせなければならないようなデジタルカメラなんてもう販売しないんだろうなあ(ライカや完全なプロ機がそうだがあまりにも高価)
だから最新のカメラ・レンズに触手が伸びないのかもしれません
時代遅れなんて言われても仕方ないかも…

今私が気に入っているシステム
finepixS3Proとニコンのマニュアルオールドレンズ

DSC_7949.jpg

画質も大事だけど、私にとっては使い熟す喜びがあるシステムだと思う

まあ今のシステムが壊れたらその時にまたどうするか考えますけどね





  1. 2020/04/13(月) 19:32:03|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

古いデジタル一眼で出かけよう

写真ネタがないので独り言…

「便利なほうに幸せを見つける考え方でなく、不便の方に見つける考え方もあるんだ」

終末患者に対しての緩和ケア顧問でありそして仏教文化、特に親鸞思想の研究員をされている医師の種村健二朗さんの言葉

趣味の世界で言えば

不便の中で楽しさを見つける…
つまり不便を楽しむ…
そういう考え方もあっていいと思う

15年以上前の古いデジタル一眼
フジのfinepixS3Pro専用に組み合わせる2本のオールドマニュアルレンズ

IMG_20200314_185013.jpg

この組み合わせで撮る際は、頭を使います
カメラ内の露出計はあまり信頼できないのでまず使えない(本当はセコニックの高精度露出計欲しいんだけど)
自分の頭で環境をみて、絞り・シャッタースピードを決めピントを合わせて撮影
一枚撮ってまず小さい2型の背面モニターで撮影結果を確認
問題なければその設定で撮り続けます

DSCF2115.jpg
明石海峡大橋


さすがに古いカメラなので解像度やダイナミックレンジなんかは現在のカメラには到底及ばない

DSCF2145_202003141902243a4.jpg
岡山法界院

でも出てくる画像はフィルムライクな濃い色合いで私は好きです
昔使っていたContaxフィルム一眼とツァイスのプラナーレンズの組み合わせに近い色合いだ

そしてたまに場外ホームランで「これって本当にこんな古いカメラで撮れたのか?」と自分でも思う写真が撮れる

DSCF2392.jpg
フリーマーケットにて

苦労して撮った分多少は「プラシーボ効果」もあるのかもね…
今ではNikonのD7000(これも9年前のモデルですが)以上に出動率が上がってきている

DSCF2721.jpg
紅葉の書写山圓教寺

一度写真散歩で出かけた地で
「今度はfinepixS3Proとオールドレンズの組み合わせで再び来よう」と思うことがある

DSCF2081.jpg
神戸旧居留地の「謎の球体」(私が写っています)

オートフォーカスで誰でも高画質、簡単でキレイに撮れる時代に逆行していると言われそうですがね…

さすがに古い機種なのでいつ壊れかもしれませんが
とことん使い倒そう





  1. 2020/03/14(土) 19:20:31|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

古いデジタル一眼を再び手に入れる

オークションで古いデジタル一眼レフを手に入れました

それは富士フィルムの「FinepixS3Pro」
一昨日届きました

販売開始は2004年つまりもう15年前のカメラ…
ついでにAmazonで明るい色のストラップも買ってしまった(360円)

IMG_20190809_172836.jpg

そして実はコイツは私が今のNIKON D7000を使う前に使っていたモデル、私にとってデジタルでの一眼レフの最初の機種
なぜ今になってこんな骨董品的なカメラを再び手に入れたのかと言われるかもしれない
色々考えたけど何故かわからないままオークションでポチっとしてしまった…

しかしこのカメラの出す絵(画)は私のお気に入り
特にJPEG無加工の色合いは今でも十分です

このカメラは「マニュアルモード」がメイン、そして手持ちのMFオールドレンズを中心に使おうと思っています

昨日手元にやってきて確認すると、AFカメラの絞りなどを調整する「サブコマンドダイヤル」が全く効かない(アリャリャ)…

でもまあいいです
マニュアルモードでは絞りはカメラ側で合わせるし、「プログラムオート」や「シャッタースピード優先モード」なら絞りも露出に合わせて自動で変化することできます
「NCNR(ノークレーム・ノーリターン)」で落札したので文句は言えないですね、しかも8,800円で落札できたので


バッテリーは単三電池、いざとなったらアッチコッチで手に入るので便利
古い一眼の専用バッテリーなんてとうに手に入らない、手に入っても中古で寿命・性能が…

手持ちのメモリー(XDカード32MB)で、センサー汚れ確認のため空や白い紙など数枚撮っけど、汚れは無かった
そしてちゃんとフジフィルム独自のイイ発色が出ていたわァ


このカメラの機能としての利点

①先ほども言ったが単三電池なのでこの世に単三電池が存在してい限り困ることは無い
②バッテリー差込口がサイドから開けるので、三脚に設置したまま交換できる(スタジオ撮影に特化したプロ機だから)
③縦構図用の縦位置のシャッターボタン(縦構図も撮る私にはありがたい)
④そしてホールド感 (D7000だと一眼にしては小型なので指が余ってしまう)

IMG_20190810_071407.jpg
縦位置のシャッターボタン


逆に機能的に不便な点

①とにかく遅い、JPEGで撮って書き込みランプが消えるまで4秒はかかる⇒連射しない私には関係ない
②マニュアルモードでは露出計が働かない、これは辛い⇒スマホに露出計アプリを入れました
③バッテリーの持ちが悪い⇒モーター駆動しないMFレンズ使用がメインなのであまり気にならないか、とりあえずエネループを8本購入した
④最後に無駄にデカい・重い⇒でも逆にパッと見て素人さんから「凄いカメラをお持ちですな」と思われるのがイイ、重いので手首を鍛えられる(自虐)

IMG_20190810_071336.jpg
バッテリー(単三電池)を格納するユニット


色々不満を述べたけど、MFレンズでじっくり撮るのが目的だから気にしないようにしています

そう、このカメラは「撮る行為」自体を楽しむために購入したのだから

そう考えておかないとこんな「オールドシステム」なんて使っていられない!


画質を優先にした撮影はD7000に任せて使い分けを企んでいる次第です

さあ後は発注中のメモリー(CFカード4GB)が到着したら、この重たいシステム担いで何処へ出かけようか
この夏はコイツで遊ばせてもらおうか
楽しみだァ



  1. 2019/08/11(日) 00:03:25|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「CAMERA MAGAZINE」コンプリート中

2年前の日記で「CAMERA MAGAZINE」のこと書いた

その時の日記⇒リンク

実はその後も少しづつ中古のこの本を買い足しています

今日も一冊(第2号)が届きました

DSC_4232.jpg

今からもう10年以上前の雑誌だけど載せてある写真がとにかく素晴らしい

タイトルも「週末はカメラを持って島旅へ…」ってカッチョイイなあ

DSC_4229.jpg

この本はカメラ雑誌だけど、「最新の機種がどうのこうの」なんて記事は、ほとんどありません

フォトグラファーたちが旅先で出会ったスナップを中心に載せてあります
そのカメラは、最新の機種ではなく、ライカやハッセルブラッド、NIKONのFM2などフィルムカメラの比率も多い
しかし画質なんて気にしないほど引き込まれる写真の多いこと…

DSC_4240.jpg

だから私はこの本を「写真集」として見ている

「アラーキー」こと荒木経惟(あらき・のぶよし)さんがどっかで叫んでいた
「写真はプリントアウトしてこそ写真だろ、モニターで見ているのはただのデータだろうが」

私も部屋に飾った写真も半年くらい替えていないわ…

DSC_4234.jpg



もう20冊くらいにはなっただろうか
今は廃刊となってしまったこの雑誌、コンプリートまではまだまだですが…




  1. 2019/07/09(火) 20:11:09|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (511)
写真散歩(兵庫県) (284)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (350)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる