toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

「旅に出ようカメラを持って」CAMERA Magazine

みなさんカメラ雑誌は何を読んでいるんでしょうか
「日本カメラ」「アサヒカメラ」や「CAPA(キャパ)」など色々ありますね
最近のカメラ雑誌は、新製品のカメラやレンズの特集や、季節によって「紅葉はこう撮れ」や「雪景色の撮り方」などというハウ・ツー的な特集、そして読者からの投稿写真の審査などがページの殆どを占め、どの雑誌も同じように思えてしまう。

私が最近読んでいるのはエイムックの「CAMERA MAGAZINE」という雑誌で、新製品の紹介は数ページくらいでそれ以外は、世界中のそして現在過去のフォトグラファーたちの写真や彼らの写真に対する心構えなどが多い。カメラも銀塩/デジタルを問わずあらゆる写真を扱っている


20171203_174045.jpg
「CAMERA MAGAZINE」

特集のタイトルも「名作を見て撮って感じろ」「かっこいい写真を撮りたい」なんてタイトルを見ただけで欲しくなる

「旅に出ようカメラを持って」なんてカッコいいタイトルを見たら思わず買ってしまった!

ハウ・ツーも「錆びの撮り方」「煙草を吸っている人の撮り方」「カッコイイ写真の撮り方」など多岐にわたっておりしかも各紹介も2~3ページ程度しかない。まとまりのないような雑誌だけど掲載されている写真がとにかく美しいしカッコいい。高画質の高彩度の最新のデジタルカメラを使った写真ばかりではなく、古くてもフォトグラファ―たちの狙いが表れた写真ばかりで、雑誌というよりオシャレな写真集を見ている感覚になっていく

20171203_174439.jpg
煙草を吸う人のポートレートの撮り方

20171203_174533.jpg
私が好きなフォトグラファ―、加納満さんの記事

20171203_174357.jpg
ローライフレックスを使うストリートスナップで有名なエルスケンの記事

10年位前の刊でも古さは感じられず買ったのは全て保管しています

2014年5月号は「あの人のカメラバッグの中身」
20171203_183019.jpg
2014年5月号

カメラ好きなタレントさんや報道カメラマン、そして一般の主婦やカメラメーカー勤務の人などあらゆる人たちのカメラバッグの中身を紹介している。中身だけでなく、どんなカメラバッグや機材を使用しているかそしてバッグの中の整理術なんかも紹介されていてとても楽しかったし参考にもなった
20171203_183041.jpg
動物専門のプロカメラマンのバッグ紹介

「お前みたいにまだまだカメラを使いこなせていない奴にはこんな上級なカメラ雑誌は」なんて言われそうですが、いつかこんなオシャレな写真を撮りたいなと夢は見てても叱られないだろうな


しかしこの「CAMERA MAGAZINE」は現在発行されていないんですよね…
創刊当初は月刊誌としてスタートしたが、販売が芳しくなったためか隔月発行になったり、最後は不定期刊となり、最近は本屋に行っても売っていない(2015年で発刊は止まっているようです)…

ですから最近はBOOKOFFなどの中古本屋や、Amazonの中古販売で買い損なった巻をコンプリート中

古くなっても色褪せない「CAMERA MAGAZINE」、復活を希望…


スポンサーサイト
  1. 2017/12/03(日) 20:29:19|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Panasonic DC-GF9 で撮影のお勉強

知り合いのHさんが最近ミラーレス一眼のPanasonic DC-GF9を買った

「まだ使い熟せていなんですよね、撮影散歩連れて行ってください」と言うので本日午前中、姫路城に連れて行きました

20170415_100859.jpg


「絞り優先モード」・「シャッター優先モード」、いや「絞りとは何ぞや」という基本的な事もまだ理解ていない初心者だったので、一から教えてながらの撮影散歩となりました。

DSC_0904.jpg

姫路城の桜は大分散り始めていますが、それでも午前中からビニールシートを敷いて宴会を始めているグループが何組かいました

DSC_0897.jpg

予報では昼から雨、曇天ですが何とかお昼まで持ってくれれば…

お堀の観光和船も、いつもは何時間待ちですが今日は待ち時間ゼロ

DSC_0918.jpg

ここでHさんに絞り設定によるシャッタースピードやボケ具合の変化を実践を交えてレクチャー

日本庭園の「好古園」に入ります

DSC_0941.jpg

庭園の枝垂れ桜にピントを合わせて背景をボカすことをレクチャーしていると予報より早く雨が降り出す
仕方がないので車に戻ることに…

僅か2時間弱の時間でしたがHさんにはちゃんと伝わったかな?

帰りの車の中で「カメラって深いですね~」と言っていた

家に帰ると急に晴れだして青空が広がった

「なんだよこの天気」

しかし最新のミラーレスを少しだけ弄らせてもらったが、スナップ撮影にはイイ!と感じました
軽いし、レスポンスは早いし…
自分には超古いコンデジが2台ありますが、「壊れたら次はサブにミラーレスか」と真剣に考えてしましました


  1. 2017/04/15(土) 13:47:28|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ニコンD7000を使って2か月

経ちました

以前使っていたFinepixS3Proと比較して
まずリアリティーが増した

DSC_0147_20170412212606771.jpg
異人館の窓から見た明石大橋 AiNikkor35-70mmf3.5

高感度でのザラついたノイズをあまり気にせず撮れるようになった

DSC_0833.jpg
姫路城ライトアップ TAMRON:AF17-50mm/f2.8 VC

ファインダーが見やすくなったので、MFレンズでのピント合わせがやりやすくなった

DSC_0026.jpg
日本庭園より AiNikkor35-70mmf3.5

でもFinepixS3Proの時の色鮮やかさが懐かしい
空や緑を撮った場合、Jpeg撮って出しの状態でも正直「綺麗」と思った写真が撮れていた(当たりはずれの差が激しかったが)。それに慣れていたせいかD7000の場合は少しあっさりした色合いに感じてしまいます(仕上がり設定を全く弄らない場合)

DSC_0201.jpg
温室植物園にて AiNikkor35-70mmf3.5

撮影後、PCにてphotoshopで画像調整をやったりする回数も少し増えたか

でもFinepixS3Proと比較して断然新しいカメラ(といっても2010年登場ですが)なので故障に関してはまだ安心できるかな?

という事でこのD7000には満足はしていますが、使い始めて2か月経っていても全機能の20%も使い熟せていないと思う


まだまだ弄り倒さないと…
ダウンロードした説明書のPDFファイルと睨めっこの日々です







  1. 2017/04/12(水) 21:51:18|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気分一新、新しい相棒(ニコンD7000)

久しぶりの更新です。
最近はプライベートが忙しく、ブログにアップするネタもなく過ごしていました。
実は私の親やカミさんの親の具合が悪く、介護の関係で中々写真散歩にも行けなかったり、プリンターの買い替えで私のミスで2台も購入(Amazon)してしまい、返品に手間取ったりとバタバタと過ごす日々でした。

気分一新で新しい一眼を手に入れました(といっても中古ですが)。

20170209_215726.jpg

まだまだ使えるFinepixS3Proでしたが…
友人からの
「壊れてしまえばただの置物よ」
「売れるうち、使ってくれる人がいるうちに売って少しでも次のカメラの資金にしてはどうか?」
などの声に負けて動いてしまった…

私的には
・1,200万画素もあれば充分
・使っているRAW現像ソフト(Photoshop Elements 9)がバージョン的に対応しているカメラ
・ISOが3200でも実用
・持っているニコンのAiレンズの資産が生かせる
などの理由でD7000に決定。
実はこの友人から一度D7000を借りたことがあり、このカメラの守備範囲の広さに驚いたことがあったのも理由の一つ。

FinepixS3Proを売った分と少ないヘソクリでオークションで落札。
予想以上に安く、しかも状態のイイのが手に入れることが出来ました。

手に持ってみて第一印象は「小さい」。
ホールドすると小指が余ってしまうので、いずれバッテリーグリップを中古で手に入れて、FinepixS3Proのように縦位置シャッターでバシバシ撮りまくります。
まずはダウンロードした説明書で自分に合うように設定から始めます。

暫くは説明書と睨めっこの日々が続きそう…




  1. 2017/02/09(木) 22:28:28|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

330万画素で奈良をゆく

昨日の奈良歩きに、一眼のFinepixS3Pro以外にコンデジのFinepix6800zもカバンに入れて持ち歩いていました。
時々スナップ的に気になる被写体があったら適当に撮っていました。
今では変わった形(縦型)のカメラなので、構えていると他のカメラマンの視線がこっちに向いていると感じることがしばしば。

現在私が所有しているデジタルカメラで一番古い機種(2001年製)で有効画素数330万画素。
こんなロースペックのカメラを使っているなんて私くらいか…

春日大社の境内を出て高畑地区に入ったところ
DSCF0016_201612082236189f6.jpg

興福寺横の地蔵たち
わざと陰陽の差が激しい被写体を選んだりして
DSCF0030.jpg

奈良公園で木陰に集まる鹿の群れ
DSCF0025.jpg

興福寺周辺で唯一のモミジ
DSCF0028.jpg

晩秋の空
DSCF0017_20161208223905f4c.jpg
透き通るような空の青さはFinepixの色…

20160614_212232_20161208224029738.jpg

まだまだ使えるなぁこのオールドコンデジ
充電満タン状態でも2週間で放置しただけで残量が無くなる
メモリー(スマートメディア)の規格で撮影枚数が最大50枚
高感度がISO400まで
などと手間がかかりますし、そろそろ夜間でもキレイに撮れるサブカメラが欲しいと思ったりしますが、こいつが壊れまでは使い倒します。


  1. 2016/12/08(木) 22:48:01|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会い、
そして邂逅(かいこう)等を
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりですが
未だ現役。

camera
NIKON:D7000
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TAMRON:AF17-50mm/f2.8 VC
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カメラ (13)
歴史 (31)
写真 (20)
寺巡り (22)
独り言 (36)
写真散歩 (123)
仏教 (30)
レンズ (5)
播州の祭り (13)
神社 (3)
日記 (62)
旅行記 (9)
オーディオ (1)

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる