toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

芋天と桂浜と雪道

高知旅行の二日目
昨日とは打って変わって晴れの日、しかし波浪注意報と午後から雪が降るらしい
とりあえず朝食を済ませたらホテルを出て高知で有名な「日曜市」に行って来た

お目当ては「芋天(いもてん)」

IMG_20180211_085142.jpg

サツマイモのシンプルな天ぷらですがこれが噂通り旨い!
朝の8時前なのにこの賑わい

IMG_20180211_083455.jpg

高知の特産物が集結した日曜市、結構楽しめました

ホテルをチェックアウトした後、桂浜へ向かう
御存知の「龍馬像」です
IMG_20180211_105135.jpg

人出は多かったのですが、風が強かったので波打ち際にはほとんど人はいませんでした

IMG_20180211_104828.jpg

桂浜周辺の道路に車を停めて太平洋を撮る
DSC_4246.jpg

DSC_4244.jpg

このときはまだ良かった天気

帰路につき、高速道路の高知道に入ると段々天気が怪しくなる
30分ほど走って本格的に雪になる、すると次のインターチェンジ手前でいきなり「通行止め」の表示が…仕方なく降りることに
高速道路上の積雪は無かったが強い風と雪で視界が悪くなっていたので通行止めは仕方ないか…
四国山地ど真ん中の山間部を走って北上します

1518517316688 (2)

写真の地区はまだ雪はましですが、更に進んで渓谷で有名な「大歩危」辺りになると、家や車の屋根に大量の雪が積もっているのを見かけます、「ここは本当に四国か?」と疑ってしまいます
この旅行は、スタッドレスタイヤを履いた私の車ではなく、カミさんの夏タイヤ軽四(アルト)だったのでチョイ不安でしたが、凍結した道は無く、無事に瀬戸内海側に出ることが出来ました
しかし瀬戸大橋は強風でバイク(2輪)は通行止め、軽四でも風でハンドルが何度も取られそうになり、ビビりながら瀬戸大橋を渡り切りました

天候に左右されまくった旅行でしたが、カミさんも満足しているようでしたので、罪滅ぼしが少しでも出来たかな…







スポンサーサイト
  1. 2018/02/13(火) 21:51:41|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さぬきうどんと動かない鳥

この土日に行って来た高知旅行

1日目は生憎一日中雨でした

瀬戸大橋を渡って讃岐うどんを2店巡りました

善通寺ICを降りて近場の2店を巡ってきた
一軒目は釜揚げうどん専門店
IMG_20180210_102321.jpg

2軒目は色々トッピングできるお店
IMG_20180210_104904.jpg

さすがに2杯食べるともう満腹です、再び高速に乗って一気に高知県へ向かいます
雨が降ってなかって、もう少し時間があったら空海誕生の地、「善通寺」でお参りしたかったのですが…

高知県の「のいち動物園」に寄りました
ここでは「動かない鳥」として有名な「ハシビロコウ」が見たかった
寒い雨の中、動物園には私たち以外に2、3家族のみ
ハシビロコウは熱帯の鳥らしく、寒い季節は室内で飼育されています

IMG_20180210_143620.jpg
全く動かない…
10分ほど見ていましたが結局一度首を振っただけで人形のようにジッとしている
カミさんがしびれを切らして先に進む

ホテルに着いたのは17時過ぎ
12階の部屋の窓から雨の高知城を見る
IMG_20180210_165929.jpg

晩御飯はホテルを出て「ひろめ市場」でとる予定でした
ひろめ市場は、屋台村で数十件の屋台が一か所に集結、地元での食材が食べられるということで楽しみしていましたが、行ってみると大混雑、空いていると思った席は「予約席」となっており、ビール片手に立って食べている観光客も多かった…
とにかくゆっくり食べたかったので、「お持ち帰り」できりる屋台で買い込んでホテルで食べることに

IMG_20180210_193852.jpg
結構沢山買ったと思ったが結局2人で平らげました
後は地酒を呑みながらオリンピック中継を見ていた

窓を開けると雨は上がっているようだ

翌日は朝から近所でやっている「日曜市」で買い物をして桂浜に行く予定

いつのまにかテレビをつけっぱなしで椅子に座ったまま寝ていたようです…


  1. 2018/02/12(月) 21:53:27|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鎮魂の碑(人間だけじゃない)

日記のネタが無いので先日行った高野山のネタですが…

高野山の奥の院では歴史上人物の墓標が有名ですが、現在は個人のみならず多くの企業も墓標を立てています。

これは日産自動車の社員の碑です。
DSC_2107.jpg
日産自動車関連の企業に勤めていた社員の魂を鎮めている

これはUCC上島コーヒー
DSC_2108.jpg
UCCの「ブラック缶コーヒー」いつも飲んでいます

こちらはヤクルト
DSC_2105.jpg

懐かしいマークです。昔のヤクルトに記されていたマーク、40歳以上の人なら記憶にあるはず
DSC_2106.jpg

各企業に勤めていた社員、あるいは就業中の事故などで亡くなられてた方をこうやってお祀りしている
これも「企業の責任」としてやっているんでしょうね

ここでは人間だけでなく白アリも祀られている
DSC_2104.jpg
財団法人「日本しろあり対策協会」ですって
しろありさんに「やすらかに眠れ」とは…

弘法大師さんの言葉「生きるものすべてに優しく」を物語る奥の院です



  1. 2017/07/28(金) 19:59:03|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土に還る石仏たち 高野山奥の院

先日の高野山での写真を幾つかアップ

DSC_2165.jpg


高野山奥の院
空海がいまだに生きて修行を続けているとされる御廟に続く参道。その参道沿いに多くの墓標が並んでいる。ある学者はその数は20万基あるというが、墓石が朽ち果てて土に還った後の上にまた新しい墓標が置かれるので正確な数は誰も分からない。奥の院から遠く離れた「大門」周辺の発掘調査でも地中から数多くの墓石が発見されたことを聞くと、もうどこまでが本来の奥の院だったかは誰も分からない…

奥の院の参道を歩いていると、朽ち果てかけた石仏や墓標が幾つも見られます。
DSC_2176.jpg
でもそんなお地蔵さんにもちゃんと前掛けを掛けられているところを見ると人々の「高野山への想い」というものを感じられる

名もなき人たちが納めた墓標ばかりがピラミッドのように積み上げられている
DSC_2112.jpg
いずれこの山も土に還るんだろうな

DSC_2150.jpg

誰が積み上げたか小石が…
あちこちに「石積み」も見られます
DSC_2177.jpg
ここは死者と遺された者を繋ぐ「賽の河原」的な場所でもあるのか

苔むした墓標
DSC_2119.jpg

DSC_2118.jpg

誰が置いたか可愛いお地蔵さん
DSC_2174.jpg

奥の院
朽ち果てた墓標が土に還って堆積した上にまた新しい墓標が立つ。
同じように弘法大師の近くで眠りたいと願う人々の想いも堆積した聖地だと思う。

DSC_2122.jpg

先日行ったばかりなのにまた行きたくなっている私







  1. 2017/07/22(土) 11:10:22|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

棚田百選「あらぎ島の棚田」

和歌山ツアーの2日目、高野山を降って和歌山県有田市にある棚田を観に行きました。

棚田百選に選ばれた「あらぎ島の棚田」、是非写真を撮りたかった棚田です。

DSC_2333.jpg


明暦元年(1655年)に開拓された棚田で、有田川が湾曲した地に作られており、見ごたえがあります
説明板も新しく詳細に記されているの助かります

DSC_2346.jpg


この棚田は国道480号線から離れて県道から山道を走れば展望台に到着します
棚田の後ろに見えるの橋が国道480号線です。

DSC_2349.jpg

私が車を展望台の駐車場に停めて撮影していると、坂道の途中で追い越したサイクリストの団体(10名くらい)が到着して棚田をバックに集合写真を撮っていた。私が彼らが去った後もしばらくボーっと棚田を眺めていました…
天気は生憎の曇天、スカッと晴れていたらもっと綺麗に撮れたのにね。

でも流石に良い景色です。

その後西国三十三カ所の三番目の札所、粉河寺にお参りして姫路に帰ることにしました



  1. 2017/07/16(日) 21:42:14|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会い、
そして邂逅(かいこう)等を
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりですが
未だ現役。

camera
NIKON:D7000
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TAMRON:AF17-50mm/f2.8 VC
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カメラ (13)
歴史 (31)
写真 (20)
寺巡り (22)
独り言 (36)
写真散歩 (123)
仏教 (30)
レンズ (5)
播州の祭り (13)
神社 (3)
日記 (62)
旅行記 (9)
オーディオ (1)

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる