fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

「生身供(しょうじんく)」を見てきました

本日、会社の仲間を連れて高野山へ行ってきました

一日に2回行われる「生身供(しょうじんく)」を見たいために…

弘法大師が入定して1200年間も絶えず続けられたこの生身供
今でも御廟内の石室に籠って修行を続けていると言われている空海に食事を届ける儀式で、1日2回(6:00と10:30)行われています
御供所にて調理された食事は嘗試(あじみ)地蔵での味見を経て、2人の僧が白木の箱に納めて御廟へと運んでいきます
先頭には空海の世話役としての役どころを受け持つ「維那(ゆいな/僧侶の職名)」が歩き、御廟橋を渡って空海の元に食事をお供えした後、読経して再び御供所へと戻ってきます


10:30に二回目の生身供が始まります
まず維那が嘗試(あじみ)地蔵の前で読教を始めます
DSC00161.jpg


空海の食事を入れた櫃(ひつ)を担いだ僧侶が御供所から出てきます
DSC00163.jpg


しかしこのお地蔵さんも1200年もの間、空海さんの毒見を続けているので気の毒ではありますね


そして維那が先頭を務め三人揃って弘法大師の元へ出発
DSC00169.jpg

基本的には精進料理なので魚や肉は使えませんが、パスタやシチューなどの洋食もあるそうな
料理を作る僧侶も、過去の先人たちが残した献立表を見て「更に先輩たちよりも美味しい料理を考えるのも修行の一つです」と、あるドキュメント番組で語っているのを見ました

この生身供の時間に合わせてギャラリーもたくさん集まっていました
DSC00171.jpg


そして御廟橋を渡っていきます
DSC00172.jpg


現在の御廟の中にいる空海の模様は代々維那で他言した人はおらず、そのために現在でも生前と同じ姿(ミイラの状態)で座っているのか、代わりに木像があるのか、何もない神聖な空間に食事を届けたり引いたりしているのかこの維那以外誰一人知らないといわれています
毎年御廟内にいる空海の衣替えをするのもこの維那の役目です


私は4年ぶりに拝むことができたこの生身供

次回は深夜から高野山に向い、早朝6:00からの生身供を拝んでみたいものです







スポンサーサイト



  1. 2024/04/20(土) 22:31:49|
  2. 写真散歩(兵庫県外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

奈良スナップ ③(終)

東大寺の二月堂から大仏殿へ向かう下りの参道で振り返る

この構図が好きで必ず撮ります

DSC_3179.jpg


地元の方も結構この参道を通ります
ジョギングするお方
DSC_3186.jpg


ここは地元の方からすると「生活道」でもあるのです
DSC_3191_202404091908392aa.jpg


犬の散歩をしているオジサン
DSC_3188_20240409190838924.jpg


奈良に来たら毎回訪れる興福寺の「水かけ地蔵」
私が写真を撮っている間も何名かお参りに来ていました
しかしお地蔵さんに水をかける「柄杓」が無いです、お参りに来ている方は持参していました
盗難に遭うためでしょうね
DSC_3241_20240409190846159.jpg


水かけ不動さんのそばに並ぶ石仏たち
いつもこの構図で撮ります
DSC_3236.jpg



DSC_3208.jpg


見た感じ9割以上が外国からの観光客さんたち
鹿さんたちも「誰か鹿せんべい買ってくれないか」なんて思って売り場にたむろしています
DSC_3226_20240409190846ddb.jpg


「ゴミは持ち帰ろう」
鹿さんも怒っている感じです(笑)
DSC_3070.jpg



こんな感じの春の奈良でした
DSC_3194_20240409190847ae1.jpg


万歩計を確認したら、奈良だけで14,000歩も歩いていました

でも家に帰って体重計をみたらあまり変わっていなかった(笑)


終わり






  1. 2024/04/11(木) 19:07:43|
  2. 写真散歩(兵庫県外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

奈良スナップ ②

二月堂へ上がる石段

DSC_3176_2024040818120809c.jpg

この石段には、所々魔よけの紋章が彫られています

六角形の亀甲は魔よけと長寿の縁起物
DSC_3128.jpg


石段の最上段と最下位には、波の紋章が…
二月堂の本尊の観音さんは海の向こうの浄土に居られるので、この紋章が彫られていると言われています
DSC_3127_20240408181214e56.jpg



DSC_3132.jpg



DSC_3157_20240408181219141.jpg


鍵の代わりに針金が…
セキュリティは大丈夫でしょうか…(笑)
DSC_3207_20240408181208e8c.jpg



DSC_3120_202404081812029a9.jpg



DSC_3153_202404081812109b6.jpg


「鬼子母神」をお祀りするお堂
DSC_3162.jpg

絵馬掛けに鬼子母神さんが好物の「ザクロ」が…
DSC_3164.jpg

鬼子母神は元々は「外道の神」で、人間の子供を捕まえて食べてしまうという恐ろしい神様でした
それを憂いたお釈迦様が、鬼子母神の子供をさらって、子供を亡くした母親の悲しみを説いたということが「法華経」に説かれています
そして「人間と同じ味がする石榴(ザクロ)を食べて我慢しなさい」とお釈迦様が鬼子母神に説いたと言われているそうな…



今度は二月堂から降りる石段を上から撮る
私はこの石段をこれまで何十回も降りてきましたが、通るたびに何故か「奈落の底に降りているようだ」と錯覚してしまう…
でも最終的には明るい場所に出るので「生まれ変わる」と捉えれば良いかな?なんて考えたり…
その心象風景と重ねて、わざと黒潰れするギリギリくらいまで露出を落として撮りました…

何故かこの写真が今回の奈良で
一番のお気に入りの写真となりました

DSC_3218.jpg

マニアックな私(笑)



続く






  1. 2024/04/10(水) 20:11:32|
  2. 写真散歩(兵庫県外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

奈良スナップ ①

東大寺でのスナップ

朝の6時過ぎではほとんど誰もいませんね
時よりご近所の方が散歩やジョギングをやっている程度
DSC_3080_202404081718014d1.jpg


南大門を潜ります
今回は金剛力士の方々が私に対して怒っているように感じました…
DSC_3085_20240408171756258.jpg

「煩悩をまだ沢山捨てきれずにいるな!
って声が聞こえてきそうです(笑)
DSC_3084_20240408171745d04.jpg


何百年も巨大な南大門を支えてきた柱…
DSC_3087_2024040817175896d.jpg


大仏殿が開くのは7時半
柵の隙間から覗くと、東大寺の係りの方が準備をしていました
焼香の種火を点火中
DSC_3097_20240408171802181.jpg


杉の木の根がエライことになっています
木の根からなにかパワーが出ているように思えました
そして木の根が「撮れ」という声が聞こえてきそうで思わずシャッターを押す
DSC_3102.jpg


いつもこの構図で撮る、法華堂に続く石段
10年ほど前、石段の先に鹿が表れて、それが何故か「神々しく」思えて撮った写真が今でもお気に入り
鹿がフレームインするのを5分ほど待っていましたが、現れずに諦めまて進んで行きました(笑)
DSC_3105_202404081717534f8.jpg


「お水取り」で有名な二月堂
DSC_3117.jpg


「百度参り」で使った竹札
文字を見ると外国の方もお百度参りをしていることに驚き
DSC_3211.jpg


開放で撮って「被写体深度」の浅さを楽しむ
DSC_3216.jpg


とけるようなボケですね
このTAMRONの90㎜マクロは正直いいレンズだと思う
DSC_3147.jpg



DSC_3146.jpg


二月堂に上がってお参り
心地よく般若心経を唱えさせて頂きました
気持ちよかった!
DSC_3138_2024040817175321e.jpg


こんな感じの二月堂でした


続く









  1. 2024/04/09(火) 19:17:07|
  2. 写真散歩(兵庫県外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

奈良の桜

本日は有給を取らせていただいて、奈良へ行ってきました

DSC_3255_20240408161511ded.jpg

早朝の4時半に出発して、6時過ぎに奈良へ到着
東大寺を中心に桜を撮ってきました

奈良は曇り空で雨が降ったり止んだり…


まずは東大寺の手前にある氷室神社
DSC_3074.jpg

DSC_3079.jpg



東大寺に入りました
DSC_3111.jpg

DSC_3172_2024040816150028b.jpg


二月堂から桜を狙う
DSC_3135.jpg


二月堂から大仏殿へ向かう参道途中で
DSC_3184_20240408161451dc2.jpg

DSC_3183_20240408161444494.jpg



東大寺を出て興福寺向かいます


猿沢の池をバックに
DSC_3243.jpg


興福寺の桜です
ここの桜は見事でしたね
外国からの観光客さんたちが桜の周りに群がっていました
DSC_3229.jpg

DSC_3231.jpg



車に乗って「奈良奥山ドライブウェイ」を走ります
若草山山頂へ向かう途中の「秘密の大仏殿のビューポイント」にて

大仏殿にピントを合わしたり
DSC_3248.jpg

桜にピントを合わしたりして遊んでいました(笑)
DSC_3275_20240408161451490.jpg


スカッと晴れていたなら、もっと桜が映えたのにね
暗い写真になってしまった…



続く









  1. 2024/04/08(月) 16:27:48|
  2. 写真散歩(兵庫県外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (525)
写真散歩(兵庫県) (289)
写真散歩(兵庫県外) (96)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (116)
日記 (352)
独り言 (158)
写真 (36)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる