fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

「空即是色」と写真

写経をやっています。
奈良の薬師寺で購入した「般若心経」の写経セットを家に持って帰って、写経後に薬師寺に送ると「永代供養」してくれます。
もう何枚目だろうか…

20160504_185329 (3)
薬師寺で頂いた「般若心経」の写経。
スマホで撮影


「般若心経」の写経をしていていつも思うのですが、「空」という文字の多いこと。

特にこのお経の要というか決め台詞、
「色即是空 空即是色」にはグッときます。

ネットや色々な書籍で「空」の意味を調べてもそれぞれ色々な解釈があって、中々「真実」が見えにくい。
一般的に多いのは「空」とは「何もない」ということ。
でも私は「何もない」のではなく、私たちの目の前の出来事、感じたこと全てを司る、目には見えない神秘的な「大いなる力」をそう呼んでいるのかな?と思うようになりました。

私の考える「色即是空 空即是色」とは…

目の前にある物体や出来事は全て「空」という「大いなる力」によってもたらされている。
そしてその一瞬の出来事を私たちは「色」としてみている。

そう考えるようになりました。

写真もそうだと思います。

ある写真家がTVで言っていた言葉が頭の中で残っています。

「移り行くこの世の中、
   一瞬(刹那)の美しさに心打たれ
       シャッターを押し写真に残す。
           これって『空即是色』ですよね?」

と言いながらもこれが本当に「空」の意味かは私もわかりません。
誰も本当の「空」の意味を突き詰めることはできないかもしれません。

「般若心経」を作った大乗仏教の哲学者たちは、後世の私たちに「謎かけ」を残したのかもしれませんね。

一瞬の美しい風景をこれからも写真で残していきたい。

GWの最終日にふと思ったことでした。

DSCF0318_20160508223648517.jpg
早朝の奈良東大寺で突然出会った鹿 一瞬の風景を切り取りました。
FinepixS3Pro TAMRON AF17-50mm/f2.8 VC 


  1. 2016/05/08(日) 20:23:01|
  2. 仏教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の日に単焦点

雨が降っています。

カメラを持って近くの日本庭園へ出かけました。

今回は最近あまり使っていない50mmの単焦点レンズを持って。
日の差さない暗い日、しかも傘を差しての撮影なのでシャッタースピードが稼げない。
特に私の一眼FinepixS3Proは設計が古く、明るいスタジオ撮影を用途に設計されているので、高感度にはめっぽう弱い。
そういうこともあり、今回は明るい単焦点レンズを装着して出かけます。

DSCF7535.jpg
池にて
FinepixS3Pro NIKON AF 50mm/f1.8


カメラとレンズ、お互い老体なので動きがゆっくりしています。
特にレンズのピント合わせ時の「ジージー音」が激しい。

DSCF7553.jpg
花(名前が判らなかった)
FinepixS3Pro NIKON AF 50mm/f1.8


DSCF7542.jpg
花(アジサイの蕾)
FinepixS3Pro NIKON AF 50mm/f1.8


でもこの描写は嫌いじゃないです。
確かに最新のカメラと最新のレンズの「ハッキリクッキリ感」からは程遠いです。
が、見ていて疲れない絵造り。
そしてなにより「私の記憶の色」に近い…

DSCF7546.jpg
池にいたカモ
FinepixS3Pro NIKON AF 50mm/f1.8


単焦点レンズは現在、AFのNIKONの50mmとSIGMAの28mm、友人からから借りたままになっているMFのTOKINAの17mmがあります。
それにプラスして、70~135mmの古い単焦点をオークションで狙おうと思っている次第。

いわゆる「レンズ沼」の始まりか…



  1. 2016/05/06(金) 15:30:59|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かし散歩

近所にある、手柄山中央公園に歩いてきました。
この中央公園のシンボルといえる回転展望台と慰霊塔を目指して。

この中央公園は昭和41年に開催された姫路博に合わせて、姫路市により各施設が整備されて現在に至っている。
以来50年、当時の施設は形を変えながらも一部は残されていますが、当時より完全に現在も稼働状態もしくはそのまま残されているのはこの2施設のみです。

まずは慰霊塔。
DSCF7489.jpg
慰霊塔(太平洋戦争全国戦災都市空爆死没者慰霊塔)
Finepix6800z 


昭和31年に竣工した慰霊塔。
先の大戦中、空襲で亡くなられた全国の死没者の魂を鎮めるために建てられました。建設費はすべて寄付。
モチーフは刀。地中に突き立てた刀は、「不戦」の誓いを表している。
私の母方の血縁者も姫路空襲で亡くなっており、正面にて合掌。

次に回転展望台。姫路博に合わせて造られた施設で、アメリカのある空港の管制塔をモチーフにしたとか。

DSCF7490.jpg
回転展望台
Finepix6800z 


上部の展望台は喫茶店になっており、回転式で約1周15分で姫路の景色を堪能できる。私も2、3年に一度程度訪れていますが、老朽化や設備の維持の負担など諸事情で近いうちに閉鎖されるという話が出ており、「このGWの期間で終了か?」という噂まで。
これは行かねばと思い今回訪れることに。

下から見上げると巨大な蜘蛛のよう。
DSCF7493.jpg
回転展望台
Finepix6800z 


開店10時に間に合うように入り口まで来ると既に数名の人が並んでいました。やはり噂を聞きつけてきたようです。
10時とともに入り口が開いて開店(回転)。
お店の人に聞くと閉鎖の話が出たとたん、客数が劇的に増えたことや、もっと続けてほしいという話が出ているのでオーナーがしばらくは続けることを決めたみたい(ホッ)。
展望台内部はほぼ当時のままでレトロな雰囲気。
各テーブルにはいつものように団扇が置いてある。昔からクーラーの効き目が悪いためでしょうね。
昭和な香りのあるソーダフロート(550円)を注文。

DSCF7494.jpg
Finepix6800zとソーダフロート レトロな感じがビンビンです
FinepixS3Pro TAMRON AF 17-50mm/f1.8 


今日は広角レンズしか持ってこなかったのが悔い。
マクロレンズや望遠(100mm位)で、ソーダのコップに付いた水滴などを強調して…
なんて最初は考えましたが、このレトロなゆったりした雰囲気に浸っていると、どうでも良くなってきたりして…

DSCF7501.jpg
回転展望台内部
FinepixS3Pro TAMRON AF 17-50mm/f1.8 


先ほどの慰霊塔も見えます。

DSCF7502.jpg
回転展望台内部
FinepixS3Pro TAMRON AF 17-50mm/f1.8 


席について気付いたが、回転スピードのムラが以前と比べて大きくなった気が。。。
止まりそうになったり、スピードが元に戻ったり…でもこのリズムが何故か心地いい。
回転を駆動させる設備も古いのでメンテナンスに苦労するってオーナーが姫路市の広報誌でインタビューに答えていたのを思い出しました(そりゃ50歳だもんね)。
私以外のお客を見ると、3世代で来ている人が目立ちます。
子供や孫に「ここは昔はよく来たんだよ」って伝えているのか。。。

いつもは1、2周程度で店を出ますが、今回は3周も回ってしましった。。。
店を出るとき、店員さんから「まだしばらくは回っていますのでまた来てくださいね」と言われてほっこり。

昭和の香りを満喫した写真散歩でした。




  1. 2016/05/04(水) 17:46:53|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お接待のこころ

最近はうどんブーム。

本場のさぬきうどんはどの店も美味しいのですが、お客に湯切りや盛り付けをさせたり…といった「話題造り」をしている(?)ようなお店が最近増えたような気がします。

それぞれのお店の方針的なものがあるので、それに関しては否定しません(あくまでも私自身の想いなので)。

あまり人気が無いひっそりとしたお店でも、お店の方が最後まで精魂詰めて作ってくれたうどんを、ゆっくり味わって食べたいと思って以前から讃岐中のお店を色々廻ってきました。

丸亀市で見つけたお店。

20160503_1107240.jpg

民家を改築してできたお店のようで、民家が密集している中で見つけました。気が付きにくいので一度店の前を車で通り過ぎてしまいました。

お客は私以外に別の家族3人ずれのみ。
お店の厨房にはお婆さん一人。
メニューもシンプルです。
大きいお店には何十種類ある天ぷらなどのトッピングが2,3種類のみ。
「冷たいうどん」を注文。
20160503_105129.jpg

醤油をたらしてレモン汁を絞って食べます。

とくに麺が歯ごたえあって美味しいです。
醤油を付けなくても麺単体の甘味で味わえる美味しさ。

食後にお婆さんが「サービスです」と熱いコーヒーを置いて行ってくれた。

実はこのお店、その日は2件目だったので、もうこの時は満腹状態でした。
最初に来ればよかった…

お店を出て見渡せば遠くに讃岐富士が優しく佇んでいました。
DSCF7454.jpg

またこのお店に来よう。

おばあさんと讃岐富士に「お接待」を受けたような気がしました。


  1. 2016/05/03(火) 22:04:58|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

林道ツーリングby軽乗用

カメラ好きの友人から「どっか行こう」とお誘いが。
最近新しいデジカメを手に入れた友人からのお誘いだから、てっきり「写真散歩」かと思い二つ返事で了承。
今日会って話を聞くと「林道ツーリング」だとか…
しかも友人の乗るのは軽乗用車。
「こんな車でまともに林道走れるのか?」と思いつつ助手席に乗り込む。
私もかつて400ccのオフロードバイク(ヤマハXT400)で、林道をブイブイいわせていた時代があり(といっても20年以上前の話)、久々の林道ツアーで期待半分で行ってきました。

兵庫県の最高峰、氷ノ山(標高1,510m)の周りを走りまくるコースで、およそ5時間の所要時間らしい。
友人もかつてこのコースをバイクや車で何度も走ってきたそうな。

林道に入った瞬間、道の凸凹が砂利で敷き詰められて、走りやすくなっていることに驚く。一部アスファルトで固められている個所もあり、結構スムーズに走れます。
しかし轍などでタイヤが取られるとやはり振動が凄い。
ダッシュに設置されていたナビはすぐにぶっ飛び、助手席の私が手にもって画面を見つめることに。。。
20160502_084231.jpg
20160502_085200.jpg
ダッシュボードからぶっ飛んだナビを手にもって走行
スマホで撮影


DSCF721446.jpg
林道にて
FinepixS3Pro TAMRON 17-50mm f1.8 VC


すれ違う車はオフロード四駆、追い越すバイクはオフロードバイクばかり(そりゃそうだ)。
友人の車はショックを交換しており、車高が3㎝ノーマルと比較して高くなっているそうな。だから林道でも一応問題なく走れるそうです。ノーマルのままだったら、とうにオイルパンを擦って走行不能になっていたかもしれません。
1時間ほど走って、ようやく広場に着く。

DSCF7449.jpg
駐車場にて。山頂(1,510m)がすぐ目の前に見えます。停まっているのは四駆ばかり。
FinepixS3Pro TAMRON 17-50mm f1.8 VC


ここは氷ノ山山頂を目指す登山者たちが車を停める場所。
目の先すぐになだらかな氷ノ山山頂が望めるので、おそらくここは標高1,200mはあるはず。でも流石にこれだけの標高なので眺めは最高。
DSCF7453.jpg
駐車場から東の山々を臨む。
FinepixS3Pro TAMRON 17-50mm f1.8 VC


ここから一度下界まで降りて、再度別の林道を走る予定でしたが、流石に久々の林道、しかもバイクではなく助手席の振動で、私が少しで酔い初めていたのでドクターストップ。
国道を通って帰路に就くことに。。

車酔いで、しかも疲れたために殆ど写真を撮れなかった林道ツアーでした。

しかし軽乗用で林道を走ることを思いついた友人のタフネスさ&バイタリティーの凄さには参りました。。
家まで送ってもらって、友人の砂ぼこりまみれの車を見て思った。
写真散歩にはならなかったなぁ…




  1. 2016/05/02(月) 17:49:05|
  2. お仲間ツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤棚に行ってきた

GWに突入しました。

でもいつも家の中でゴロゴロしていると太ってきてしまうので近くの神社の藤棚を見てきました。

今回の相棒はSONY Cybershoto P-150。
1421407368644.jpg

20150114_220146.jpg
スマホで撮影

2004年モデルで12年前の「古デジ」です。
発売当時、一世を風靡した、いわゆる「Pスタイル」と言われる不思議な形。
昔SONYが「小型化=高性能化」を掲げた流れをコンパクトデジカメに具現化した一つの現れ。
発売当時は、「こんなコンパクト機に720万画素も詰め込んで」なんて言われましたが、今ではスマホより低い画素数。
しかしカールツァイス・バリオテッサーレンズ搭載で当時としては逆光に強いカメラでした。
4年前にオークションで程度の良いのを見つけ、手に入れました(2,000円)。
その後、新品の互換バッテリーとメモリースティックProDuo4GBを手に入れスタミナアップ。
でも最近出動機会が減ってきたので、久々に今日持ち出しました。

DSC00411.jpg
Sony Cybershoto P-150

初期のSonyのデジカメは「紫が苦手」なんて言われているが、そう言われればなるほど…
でも嫌じゃないです、諧調もまあまあだと思うけど。
明るい所でのクッキリ感は流石にSony。これに少しこってり感をプラスするとFujiの色。
ブログ程度の写真なら充分現代でも通用しますね。

DSC00406.jpg
Sony Cybershoto P-150
屋根の狛犬、躍動感があってイイ感じです。

DSC00399.jpg
Sony Cybershoto P-150
不用意にフラッシュを点けると変な感じ。

DSC00393.jpg
Sony Cybershoto P-150
また「祈る人」を撮ってしまいました。

DSC00408_20160501141433273.jpg
Sony Cybershoto P-150
藤を眺める素敵な親子でした。

明日は久々に一眼のFinepixS3Pro(これも2004年の12年選手)も引き出して、撮影散歩に出かけようと思う。





  1. 2016/05/01(日) 14:16:55|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (512)
写真散歩(兵庫県) (286)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (350)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる