fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

怖いぜ「奪衣婆」! 地獄の怖さを再考する

昨日「石積」の風習を書いてるときに「賽の河原」について少し触れました。
その賽の河原の主といえば「奪衣婆(だついば)」です。
これまで撮ってきた写真を見直してみると8年前のファイルに「奪衣婆」さんの写真が残っていた。

奈良の長岳寺で有名な「極楽地獄図」。
8年前に秋の公開時期に合わせて観てきました。
地獄図の前にはパイプ椅子にデンと座った大柄の解説のオジサンが居て、「さあ聴きたいことがあったら訊いてくれ」と手ぐすね引いて待っている。
私が伴の者に地獄絵の説明をしていると横で聞いていたオジサンが「あんたホンマに詳しいなぁ」と私に話しかけて、その場でオジサンと小一時間ほど『地獄談義』に花を咲かせました。
オジサン、ほかの拝観者への説明をほったらかして良かったのかな…?

「写真?あんたは撮ってイイよ」とオジサンに許可を得て撮らせていただきました。

奪衣婆…
本当に恐ろしいオバアサンです。

DSCF6703.jpg
「奪衣婆」が髪を掴んで罪人を引きずって三途の川に放りこもうとしている
FinepixS9100


地獄の入り口、つまり賽の河原にやってきた人たち(つまり死人ですね)の着ている衣を無理やりひったくって傍に生えている木に放り上げる。衣が木に引っかかった高さでその人の罪の重さを測る。
罪の比較的に軽い人は船に乗せて川岸に渡し、罪の重い人はそのまま髪を掴んで三途の川に放り投げるという荒々しいオバアサンです。
上半身裸で胸も露わ、目は血走っており地獄で一番出会いたくないお方です。
一説によるとこの奪衣婆は、死神の王である「閻魔大王」と夫婦(めおと)であり、閻魔もこの奪衣婆には頭が上がらないみたい。
つまり「地獄最強」のお方ではないか!

撮らせていただいた写真を見直しても本当に恐ろしい地獄絵図です。

閻魔をはじめ裁判員たちの手下である鬼、つまり「獄卒(ごくそつ)」たちに髪をワシ掴みにされて鏡の前で生きていた時の罪を暴かれ、裁判員の判決を受け、罪に応じて色々な地獄に振り分けられられます。

DSCF6701.jpg
裁判を受ける罪人が鏡の前で罪を暴かれる
FinepixS9100


「修羅道地獄」…生前に争い事を繰り返していた罪人が落ちます
「阿修羅」と「風神・雷神」との争いに参加させられて何度も繰り返し殺される地獄です。
生き返ってはまた争いに参加させられる…

DSCF6700.jpg
阿修羅(左)と風神雷神(右)の争いに無理やり参加させられる…
FinepixS9100


昔の人は「罪を犯したら地獄に落ちるぞ」と言い伝えで教えられていた…
そのためにこんな「地獄絵」が造られたんでしょうね。
その昔、四国の若者は老人たちによく言われたのは
「女遍路に手を出したら弘法大師の怒りに触れて『無間地獄』に落ちるぞ!」だとか。

昔は「地獄パワー」は絶大だったのでしょうね。


しかし現代はどうか…
「受験地獄」「サラ金地獄」など「現世が地獄」という風潮で、死後にあの世でこの身にふりかかることを想像して怖がる、という余裕なんてないのでは…


かつてシェークスピアが創作した歌劇「テンペスト」で

「ああ、今地獄は空っぽだろう。
  地獄の悪魔たちがすべていまここにきているのだから…」

と主役が嘆いたシーンを思い出す。

みなさん、一度地獄の怖さを見直しましょう。




スポンサーサイト



  1. 2016/08/31(水) 21:34:11|
  2. 仏教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (511)
写真散歩(兵庫県) (285)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (350)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる