toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

あのとき竜馬を殺らなければ…

梅雨らしくなってきました
雨が降ったら涼しくなって、止んで晴れたらめっちゃ暑くなる
この繰り返しで体が滅入ってしまいそうです
こういう時は涼しい写真を見て気分だけでも清々しくなりたい

DSC00923.jpg

幕末の京都、大政奉還を発案し土佐藩を通じて将軍徳川慶喜に内説し歴史を動かした坂本竜馬。
その竜馬が大政奉還直後に暗殺される。誰が暗殺したのか?現在の有力な説は、佐々木唯三郎が率いる「見回り組」という説。私もそれを支持します。

大政奉還直後、京都の二条城にいた徳川慶喜は、誰から聞いたか坂本竜馬の名を知った。そして反幕側で唯一非戦論者で、大政奉還の立案者であることも知った。慶喜にすれば敵見方を越えて唯一「同志」を見出した思いがあっただろう
「土州の坂本竜馬には手をつけぬよう、新選組・見回り組の管掌者にはよく注意しておくように」と幕臣の永井尚志に指示する。永井にとって竜馬は、敵である「反幕の志士」ながら日本の将来について同じ思いの者同士。竜馬は暗殺される寸前まで永井の屋敷に出入りしていたのであった。翌日永井が出仕したところ机の上に紙切れがあって「昨夜、坂本竜馬を暗殺した」と踊るような書体で書かれてあった

「遅かったか…」

永井は落胆したことだろう

実は永井の京都屋敷と竜馬の潜伏先(近江屋)の道中に見回り組の宿舎があったのだった。永井の屋敷に足蹴に通う竜馬の姿を佐々木は見たことであろう…これは竜馬の不覚としか言いようがない


非戦論者である竜馬が暗殺されなければ、幕府を倒す鳥羽伏見の戦いはおこらなかっただろう。おきても遅くなったか別の形になったはず…
竜馬は旧幕府勢力も新政府に参加させるプランを練っていて、雄藩連合と朝廷のみで新政府を目指していた西郷・大久保の薩摩には悩みの種だった。だから一時は薩摩藩も暗殺の黒幕かと疑われた時期もあった。

ではその後、竜馬暗殺集団を率いた佐々木唯三郎はどうなったのか…

かれはその鳥羽伏見の戦いに参加して、銃弾を喰らい退却。その傷がもとで紀州の三井寺で死去する。銃弾は腰骨に刺さったままだったそうな…当初は従者を200人引き連れていたが、やがて散り始め、死ぬ間際は20人程度しか残らなかったそうな。

「あの時竜馬を殺らなければ…」なんて唯三郎は思わなかっただろう
大政奉還の立役者で、幕府側の生き残りを考えていたプランナーなんて知る由もない
しかし竜馬を暗殺したことによって自身の死期が早まったことだけは事実だった

雨が降るから、晴れると余計暑く感じる

竜馬を暗殺するから見回り組を管掌する幕府の壊滅時期が早まる…

これも巡りあわせか…

う~ん、今日の日記は無理やり「こじつけた感」が満載だなァ


DSC00941.jpg


DSC00937.jpg

今日も雨が止んだら暑かった…







スポンサーサイト
  1. 2017/07/01(土) 21:58:21|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会い、
そして邂逅(かいこう)等を
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりですが
未だ現役。

camera
NIKON:D7000
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TAMRON:AF17-50mm/f2.8 VC
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
TOKINA:17mm/f3.5 RMC
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (12)
歴史 (26)
写真 (19)
寺巡り (19)
独り言 (29)
写真散歩 (114)
仏教 (25)
レンズ (4)
播州の祭り (13)
神社 (3)
日記 (44)
旅行記 (7)
オーディオ (1)

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる