toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

祭りの太鼓練習

私の住む地区の秋祭り、10月7日・8日に向けて太鼓練習が始まりました


20170928_202420.jpg

播州のこの時期は夕方から夜にかけてアチコチで太鼓の音が響いています

私も子供たちや青年たちに教えた後、公民館で祭りの準備で追われており、終わったとは公民館で酒盛り。いつも家に帰るのは夜の11時過ぎ。今日はたまたま「休肝日」ということで9時に帰ってきました。

祭りが終わるまで写真散歩行けそうもありません…

スポンサーサイト
  1. 2017/09/28(木) 22:56:35|
  2. 播州の祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私の「飛び出し坊や」考察

今回はしょーもない独り言なのでテキトーに聞き流してください

先日の神子畑選鉱所~生野町のルートで「飛び出し坊や」をコンデジで撮りまくってきました

連れが居たらきっと「変な人」だと思うけど一人だったから気にしない
気になる飛び出し坊やを発見したら、車を停めてバシバシ撮ってきた

今はこんな金属プレート式が一般的
DSCF0016_20170923210927738.jpg

各自治体や各家庭が独自でペイントするタイプはもう田舎に行かないと存在しないのか…
しかし躍動感がありつつも素朴で良い!
DSCF0009_201709232109307b5.jpg

プラスチック製プレート式も幅をきかせつつあります
DSCF0015.jpg


私は飛び出し坊やを撮る時は必ず「裏面」も撮ります


裏表が男女バージョンは本当に少ない。出会ったときはラッキーな気持ちになります
同じ絵柄で服装の色だけが違うバージョンが殆どです
DSCF0013_20170923210931f0e.jpg

まあ首元から上のデザインと色だけで男女を分けているだけですが…
DSCF0014_20170923210924901.jpg



「飛び出し坊や」が出現する前は、「飛び出し注意」としてこんな看板がその役目を務めていました

img_0.jpg
この画像だけネットから拝借

飛び出す少年もサッカーボールを追ったり、野球のボールを追ったりして道路に飛び出している絵柄ばかりで、「目的を持った」飛び出しという図式。最近の「飛び出し坊や」は目的を持たずに単に飛び出している。

その理論をある友人に話したら「だから昔の飛び出し注意の看板は、子供と運転する大人の両方に訴えている。現在の飛び出し坊やは、運転する大人のみを対象としている。だから子供にも飛び出しが危ないことを伝えるために看板を原点回帰、昔に戻すべきだよ」なんて大真面目に答えていた…

こんな会話を第三者が聞いたら、私も変だけど友人も変だと思うだろうなァ…


変な独り言に終わりました…





  1. 2017/09/23(土) 21:34:43|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧生野警察署

神子畑選鉱所から帰る道すがら、生野町にも寄ってきた

久々に「旧生野警察署」を見たかったためです。

DSC_2940.jpg

明治19年に建てられた生野警察署

DSC_2942.jpg

錆びついたドアノブ、そして鍵穴の形状がイイ

DSC_2943.jpg

DSC_2947.jpg


カタカナの「イ」が九つ丸く並んで「イクノ」。
洒落た旧町章ですね

DSC_2948.jpg

写真をバシバシ撮っていると
「ちょといいですか?」と後ろから語りかけてオジサンが登場
DSC_2949.jpg
花の手入れをしにきた地元のオジサンでした
「邪魔してすいません」と後ずさりする私…

これで写真撮影は〆にしました

この警察署を訪れていつも思うのだけれど花が綺麗に植えられている。
こういう地元の人たちが陰でやっているからだと納得、実はこの旧警察署は現在でも公民館として現役で使われているそうです

先ほど神子畑でみた廃墟とは対局の世界を垣間見た感じでした…





  1. 2017/09/21(木) 20:41:23|
  2. 写真散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

神子畑選鉱所跡 弐

居住区の次に本命の選鉱所を訪れる

DSC_2939.jpg

かつてはこの斜面全体に建物が建造され、上から採取した鉱石を降ろしながら選別していたそうな。規模は当時東洋一と謳われるほどデカかったようです。

斜面に沿って続いているインクライン(レール伝いに台車を動かす装置)。物資を頂上まで運んだり降ろしたりしていたんでしょうね

DSC_2916.jpg

これが選鉱所のメイン施設の「シックナー」

DSC_2938.jpg

DSC_2920.jpg

とにかく巨大だ…
一つでもプロ野球の内野グランド位の広さは余裕である、それが3台。
シックナーは選別して最後に残った液体から水分を濾過して取り除く設備のこと。
巨大なポンプも何台か設置してある

DSC_2934.jpg

「制御盤」ですね、まさに「オヤジの仕事場」

DSC_2930.jpg

DSC_2925.jpg

DSC_2937.jpg

まさにSFに出てくるような別世界

選鉱所の傍に、かつて鉱山から採掘した鉱物をこの選鉱所の頂上まで運ぶトロッコが展示されていました
DSC_2917.jpg

かつて鉱物やオヤジたちを乗せて走りまくっていたんだろうな…
私が社会人になってバイクを乗り出して走り回っている頃(80年代前半)はまだ稼働していて、ヘルメットを被ったオヤジたちがうろついていましたが、かつての賑やかさはもう昔…

といっても写真には写っていませんが、実はシックナーの傍に工事車両や工事関係者の方が沢山いて、台風の影響かこの地区の維持管理のための工事をやっているようでした、別の意味で賑やかでしたわ…






  1. 2017/09/20(水) 21:28:29|
  2. 写真散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神子畑選鉱所跡 壱

午前中に神子畑選鉱場跡に行って来た

ここはかつてここから北にあった明延鉱山で採掘された鉱石をこの地までトロッコで運び、不純物を取り除く「選鉱場」として栄えた町でした。鉱山業が円高のあおりを受けて衰退をはじめ、明延鉱山が1987年に閉山された後はこの選鉱場も操業を終了しかつて栄えた街も消えてしまったようです。

まずは選鉱場とともに栄えた街をブラリ

かつては400人以上の児童がいた小学校の跡地、現在は体育館兼講堂をのこして校舎は全て取り壊されているそうです
「神子畑小学校跡地」の碑があります。碑の裏側に昭和47年に別の小学校に統合と記されていました

DSC_2868.jpg

体育館の入り口の下駄箱

DSC_2875.jpg

DSC_2897.jpg

校庭は草が生い茂っています
錆びて崩壊しかかっている遊具
DSC_2877.jpg
DSC_2882.jpg

錆び好きの私にはたまりません

DSC_2887.jpg

サッカーのミニゴールか
DSC_2898.jpg

校庭に井戸があったようです
DSC_2891.jpg

平日なので訪れる人なんて私以外に誰もいない…

住居跡のあるかつての居住区の方にも向かいました

土壁の蔵
DSC_2901.jpg

DSC_2902.jpg

誰も住んでいない廃墟的な街なのに、角に比較的新しそうな四つ角ミラーが設置されていた

DSC_2903.jpg


「廃墟マニア」なんて名乗る人が居て、廃墟となった住居などの建物に入って写真をアップするのを見かけますが、私はそれは苦手です。中に入る許可は貰っていたとしても、かつて「楽しい家庭・団欒」があった場所に、今は寂れていても土足で入り込んで写真撮りという事が何か住んでいた人に対して冒涜するかのように感じてしまうのは考え過ぎなのだろうか…
ですから「寂れた昭和が好き」なんて言っても廃墟の撮影はいつも外側からがメイン

ですからそこから先には行きませんでした…

川があります

DSC_2909.jpg
一昨日の台風の影響か、川に流れもまだ激しかった
DSC_2899.jpg

「これ以上先に入るんじゃねえ」と山の神がおこっているようでした。






  1. 2017/09/19(火) 14:56:10|
  2. 写真散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラタモリ高野山編


以前の日記で7月に高野山に行った時にブラタモリに遭遇した話をしました

⇒ その時の日記


今日、「ブラタモリ高野山編」の放送日でした

LINEで「ブラタモリやってるよ」と会社の人から連絡が入ってTVを見た時はもう終了前でした

とりあえず予約していたので後でビデオを再生し観てみることに…

タモリさん御一行が奥の院を歩き出してしばらくして、画面の右奥に蛍光色のジャージを着て一眼を構える怪しげな人影が…

テレビ画面の一部をスマホのズームで撮ったから画質は最悪ですが…
20170916_200858.jpg

その時一眼で撮った写真です
慌ててたのでこれもブレまくりだ。しかもこのときのレンズは17-50㎜の広角ズームだったので悔やまれます
DSC_2168_20170916214025134.jpg


20170916_200613 (2)
すれ違います
20170916_200657 (2)

丸刈りでイカツいオヤジ、まさに私でした…

これで私がブラタモリに遭遇したことを次男はようやく信じてくれました


三連休が始まりました
今日は長男を大量の荷物と一緒に岡山まで送って
明日は仕事
明後日は自治会の用事と潰れそうですが、19日(火)は有給休暇を頂いているのでどっかに写真散歩でも行くか久々に!





  1. 2017/09/16(土) 21:57:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

口の中の水分を奪う食べ物選手権

今日、久々に長男が岡山から帰ってきました。3ヵ月ぶりか…
姫路で運転免許の更新手続きをして、すぐに岡山に帰るみたい。

モンゴルからのお土産にビスケットを持って帰ってきた
先日の日曜日に長男のアパートに行って来たのですが、その時に持って帰るのを忘れてました

20170913_212217.jpg

パッケージを見て「ロシア語か?」と訊いたら
長男「キリル語や」と…

とにかく食べてみたら甘くて美味しいけど…
段々口の中の水分が奪われていきます

すぐにそばにあったコーヒーを飲む
もし「口の中の水分を奪う食べ物選手権」ってのがあったら、「カロリーメイト」や「エビの味りん煎餅」を軽く抜き、「乾パン」と並んでベスト5入りは間違いなし!といった感じか…
カミさんも食べて「まあこんなもんじゃない」と

しかし口の中の水分が無くなるメカニズムが知りたい…
という事で色々調べました
結論をまとめると、「堅い」「乾燥している」「隙間が多い」という条件の食べ物に水分が吸い取られやすいということ。
水分は湿った物体から乾燥した物体へ移動するという性質から、隙間が多く堅くて崩れにくい食べ物、つまりこんなビスケットや乾パンが条件的に一致しており、逆に堅い干物は乾燥していても凝縮して固まっており水分が入る余地がないので水分が吸い取られ難いといういことらしい…

納得

しかし人があまり気にしないことに真剣になる私

神経質なのかな?

そんなことを思いながらコーヒー飲みながらモンゴルのビスケットを齧る私でした


  1. 2017/09/13(水) 22:18:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

無住寺

最近あちこちで見る「無住寺」。
住職が住んでおらず、人気の無いお寺が増えました。
昨日、日本に帰国した長男のアパートに行って来たついでに岡山に行くと何時も寄っているお寺にお参りに行きました。
ここはまだご住職の住む母屋はあるのでまだましですが、ちょっと地方に行くと誰も住んでいないお寺が殆どです。
お寺も後継者になる人が減少し、お寺の数カ所を一人の住職が兼任しているって話をよく聞きます


地方のあるお寺にて…

DSC_1312_2017091122034310d.jpg

本堂のお花は綺麗でした。地元の方が手入れしているのでしょうかね。
DSC_1337.jpg

木漏れ日が風に揺れて気持ち良かった
DSC_1348.jpg

2年前、四国の400年の歴史のある無住寺の屋根が崩壊(重みに耐えられなくて)して、「管理不足か」とある御住職が責められたって話をききました。その地区は4,5件のお寺を住職が兼任するのは当たり前で、目が行き届いきにくいのも事実。ある試算によると25年後には3割の寺院が消滅すると言われている…
私が懇意にさせていただいている、京都のお寺の副住職さんは3寺の副・正の住職を兼任しています

「寺」とは本来、漢字の成り立ちを調べると、常に人がいて手足を動かして接待する場所、「役所・接待所」が本来の成り立ちらしい。
現在のお寺仏教の宗教施設の意は、漢代に西域から来た僧を「鴻臚寺」という接待所に泊めたことに由来するらしい。その後仏教が日本に伝来して、宗教施設として寺の意味を成したらしいです。

本来の意味は常に人が居て、接待する場所か…

無住寺が増えてきて寂しい限りです。私は行く先で出合ったお寺には必ずお参りして御賽銭をあげるようにしています

お寺は後継者不足、日本人のお寺離れは加速していく一方

今日は寂しい独り言になりました





  1. 2017/09/11(月) 22:28:12|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公園に住みついた猫

私のマンション傍の児童公園に一匹の猫が住み着いています

首輪がしてあり、大人しく通りすがりの人が撫でても嫌がりません

しばらくすると近所に住むあるオバアサンが毎日小皿に入れたえさを持ってくるようになりました。翌日には小皿はちゃんとお婆さんが片付けているようで、毎日夕方に入れ換えているようです。
公園は子供たちがいつも遊んでいて、ネコを怖がったりする子供もいて衛生的に良くないかも?と物議を醸しているわけですが、そのオバアサンによる説明では、知り合いの人が入院して飼っているネコを家に置いておけないそうで、そのオバアサンに面倒を見てくれとお願いして入院しているそうな。オバアサンの家では飼えないそうなので、公園に放してエサだけ与えに来ているようです。
ネコを見る限り毛並みも綺麗だし人慣れもしているのでそのオバアサンの話を信じてしばらく様子を見ようという事になったらしい…

今朝公園の前を通ったら朝日を浴びて気持ちよさそうにしていました
思わずスマホでパチリ

20170910_093031.jpg

20170910_093024.jpg


背中など擦ってやったら嬉しそうにしていましたが、私がエサを持っていなかったとわかるとどっかへ歩いていきました

近所の野良たちにエサを奪われたりイジメられていないか心配な部分もありますが
「たくましく生きよ、お前の先祖は野生だぞ」としばらく様子を見るしかないですね



  1. 2017/09/10(日) 20:34:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MD使いの悪あがき

オークションで落としてしまった「MDレコーダー」

SONYの「LAM-1」というCD/MD搭載のデスクトップオーディオです

20170906_193219.jpg

当時「Net MDステーション」として、PCと繋いでネットでダウンロードした音源やPC内の音源をMDに入れたり、PCでMD内の音楽を編集したりするシステムの機種です。もちろんスピーカーを繋げばPCとは関係なくデスクトップオーディオとして使えるという事です。

私の車のオーディオは以前日記に書いた通り、MDを使っています。しかもメーカーは天下の高級オーディオメーカーの「ナカミチ」。MDでも最良の録音をすれば「これは本当にMDの音か?」と疑うくらい良い音を流します。しかし家でMDに録音する機材の故障で、「もうMD止めようかな?」と考えることもしばしば。友人からは「そろそろ最新のカーオーディオを入れないか?」なんて悪魔の囁きも聞かれました…確かに最近のカーオーディオはSDカードやハードディスクに沢山の曲を入れて聴き放題で便利と言えば便利。しかしMDディスクは100枚以上持っているし、勿体ない気持ちもある。しかも私は一枚のアルバムをじっくり聴き込むタイプで、そんなに沢山の曲をSDカードなどに放り込まなくても気にならないタイプ(古い人間か?)。そんな最新オーディオを使っている友人が「あの曲どこに入れたのかな?」なんてカーステを弄って曲を探しながら運転しているのを見るとチョイ危ない気もする。
ということで「最後の悪あがき」ということで、CDからMDへの録音機ということでこれをオークションで落とした次第。
もしこの器材が壊れれば本当に、最新のオーディオに切り替えるつもりです!

前置きが長くなりましたが、今日この「LAM-1」が到着。
もう15年前の機種ですが、奇跡の完全動作品でオークションの出品者によると、メンテナンス済でMDのピックアップ部を状態のイイのと交換したそうな。

電源を入れる
ディスプレーは少し文字が薄くなっている気がするが、15年以上経っていると考えるとマシなほうかな
20170906_193405.jpg

CDの扉をオープン
20170906_193251.jpg
私が持っている「CDウォークマン」のピックアップ部と同等品みたい

しかし底面を覗くと、なんとチャチなゴムが貼られているだけ
20170906_193611.jpg
こんなところにコストダウンが…

CDを入れてMDに録音する

20170906_195358.jpg

20170906_195140.jpg

録音したMDと原盤(CD)とをヘッドフォンにて聴き比べ
勿論CDの方が情報量も多く、いい音です
明日、自分の車でこのMD聴いてみよう。
音質が気にいらなかったら、この「LAM-1」の音質改善を始めようかな?

まずは
・底面のゴムを外して3点スタビライザーを設置
・御影石のオーディオプレートの上に置く
・「外光遮断」として蓋のCD覗き穴を塞ぐ
・鉛テープを本体の底やCD蓋の裏側に貼る
・電源ケーブルやパワー部のコンデンサ交換
など、昔CDウォークマンで音質改善をやった気持ちが再び湧き出した…
今度実家に帰ったら、オーディオ改善でやった部材がまだ残っているか確認しよう


友人がこれ知ったら「何やってんだか…」と嘆くかも

マニアックだなァ…







  1. 2017/09/06(水) 21:26:39|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会い、
そして邂逅(かいこう)等を
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりですが
未だ現役。

camera
NIKON:D7000
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TAMRON:AF17-50mm/f2.8 VC
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
TOKINA:17mm/f3.5 RMC
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (12)
歴史 (24)
写真 (18)
寺巡り (19)
独り言 (27)
写真散歩 (106)
仏教 (25)
レンズ (4)
播州の祭り (13)
神社 (3)
日記 (40)
旅行記 (7)
オーディオ (1)

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる