fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

猫 in 仏教

先日の早朝日本庭園に行った時見た風景

どっかの猫好きの人があげたのだろう、キャットフードを前に辺りを警戒している猫を見た

DSC_4209.jpg

鋭い視線の先には羨ましそうに見る別の猫

DSC_4206.jpg

暫くしてまた別の猫が「オイラにも頂戴」と頭を下げてやってくる

DSC_4205.jpg

良く観ると後ろ足に怪我をしている
エサの取り合い或いは縄張り争いでの勲章か…
猫の世界も大変だなぁ

仏教ではネコの存在は意外と薄いです…
私は色々なお寺に行って「涅槃図」があれば必ずきめ細やかにチェックします
お釈迦さんが今まさに涅槃に入ろうかとする時にどんな人が悲しんでいるだろうかと…
菩薩さん、阿修羅さんはじめ大勢の羅漢さん、弟子たちなどあらゆる者たちが泣いている
そして下部には必ず動物たちも
獅子や虎、ネズミ、蛇やなんとムカデ、ナメクジ(!)までお釈迦さんの死を悼んで泣いています
しかし何故か猫が涅槃図には描かれていないですよね
たまに猫が描かれている涅槃図を見て「ラッキー!」なんて思っても描かれた時代をみると江戸時代などはるか後世の者ばかり

何でだろうかと色々調べても明確な答えは出ません
お釈迦さんの母親の摩耶夫人が病気のお釈迦さんまで霊薬を届けるためにネズミを遣わせたが途中で猫に邪魔されたとか、お釈迦さんが涅槃に入る時にネズミが四方へ伝達に行ったが、元々猫をこころよく思っていなかったためにわざと伝えなかったとか…
もっともな説は、インドに猫がペットとして伝わったのは、史実として釈迦が没したずっと後の紀元前2世紀だからなど…

でも中国と日本を往復する船には必ず猫を乗せていて、大事な経典をネズミに噛まれないようにしていたことを考えると、お釈迦さんが(伝説では)大事に伴に連れていたネズミは実際には仏教には「天敵」だった一面があったとこと考えるともう何が正しいか訳が分からなくなります

でもこんな話は猫たちにとってはどうでもいい事なんでしょうけどね

DSC_4213.jpg

寒い日も猫たちは悠々と歩いていて元気だなァ


スポンサーサイト



  1. 2018/02/06(火) 21:49:35|
  2. 仏教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (526)
写真散歩(兵庫県) (289)
写真散歩(兵庫県外) (96)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (116)
日記 (352)
独り言 (158)
写真 (36)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる