fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

光ある所に影がある

光ある所に影がある
まこと栄光の影に数知れぬ忍者の姿があった
命をかけて歴史を作った影の男達
だが人よ名を問うなかれ
闇に生まれ 闇に消える
それが忍者の運命(さだめ)なのだ

これを聞いて反応するのは50代以上のオヤジだろうな

このセリフは1970年代の忍者アニメ「サスケ」のオープニングのセリフ
今聞いてもカッチョイイ



光と影は「まさに表裏一体」
この世がまっ暗な闇であれば、影などはもちろん出来ません。光があるからこそ影ができ、光が強ければ強いほど光が影の存在を際立たせます。

DSCF1863_20180621221732624.jpg
早朝の東大寺にて

光と影が「生と死」と考え、光が「生きている私たち」とすると影は「死」の象徴か…

つまり「生と死は表裏一体」

なんか暗くなる話ですね

しかし死というものがあるから、現在の命が尊いものであり、今生きている私たちは命のある限りその命を輝かせながら人生を歩んで行かねばなりません

以上が昔舞鶴のあるお寺で聞いた法話でした(記憶が断片的ですが)…



写真撮影もそうかなと思うようになりました
光があるからこそ写真が撮れるわけありますが、隅々まで光の当たるような写真(順光)だけでなく、影も映ることによって印象深い写真になることがあります。
まさに「生と死」を現したドラマのように(例えがヘン??)

DSC_5634.jpg
龍野市「うすくち醤油資料館」にて

「光と影を上手くフレームに入れたら「ドラマ」が生まれるよ」
なんてどっかの写真家が言っていたような

しかし「ドラマが生まれる」ような写真なんて撮れたことはないですね

DSC00884_20180621223555358.jpg
大坂新世界にて

そんな境地に達するような写真、一度でも良いから撮れないかな…
いまだに「数打ちゃ当たる」精神でシャッターを押し続ける私には無理かな(笑)




スポンサーサイト



  1. 2018/06/21(木) 22:45:43|
  2. 仏教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (511)
写真散歩(兵庫県) (285)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (350)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる