fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

猛暑の中植物園

とにかく暑かった

岡山の半田山植物園にて

花はあまり咲いておらず、入場者は私以外に3,4人

DSC_7437.jpg

影の濃さで日差しの強さが分かる
DSC_7479.jpg

日陰が恋しくなります

影のコントラストが強い
DSC_7466.jpg

100枚近く撮ったのですが「花」が入った写真は半分以下
DSC_7448.jpg

いつもは誰かが座っているベンチ
DSC_7454.jpg

帽子を持ってくるのを忘れてた…

すれ違った高齢のカメラマンさんとしばらく日陰で立ち話
私のレンズを見て
「懐かしいレンズをお持ちですね」で始まって
「時期が悪かったね」とお互い苦笑い…

30分位居て、頭がボーっとしてきたので、自販機でスポーツドリンク買って一気に飲み干し退散しました

今回のレンズはAi Nikkor 35-70㎜ f3.5 でした
IMG_20180715_151229.jpg
私の所持しているレンズの中で一番カッコよく、デザイン的にD7000にマッチしていると思う
しかし置いた場所が悪かった、なんかこのカメラを寄贈してもらったみたいですね(笑)


熱中症に注意しましょう


  1. 2018/07/16(月) 06:24:37|
  2. 写真散歩(兵庫県外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「昭和レトロ情景館」番外編~乗り物編

先日行ったたつの市「昭和レトロ情景館」にて撮りためた写真が一杯あるのでここで「懐かしい乗り物編」としていくつかアップします

まず旧車から

これはトヨタ自動車の「パブリカ」かな
DSC_7063.jpg

やたらと日産「スカイライン」が多いです(ご主人の趣味かな?)

家族で撮影しているぞ。昔は車を買ったら家族入れて記念写真撮るのが習わし
「ジャパン」の初期型(丸目4灯)だと思う
DSC_7380.jpg

これも「ジャパン」ですね。リアの「サーフライン」が特徴的だ。前に駐車してる黒い車ははオールドベンツのSLだと思います。
DSC_7382.jpg

「R30」のバンですね。最近まで見かけました
DSC_7379.jpg

遠くに見えますが
左が「R32」。右が「コロナ4ドアセダン」かな?
DSC_7071.jpg

ダイハツ「ミゼット」。
屋根など、あちこちの錆がリアル感を出しています…
DSC_7039.jpg

てんとうむし「スバル360」のオープンだ
DSC_7037.jpg

次は2輪編

トライアンフ
DSC_7169.jpg

ヘッドライト形状とホーンの位置からして「ベスパ200」かも
DSC_7038.jpg

最後は鉄道
旧国鉄貨物のディーゼル車「DD51」(だと思う)
初めて「流し撮り」を体験
DSC_7408.jpg
ボケボケだし、スピード感が速すぎ(本当はもっとゆっくり走っていた)


こんな感じで「旧車好き」にも堪らない「昭和レトロ情景館」
みなさんも是非行ってください(宣伝してしまった)





  1. 2018/07/15(日) 07:48:49|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ココはワシに任せろ

今日は朝から高校野球地方大会(西兵庫大会)を観戦に行った

実は今日のこの試合は、私が受験した高校同士の戦いです

私立のいわゆる「すべり止め」と公立の「本命」で2校受験しました
結果は私立も本命の公立校も2校とも合格して、公立の方に進学したのですが、その2校の戦いで、両方を応援した気持ちです



試合開始前のグランド整備の、特にホームベース周りの整備は毎年ほぼ同じ人です

DSC_7258.jpg

「ここはワシの聖域じゃ、ワシ以外に整備させん」
といった感じか…
確かに他の整備員の人が作業していましたが、このお方がホームベースの整備を始めたら、周りには誰も近づかない…

ライン引きも職人芸
DSC_7271.jpg

「下書きの線」なんてものはありません

時々マーカー的に針で印を付ける程度

DSC_7275.jpg

職人ともなると、頭の中に見えない白線でも引いてあるのか…

私は地区のソフトボールでよくライン引きをやりますが、真直ぐ引くのは意外と難しい(距離が短くても)

DSC_7277.jpg


完成です!

DSC_7279.jpg


去年の同じ球場での写真です
去年はたまたま若い人がやっていたが、今年は結局いつもの人

DSC_2418_201807141340323c6.jpg

来年は誰がやるのだろうか…
やっぱりいつものオジサンか、それとも「世代交代」で若い人か…

なんかそっちが楽しみだったりして


試合は7-5で私の母校が勝ちました!

しかし暑かったです!



  1. 2018/07/14(土) 13:57:59|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歴史は繋がっている② 関ヶ原~薩摩の仕返し1867パリ万博

マニアックな歴史ネタなのでテキトーに流してください


1970年の大阪万博。「人類の平和と進歩」がメインテーマだった

DSC_5693_2018071221104634b.jpg


その約100年前の1867年のパリ万博にて薩摩藩は幕府に大恥をかかせたのでした…

思えば関ヶ原で西軍の旗頭として島津は参戦。
西軍が負けその結果薩摩藩は江戸開府後、外様大名として幕府から徹底的に痛めつけられた
例えば大雨である藩の河川が決壊。その後の修復工事などで、薩摩藩をはじめ多くの外様大名が普請させられた。人材も費用も薩摩で賄う…
そのせいで薩摩藩は財政が行き詰まり、最終的に領民たちの税を上げるしか手立てが無かった。

薩摩は幕府に対して、長い浅くない恨みを抱いていたことは間違いない


やがて幕末、幕府には秘密裏に琉球や英国と繋がりを持ち国力を高めていった薩摩…

そして1867年の「パリ万国博覧会」
フランスの皇帝ナポレオン三世からの招き・出品要請があり、日本を代表して幕府からの使節団がパリの万国博覧会場に到着。
代表は15代将軍の徳川慶喜の弟、14歳の徳川昭武(あきたけ)だった。

300px-1867Delegation.jpg
徳川昭武を中心とする幕府の使節団(ネットから拝借)

当初は超一流の「パリ・グランドホテル」に滞在していたが、勘定方の渋沢篤太夫(しぶさわとくだゆう)は30名に及ぶ日本人の巨額な宿泊費に悲鳴を上げ、ホテルを引き払いパリの下町にあるアパートに移ることにした。

そんな矢先、天地がひっくり返るような出来事が起きる。

薩摩藩家老、岩下左治衛門(いわしたさじえもん)を代表とする「薩摩・琉球王国使節団」がパリに現れたというではないか!?

これは勿論主催するナポレオン3世の了承は得ているのですが、世界各国から来た新聞記者たちはたいそう驚いて紙面をかなり賑わしたそうです。
これまで日本と言えば「大君(たいくん:将軍のこと)」が皇帝として君臨していると言われていたが、本当はお隣のプロシャ(当時のドイツ)と同様に「共和制」じゃないか!大君の地位なんて大したことないじゃないか!と各国の新聞記者たちは思っただろうな。
だってこれまで幕府は琉球とは貿易・交流は禁じていたし、琉球王国なんて認めていなかった。その琉球王国と外様の薩摩藩が組んで万博に出品しようとは、幕府にとってまさに天変地異ではなかったか…

特に薩摩の出品した「薩摩焼」は大好評でこの万博の後、世界中の富豪たちが「薩摩焼」を買い求めたと聞く
薩摩はこの万博で外貨の獲得という大成果も収めたことになった

そして薩摩琉球王国連合は、「一国の代表」的な振る舞いで「薩摩琉球王国勲章」と称する勲章を、パリに集まった列国の有力者たちにばらまいたのでした。

この薩摩の「寝技的な外交」には幕府を舌を巻いたことだろう。
パリの新聞は、連日幕府と薩摩の奇妙な関係について報じ、幕府側はこのあと一層に窮地に立たされることとなった

puffer (2)
三人の着物女性が茶を振舞う、我が国最初の「お・も・て・な・し」か…(ネットから拝借)

その頃本国のわが国では、大政奉還・王政復古、そして鳥羽伏見の戦いで本体の幕府は事実上崩壊してしまった
帰国命令後、幕府使節一行がチュイルリー宮殿にナポレオン三世に挨拶に参上した時、ナポレオン三世は彼らに対してひどく冷淡であったという。彼らが帰国した時、すでに世は「明治」になっていた…


結果的に幕府の「夕暮れ日暮れ」を世界に示したことになってしまった…

長年積もった恨みで「関ヶ原の仇をパリで打つ」になってしまったようですね


やはり歴史は繋がっている



  1. 2018/07/12(木) 21:17:44|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「昭和レトロ情景館」完~夜のとばりがイイ感じ

ご主人が「今から灯りを消しますね」と言って室内照明を暗くする。
と同時に赤の照明が点灯し、ジオラマの建物も灯りが点き始め、一気に「昭和ムード感」バリバリの世界観が展開し始める

お好み焼き屋さん
DSC_7128.jpg

町の写真館
DSC_7096.jpg

キャバレーだ
DSC_7101.jpg
男と女の、「かりそめの愛」が渦巻いています(古い表現だなァ)…

昼間のパチンコ屋とは打って変わって「哀愁」が漂っています
DSC_7097.jpg


夜の鉄工所、残業頑張ってください
DSC_7112.jpg
良く観察すると、工作機械や万力など、緻密に出来ているなァ、感心します

夜の自転車屋さん
DSC_7104.jpg
皆さん仕事熱心ですね

旧国鉄東龍野駅
DSC_7119.jpg


ご主人の心憎い演出に感心しました!
DSC_7129.jpg

ボケボケの写真ですが何故かこれが一番気に入った…
夜のとばりに溶けるように消える二人乗りの自転車
DSC_7111.jpg
家に帰る親子連れだろうか…
行き先には温かい家族団欒が待っている…

最後にご主人としばらく立話をしました
この巨大なジオラマの維持、メンテンナンス方法など、苦労話を色々仰っていました

一階に降りて奥様に挨拶をする
「凄いジオラマですね」というと
「趣味が高じ過ぎちゃって困っていますよ」的な事を仰って笑っていました


「昭和レトロ情景館」、良かった!
入場料が450円だったけど、充分にイヤそれ以上に楽しかった

後で時計を確認すると1時間半居たことになる

今回は被写体深度の浅い設定で撮ったので、次はズームレンズでパンフォーカス気味に狙いたいと思います
近いうちにまた来よう…







  1. 2018/07/10(火) 20:04:00|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「昭和レトロ情景館」②~線路は続くよどこまでも

ご主人のアナウンスで列車を走らせます

DSC_6995.jpg

ご主人がジオラマの土台に設置された、沢山の操作スイッチやリモコンを駆使して列車を操作します
と同時にそれまで部屋のBGMだった、昭和の歌謡曲から「線路は続くよどこまでも」や「汽車」などの童謡・唱歌に切り替わります

DSC_7163.jpg

「Nゲージ」のマニアには堪らないだろな

汽車や電車の動きを追ってピントを合わせようとしますが、なにぶんマニュアルフォーカスなので上手く合せられません

DSC_7000.jpg

DSC_7024.jpg

踏切です

DSC_7016.jpg



線路沿いには色々な「人間ドラマ」があります


「俺と別れてくれないか…」
「えっ…いやよ!」
DSC_7138.jpg
なんてセリフを考えたり…

線路沿いの長閑な風景
DSC_7059.jpg


この車の後ろ姿は、HONDAの初代シビックじゃないか?
昔の上司が乗っていました
DSC_7055.jpg

こうやって撮影に熱中になっていいると

またまたご主人が
「今から灯りを消してライトアップします」
再び説明書を読むと、毎時30分に10分間、部屋の照明を暗くして、街の灯りを点灯して「夜の昭和」を再現するようです

この演出がまた楽しかった!



続く


  1. 2018/07/09(月) 22:04:49|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「昭和レトロ情景館」①~ゴジラ目線ではなく地上目線で!

たつの市にある「昭和レト情景館」に行って来た

DSC_7065.jpg

本日朝から開催される、私が担当の「グランドゴルフ大会」は予想通りグランドコンディションのために中止。
同時に開催予定の「ママさんバレーボール大会」は予定通りの開催、私は担当ではないけどコート設営など準備のお手伝いをして帰宅、午後から予定が無かったので、友人(見仏クラブN隊員)を「乗せていけ」と運転手として拉致して連れて行きました。

以前から行きたかった、たつの市にある「昭和レトロ情景館」です。

ある「ものつくり」の好きなオヤジが、江戸時代の文化・文政年間(19世紀初頭)に造られた旧家の2階に、ジオラマで昭和のたつの市を再現、今年の3月に「たつの昭和レトロ情景館」として公開をしました。

たつの観光駐車場に着いて歩いて10分、「昭和レトロ情景館」に到着。
一階の入り口にドーンと「戦艦長門」の、全長2mもある巨大な模型がありました…これも手作りで造ったそうな…

2階に上がって扉を開けると2階一杯に広がる広大なジオラマに圧倒される…

昭和時代のたつの市をイメージして、なんと10年かけて完成させた巨大なジオラマです

これは姫路駅にあった「操車場」をイメージして「旧国鉄東龍野駅」に設置

DSC_7156.jpg
この操車場は、私が幼稚園の頃まで姫路駅に確かにあって、よく観に行っていました

そしてこれらの列車は全て動くそうです…(凄い)

パチンコ屋さん
DSC_7087.jpg
立って打つパチンコ台が懐かしい

映画館だ
DSC_7085.jpg
ゴジラ映画の看板が懐かしい…

検問中です
DSC_7034.jpg

「俺の新車、カッコいいだろう?」
DSC_7074.jpg
スバル360SSバンだ!
今走っていたら超レアな車!

受付で貰った説明書にはこう書かれていました

「ジオラマを見る時はゴジラ目線ではなく地上目線で!」

確かにその目線で見るとイイ感じだ!

DSC_7152.jpg


イイなァ~
ジオラマの世界に入り込んだようです


何かに憑りつかれたように私とN隊員は写真を撮り続ける

やがてご主人のアナウンス「今から10分間、列車を動かします」
説明書には毎時0分に10分間、ジオラマの鉄道を運行するみたいです



続く


  1. 2018/07/08(日) 17:17:20|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

見えないところで頑張っている

今朝、8時に小学校敷地にある、スポーツ振興団体のクラブハウスに行きました
明日予定されている、校区自治会の「グランドゴルフ大会」に向けて、参加賞や優勝者・ホールインワンした人への景品を買いいにったり、参加者の組み合わせ表を作成したりと準備でやってきました。

※グランドゴルフ…日本で高齢者向けに考案されたスポーツの一種で、パターゴルフの変形判と思ってくださっていいと思います

クラブハウスで明日の準備作業をしていると、小学校の体育館内の照明が点灯しているのに気付く…

たしかこんな雨に、館内でスポーツ活動している団体が居るのかな?と思いながらも気にせずに居たのですが、夕方自治会長に話をしたら、「ああ、それは避難所になっている体育館に市の職員が2名昨日から詰めているんだよ」と言っていた。

私の校区の小学校体育館は、災害の時に避難所として指定されていたのでした。
幸い、我が地区はこの雨で避難勧告や指示は出てなかったので、体育館に市の職員が2名昨日から寂しく詰めていたとは、地区の住民のほとんどの人は知らいんだろうな…

仕事とはいえ市の職員さんも大変です

見えないところで頑張っている人を称えたいです…

植物園で撮った写真です
花壇に植えられた花より人目に付かない野に咲く花の方が美しかったりして…

DSCF7564_20180707210654090.jpg


明日は雨が上がっても、グラウンドコンディションで多分「グランドゴルフ大会」は延期になるだろうな

延期になったら昼から写真散歩でも行こうかな…



  1. 2018/07/07(土) 21:13:56|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

諸行無常!Ⅱ

飛び出し坊やの「とび太くん」ストラップがまた壊れた…

5月にこのストラップを付けて二日目に左腕が無くなり
リンク⇒前回の日記

そして昨日、今度は左足が…
無くなってから奇跡的に左足が見つかりました
会社の休憩室に落ちていたそうです…


やはり「立体」は壊れやすいのか…

ということで滋賀県に行った時に同時に買っておいたキーホルダー
こっちのほうが平面なので付け替えることに

DSC01226.jpg

2本のラジオペンチでリングを外して交換

DSC_6987.jpg

こ2ヵ月の短い間だけど頑張ってくれた「とび太くん」ありがとう

次の「とび太くん」頑張ってください



  1. 2018/07/05(木) 21:24:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

単焦点レンズについて

今回も独り言なのでテキトーに流してください
(泡盛をチビチビしながら書いています)

デジタル一眼に替えてからズームレンズ主流でやってきましたが、最近は単焦点がメインになってきた

IMG_20180701_130626.jpg

何故だろうかと考える
昔CONTAXやNikonのF801なんかを使っているときは、レンズは全て単焦点でした。
それでも撮影に不自由はほとんど感じませんでした。

ある人は言う

「撮りたい写真でレンズを選ぶのではない。
そのレンズで撮れる写真を撮る。
こう考えないと単焦点なんて使っていられない」


たしかに正論だ…


ネットでは「写真が上手になりたかったら単焦点を使おう」なんて言っているところがありますが
根拠がよく見えません…
確かに単焦点は、ズームレンズに比べて焦点距離に合わせて自分の立ち位置を変える必要がある、しかしただそれだけの差です、原則的に。
自分の立ち位置を変えることと写真の上達とは何の関係もない事

だったら単焦点を何本も揃えずに高性能なズームを買った方が簡単に高画質な写真を撮れそうな気もします

では何故私は単焦点を使うようになったのか
それは自分でも良く分かりません

しかし単焦点を使っていると何故か

「撮ったどー!」

という気持になります
※「獲ったどー!」はよゐこです(笑)

自分で体を動かして立ち位置を変えながらズーム以上に意識を集中して撮る
勿論、単焦点ならではのシャープ感はズームでは中々味わえないのも確か
これが単焦点レンズの醍醐味かな…
特にマニュアルフォーカスの単焦点は使い心地がイイ
私は単焦点を4本所有、そのうちのTOKINAの17mm(友人から借りパチ)とNikonの55㎜MicroがオールドMFレンズです
カメラ本体の露出計が信用ならないときはスマホの露出計アプリを使ってMモードに拘って撮る
失敗作でも「仕方ねえなあ」
たまにホームラン的な素晴らしい写真が撮れる場合もある
それがズームで撮った写真を上回ることが多いのも事実です

プロの方がこれを読んで「素人が何言ってんだ」と思うかもしれません

あくまでも写真の楽しみ方、優先順位は人それぞれです

従って私の考えは一般的に正論では無く、個人の想いを言っているだけなのであしからず~


  1. 2018/07/04(水) 21:47:31|
  2. レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ 次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (509)
写真散歩(兵庫県) (284)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (349)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる