fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

竹中大工道具館② 道具を生かす

使い込まれた道具たちが展示されていました

DSC_8071.jpg

DSC_8069.jpg

今でもすぐに使えそうに先端が鋭利に研がれていました
DSC_8128.jpg

DSC_8066.jpg


これは鉋(かんな)の刃
「神雲夢」って彫られている
DSC_8149_20180818205231738.jpg

後で調べたら伝説の名工、千代鶴是秀(1874-1957)による刃らしい
刀で言うと「政宗」「宗近」といったとこか…

その刃を鍛える、鍛冶場の「火床」が再現されていた

DSC_8117.jpg



これはヨーロッパの大工道具らしい

DSC_8135_201808182052281b4.jpg

使い方がよく解らん…


「最後の宮大工」と言われた西岡常一さんが言っていた言葉を思い出します
「道具を見たら腕がわかりまっせ。一番大事なものをどう扱っているかをみれば、その人の仕事に対する心構えが見えますな。」
そんな大工の心意気が溢れた展示が多かった

DSC_8144.jpg

DSC_8059.jpg

DSC_8074.jpg


竹中大工道具館、中々良かったです
神戸のオフィス街の真ん中に緑に囲まれて造られております

DSC_8159_20180818205234db1.jpg


都会の喧騒を忘れそう
見上げると超高層マンションが
DSC_8156_20180818205232d56.jpg

手作りのチェアに座ってしばらく休憩

DSC_8142.jpg


滞在時間は1時間半
時間を忘れるほど撮影にのめりこんでいました

IMG_20180817_115811.jpg

また近いうちに、今度は入館者が少なさそうな時期を選んで寄ってみようと思う
今回は夏休みで家族連れが多かった…




  1. 2018/08/18(土) 22:37:30|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

竹中大工道具館① 匠の技

神戸にある「竹中大工道具館」に行って来た

DSC_8095.jpg


ここは竹中工務店が、近年電動工具が急速に普及し「このままでは伝統の大工道具やそれを使った大工の技が途絶えてしまう」という危機感が広がり、日本全国から大工道具を集め、大工の技を含め世に残そうと開館したのでした

法隆寺五重塔のミニチュアです
DSC_8062.jpg


特に驚いたのは「木の組子細工」

DSC_8089.jpg

離れてみると山などの風景画のようですが近づいてみると六角形をはじめあらゆる幾何学的文様を組み合わせた組子細工であった!

DSC_8090.jpg

色々な文様を組み合わせて色の濃さを表している
しかも全て手彫りだ!

DSC_8093.jpg

DSC_8107.jpg

凄い!まさに「匠の技」



その横では建設中の茶室を構造がよくわかるように「スケルトン」状態で展示してあった
靴を脱いで狭い茶室の中に入らせてもらいます
DSC_8083.jpg

DSC_8099.jpg

スケルトンなので、どこにどんな素材を使用しているのかよく解ります

DSC_8097.jpg

DSC_8105.jpg


いいね~「竹中大工道具館」
周りは子供連れの家族ばかり、大工道具を真面目に体験しながら学んでいる子供たちの間でバシバシ写真を撮っている不真面目なオヤジでした

続く



  1. 2018/08/18(土) 07:29:07|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

当たり前のことに感謝

今日の午前中に眼科に定期健診に行って来た

4年前に緑内障となり、両目の水晶体を人工のレンズと入れ替える手術を受けました
早く気付いて視力が落ちないうちに処置できてよかったと思う、医者によると「あと半年遅れたら失明する可能性があったよ」らしい…
去年は角膜の濁りをレーザーで焼き切る処置も受けました
今日の検診は問題なし、おかげで視力も両目が1.5です

もし視力に影響があったら今頃写真なんて趣味で出来なかったろうな
今でもカメラを持って出かけられるのも、眼科で定期的に検診を受けているからだと正直思います

目が見えることのありがたさ


禅語に「無我(むが)」という言葉があります

煩悩の根源である自我の念を捨てることにより、すべての執着より離れ、融通自在な境地になること(金剛経より)

自我の念を捨てる…
「それは当たり前のことに感謝することから始まることなんじゃないですか」と、以前から親しくさせてもらっている舞鶴のあるお寺の副住職が言っておりました。

DSC01035_20180817154247fca.jpg

実は今日は誕生日でした(55歳)
写真を撮る楽しさに感謝した誕生日でした





  1. 2018/08/17(金) 15:45:13|
  2. 仏教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝の東大寺二月堂

東大寺の二月堂にて

DSC_7957.jpg

朝の8時くらいに到着
このときまだ私たち以外に拝観者はおりませんでした

DSC_7907.jpg

この時のレンズはMFマクロ55㎜単焦点一本勝負です

石段を登りきったところ
振り返るとに大仏殿の屋根に鴟尾(しび)が金色に輝いていした
DSC_7932.jpg

DSC_7944.jpg

このシュチエーション、普通のレンズなら灯篭が黒潰れしそうですがこのレンズ、何とか粘ってくれました
DSC_7959.jpg

この木の擦れ具合をみると長い年月を感じます
DSC_7955.jpg
木の質感もリアルだな、このレンズますます気に入りました
全てJPEG撮って出し無加工です

堂内に入ってお参りします、般若心経を唱える

徐々に拝観者が増えてきました
DSC_7979.jpg

DSC_7975.jpg

二月堂を出ると雨が降ってきました
参道で振り返って二月堂を見上げる
DSC_7986.jpg

今日は雨が降ったり止んだりして不安定な天気でしたが、雨に濡れる二月堂も風情があって良いもんです




  1. 2018/08/16(木) 18:24:03|
  2. 寺巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「リポビタンD」~ネーミング考

カミさんがせっせせっせと集めている「リポビタンD」のシール

IMG_20180815_085610.jpg
なんでも布団乾燥機を狙っているらしい…
私が今集めている「ホームランバー」よりも先に応募できそうです(今近所のスーパーに売っていないので中断中)


しかしこの「リポビタンD」を含め、製薬会社のネーミングは調べると面白いですね

この「リポビタンD」のリポビタンは脂肪分解を意味するリポクラシスとビタミンの合体させた造語らしい、そしてDは先に生まれた滋養強壮ドリンクが「タウローゼC」だったので続いてDとなったらしい

古くは殺菌効果のあった薬「クレオソート丸」を日露戦争の間に多くの兵士に呑ませるために意識高揚の命で4年間「征露丸」と名付けた記録がある

ちょっと前なら
「パブロン」…風邪薬、英語でPAN(全て)とBRONCHIAL(気管支)からの造語
「コンタックス」…風邪薬、英語のCONTINUOUS ACTION(持続性効果)からの造語
「ルル」…風邪薬、英語のLULL(鎮める、和らげる)から
のような英語からきたネーミングが多かったのですが

現代では
「ズッキノン」…頭痛薬
「ナイトミン」…不眠薬
「ワキガード」…腋に塗る制汗剤
「ヨーデル」…便秘薬

と名前を聞いただけで効果が分かる、あるいは笑ってしまうネーミングに変わりつつありますね

一度、各製薬会社の「ネーミング企画会議」に参加してみたい!



以下想像…

ある便秘薬の企画会議
部長「みんな新しいネーミングを考えてくれ」
A「サラっと出ることを想像して『サラットD』はどうでしょう?」
部長「他社で『サラリン』があるからまずいな」
B「よく便が出るか『ヨークデル』はどうでしょう?」
部長「他社で既に『ヨーデル』があるだろうが!」
C「一気に出るから『イッキデー』は?」
D「久しぶりに出るから『ヒサシブリ』は?『ブリ』はブリっと出ることと掛け合わせて」

くだらない独り言でスイマセン…






  1. 2018/08/15(水) 09:32:58|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Sculpture

カッコ良くタイトル付けましたがスカルプチャー、彫刻のことです

DSC_7860.jpg

姫路市美術館にて
昨日次男を自動車教習所に送って教習が終わる2時間、図書館で本を借りたついでに隣接する美術館へ寄ってきた

DSC_7837.jpg

美術館は生憎、改装のため休館中
中庭の彫刻群を撮る
DSC_7865.jpg

街を歩く人をスナップに納めることがありますが、やはり気を使います
しかし彫刻はいくら撮っても文句を言いません(そりゃそうだ)
DSC_7855.jpg

この赤レンガ造の美術館は、姫路陸軍兵器支廠(のち第十師団兵器部)の西倉庫として1905年に建築、1913年に増築されたもので、敗戦後に姫路市役所として利用したのちに美術館として再生利用したものらしい(Wikipediaより)

DSC_7842.jpg

真夏の炎天下ですが、私と同様に赤煉レンガの建物を撮っている人が2名いました
この建物群は後で調べたら、国の有形文化財にも指定されており意外と有名だったんだ、姫路市民としては知らなかった(見慣れているしね)

DSC_7849.jpg

日陰に入るとホットします
DSC_7882.jpg

暑い日が続きます
ちょっとした合間に写真散歩に出掛ける日々です


  1. 2018/08/14(火) 08:35:02|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

写真家たちのポートレートを真似て

ポートレート写真やってみました

DSC_7872.jpg
心霊写真ではありません(笑)

美術館にいったら改装中で閉館
仕方なしに周辺を撮ったついでに美術館の窓でパチリ…



1950年代のフォトグラファーたちがよくやっていました
アメリカではヴィヴィアン・マイヤー
ヨーロッパではエルスケン
街角の鏡やショウウインドウなどで自身を写した彼らのポートレート写真は有名です

a0212807_22505726.jpg
エド・ファン・デア・エルスケン(ネットから拝借)
Vivian-Maier.jpg
ヴィヴィアン・マイヤー(ネットから拝借)



やっぱりノーファインダーでは上手く撮れませんね



  1. 2018/08/13(月) 21:44:53|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

唐戸市場で巻きずしを

「唐戸市場に行くなら美味しい海鮮を食べて来たら?」というカミさんの言葉

「高倉健なりきり」写真を撮影しに唐戸市場に行きました
撮影の合間に市場内に入る
しかし平日の朝8時前のためか、市場内はガラガラ

DSC01234.jpg

DSC01244.jpg

少しお腹が減りました、まだ朝ご飯を食べていなかった
市場内に3軒ある海鮮料理の食堂は、開いているのは1軒のみ
観光客はそこで朝ご飯を食べようと集中し満席、食堂外にまで行列が…

そんな状況のためか、多くの観光客が市場で買った刺身などを休憩所で食べている
大学生たちと思われる集団が、市場で買ったふぐ刺しなんかを肴に地酒を呑んでいやがる…(羨ましい)
おっと私は車で来ているんだと言い聞かせて自分も市場に行って食い物を探す

店先に並んでいるは数少ない、どの店も「もうちょっと待ったら今朝上がった魚が来るよ」との言葉

DSC01239.jpg

こちらもあまり時間が無いので結局買ったのは、市場内の御惣菜のお店での巻きずしだ
でも滅茶苦茶旨かった

IMG_20180809_082228.jpg

カミさんにこの写真をLINEで送ったら「唐戸市場で巻き寿司とは、あんたらしくていいわ(笑)」の返事が…

DSC01238_201808130840533cc.jpg

今度行った時は(行くこともないかもしれないが)きっと海鮮料理をたらふく食べよう…



  1. 2018/08/13(月) 08:49:01|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山口県観光地めぐり

下関から姫路に帰る際、高速に乗るまでに幾つかの観光地を見て回りました
「金子みすゞ記念館」以外に行ったところを紹介します


まずは「角島(つのしま)大橋」
DSC_7728.jpg

平日に関わらず、橋を見渡せる展望台はほぼ満車
沢山の観光客がきていました
「ここは生活道です、道の真ん中で座ったり、車を停めるのは道路交通法違反です」
の看板が…
やはり道路を渡る途中で立ち止まって写真を撮る人や、展望台よりさらに高い位置にある住宅地に集まっているグループなど、路上駐車も多く見られてマナーの悪さが浮き彫りになっている観光地でした

DSC_7721.jpg
立ち止まらずに歩きながら撮りました、明るかったのでぶれずでよかった

でも景色は素晴らしい!


「別府弁天池」です
毎分1トンの水が湧き出ている名勝でとにかく水が透き通って底がよく見えている

IMG_20180809_130506.jpg
スマホで撮影

見ているだけで癒されます

DSC_7803.jpg

広角レンズを持ってくるべきでした(このとき55㎜の単焦点)

DSC_7817.jpg

まさにエメラルドグリーン

DSC_7811.jpg

DSC_7819.jpg

この弁天池を守る神様として「別府厳島神社」があります
DSC_7805.jpg

本当は下関で「高倉健さんなりきり」したらすぐに高速に乗って帰るつもりでしたが、カミさんからLINEで「せっかく来たんだからアッチコッチ寄って帰りなさい」と指示を受けた為、帰り道で目についた観光地を巡ることに。でも結局その日のうちに姫路へ帰れたのだから行ってて良かったです。


家に帰って車のメーターを確認すると1,026km、時間は約23時間

翌日は体のアチコチが痛くなっていた
プチ「エコノミー症候群」になったのか…
若いころはこれくらい走ってもへっちゃらだったのにね…
少し歳を感じた突貫ツアーでした

終り

  1. 2018/08/12(日) 06:18:43|
  2. 写真散歩(兵庫県外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

金子みすゞ記念館

みんなちがって みんないい


見えぬけれどもあるんだよ、
  見えぬものでもあるんだよ


こだまでしょうか、 いいえ、誰でも




東北の大震災時にCM(ACジャパン)でよく目にした金子みすゞの詩

私は金子みすゞの詩集を2冊持っていて、時々読み返したりしています

50過ぎの「髭面・丸刈り・強面オヤジ」が詩集なんてと思う人もいるでしょうが、金子みすゞの詩集には仏教の教えに通じるものがアチコチに見られるので、私は好きだ

その金子みすゞの出身地が長門市にあり、生家が「金子みすゞ記念館」として公開されていると知って、下関ツアーの帰り道で寄ってきた


みすゞの生家は本屋と文房具を売っている「金子文英堂」というお店だった
そのお店を立て直して記念館としてリニューアルしています


2階にはみすゞが詩を書いていた部屋が残されていました

DSC_7753.jpg


机に上には詩集の「赤い鳥」
今年は創刊して100周年に当たるとか

DSC_7755.jpg

古い黒板が残されていました

DSC_7766.jpg


蓄音機です、みすゞがこれで音楽を聴いていたのか

DSC_7758.jpg

1階売り場の帳場に置かれたペン
この写真だけモノクロにしたくなかった
DSC_7768.jpg

外に出る
記念館の入り口に「金子文英堂」の看板が
DSC_7737.jpg

記念館の前の道は現在「みすゞ通り」として町おこしをやっているそうな


町のアチコチにみすゞの詩が飾られている

DSC_7780.jpg

これはお店ではなく、一般の住居にぶら下げられているところを見ると、いかに住民たちにも愛されてきたかよくわかります

これから下関から帰る途中で寄った観光スポットを紹介していきますね


  1. 2018/08/11(土) 12:07:19|
  2. 写真散歩(兵庫県外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (509)
写真散歩(兵庫県) (284)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (349)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる