fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

榎本武揚と土方歳三

久々の歴史ネタです
写真ネタが尽きたら仏教/歴史ネタで繋げる私…

DSC_4350_20190522165051dad.jpg

幕末に幕府海軍を率いて新政府軍に抵抗、そして明治時代は新政府で大臣を務め、外交を担った榎本武揚(えのもとたけあき)について最近読んだ本で興味を湧きました

彼は「近代の扉を開けた男」と私は考えている

yjimage_20190522165052540.jpg
榎本武揚(ネットから拝借)


幕府軍最後の砦となった函館

五稜郭に立て籠もり、一緒に戦っていた元新選組の副長だった土方歳三と何度も意見対立したらしい…

結局土方は、五稜郭を包囲していた新政府軍に突入して戦死
「これまで死んでいった新選組の仲間たちの為に死なずしてどうする」という古い考えだった

榎本は逆に新政府軍の降伏勧告を受けて入れ降参、そして東京に送られ監獄に入れられる…


新政府内部の薩長閥の連中は「すぐに死罪を」と強調したが、榎本が持っていたある本を巡って助命嘆願をした者が現れる

その本は『万国海律全書(ばんこくかいりつぜんしょ)』というオランダ語の本2冊で、当時の万国の「海上国際条規」として公海上での規律などを表した、「海上の法律書」のようなもの

yjimage_20190522165045850.jpg
「万国海律全書」(ネットから拝借)

榎本は戦火でこの本が焼けるのは後世への損失と考え、なんと敵軍の新政府軍参謀に送ったのだった
これを受け取った新政府軍の黒田清隆が東京にいる旧知の福沢諭吉に翻訳を依頼、すると福沢は、この本の冒頭数ページを訳しただけで黒田に返却、こう伝えた
「この本を本当に訳せるのは実際に和蘭(オランダ)にて講義を受けた榎本のみ」と…
そして「この本の翻訳を榎本に頼めないのは新政府として非常に残念なり」


そこで黒田は行動に移す
なんと丸坊主となって新政府に助命嘆願の運動を興す、そして榎本は死罪を免れ刑期を終えて出獄することが出来た

無題
丸坊主になった黒田清隆と福沢諭吉(ネットから拝借)


ここで榎本自身が、函館で腹を斬って自害、もしくは新政府軍がその場で打ち首していたら、戦国時代というか「近世」のままだった
ちゃんと法の下で刑期を務め、出獄した後は新政府に出仕し、ロシアとの樺太交渉などで外交成果を上げて大臣にもなった

それを認めた新政府もまさに「近代」
明治初頭、国家を強固にするためには有能な人材を次々に登用する必要があった、オランダで海洋軍事に関することを学んだ、元幕臣だった榎本を活かすことも必要だったのでしょうね

この榎本武揚、福沢諭吉、黒田清隆の3人の役者が、近世から近代の扉を開いた言って過言が無いと私は思う…

DSC_4718_20190522165048999.jpg


そう考えると土方と榎本の違いも面白い

思想が「近世」のままだった土方
対して法が治める国家の扉を開いたと言える「近代」の榎本・黒田・福沢…

DSC_4342.jpg
今回は使える写真が無かったので「明治」っぽい写真を幾つかチョイス


歴史って面白い



スポンサーサイト



  1. 2019/05/22(水) 17:12:30|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (511)
写真散歩(兵庫県) (284)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (349)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる