fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

私の一枚 ② 鹿はやはり神の使いか

今回紹介する「私の一枚」は早朝の奈良東大寺

今から7年前の桜の季節、朝3時過ぎに家を出て車をかっ飛ばし夜明け前の奈良東大寺に到着
朝陽に照らされる枝垂れ桜を撮ろうという魂胆でした

いつも狙う東大寺三月堂(法華堂)に向かう参道脇にある枝垂れ桜…

朝陽に照らされる枝垂れ桜を撮った後石段を下りようとしたときになにやら後ろに気配が…
振り返ると一匹の鹿が枝垂れ桜の下で佇んでいるではないか!
なんか神々しくて思わずシャッターを切った写真がこれ


DSCF1826_20200716182905da1.jpg
Fuji:FinepixS3Pro Nikon:AF18-55mmVR


奈良では

「鹿は神の使い」

なんて言われていますが、まさにそう感じた瞬間でした…


鹿に出会う前に撮っていた写真がこの2枚
朝陽が枝垂れ桜に差してきました

DSCF1834.jpg
Fuji:FinepixS3Pro Nikon:AF18-55mmVR

朝陽をバックにあえて逆光ぎみに撮る
まさに「燃える枝垂れ桜」だあ(と一人で感動)

DSCF1837.jpg
Fuji:FinepixS3Pro Nikon:AF18-55mmVR



そして別の時期に同じように早朝誰も歩いていない東大寺参道を撮っていたら
この時も同じように鹿さんが現れた
石段の向こうは国宝「三月堂(法華堂)」

DSCF0318_20200716182941c92.jpg
Fuji:FinepixS3Pro TAMRON:AF17-50mm/f2.8 VC


イイ感じだぁ
鹿さんが入ったこの2枚は、DPEショップ(カメラのキタムラ)でA4高画質プリントしてもらい、しばらくの間リビングに飾りました
プリントを受け取る際、店員から「イイ写真をお撮りになりますね」なんて言われて嬉しかった思い出が


こんな感じで早朝の奈良東大寺を撮りによく行っていました

今は早起きが苦手になって(歳だからか?)早朝の奈良なんてとても…



「私の一枚」と言いながら今回は2枚紹介してしまった







  1. 2020/07/16(木) 18:42:24|
  2. 私の一枚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

「意識」が大事

体重計が壊れたのAmazonで買い、一昨日届きました

タニタの体重計で安いほうのやつです(2,000円代後半)

IMG_20200713_181929.jpg
スマホで撮影

体重計をAmazonで探していると、スマホへデータを飛ばしてスマホ内で体重データを管理するような体重計が多かったのには驚きました、進化してるんですね
実は私は毎日の体重データをPC(Excel)でグラフ化しているのでそんな機能はいらない、ただ体重を測るだけでイイものを探して選びました

IMG_20200713_200729_20200715182950812.jpg
スマホで撮影 詳細はお見せできないので少しだけぼかしています

「別にダイエットしていないので体重をグラフ化なんてしなくていいじゃん」
なんて言われても当然かもしれないけど、体重を残すことで「意識」を続けることで暴食しそうになっても「このへんでやめとくか」なんて思うようになったのは事実です


実は使ったお金も「小遣い帳」として記録を残しています、「いい歳なのにお小遣い帳なんて」と笑われるかもしれませんが
ガソリン代、食事代含め日々使っているお金もまめにExcelで記録しグラフ化することで「こんなことで無駄に遣っていたのか」なんて思うようになり、以前に比べて無駄遣いが減ったような気がします

DSC_6619_20200715183849715.jpg
近江八幡にて


やはり「意識する」ことが大事ですね










  1. 2020/07/15(水) 18:39:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

私の一枚 ① 職人のドヤ顔

最近フジフィルムのHPで「一枚の写真の力」なんてのを見つけてよく眺めています

「一枚の写真の力」⇒リンク

写真家に限らず、各界のクリエイターたちが「一枚の写真」を選んでそのエピソードにまつわるお話を披露しています
その写真は、別に高画質や凄い構図などの写真はあまりなく、ボケボケの写真も多い
でもどれも説得力があって引き込まれるものばかり


私はVol.33のみうらじゅんさんの回で、最後の方でみうらじゅんさんが語った言葉

ほかの人からしたらどーでも良い写真じゃないですか
俺にしか意味のない写真
そこにこそ意味がある


に惹かれました


では私の撮った中で好きな写真の一枚目はこれ

西脇市にある「播州織工房」
播州織とは、兵庫県西脇市を中心とした地域で生産される綿織物で江戸時代から始まったと言われています
そして現存する古い織機をメンテナンスして現代でも稼働させる職人さんの写真です

DSC_2136_202007131836496ca.jpg
NIKON:D7000 Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5


私が訪れた時にトラブル発生
何処かで糸が切れたようだ…

でも職人はすぐに糸が切れた場所を特定して修繕
織機はまた「カチャカチャ」と元気に動き出す
修繕を終えて「どうだ」と言わんばかりのこの職人の「ドヤ顔」がイイ!
※私がカメラを向けていたのを知っていてカッコつけたのかな?と思ったりして(ここだけの話)…

その時の日記⇒リンク

その時はオールドマニュアルフォーカスレンズだったのでピントがズレまくっていますが私の好きな一枚になりました

でも後で「もっと高画質にピント合わせて撮っておけばよかった」なんて思いもしませんね

これはこれでイイ!

こんな感じで、ネタがないときは写真紹介でもしていきますね




  1. 2020/07/13(月) 18:41:10|
  2. 私の一枚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

猫撮り

昨日の散歩で見かけた猫
猫撮りはあんまりやったことがなかったけど、逃げなかったのでツイツイカメラを向けました

DSCF3076.jpg


私が撮っているのを知っているはずですが動こうとはしない
中年のご夫婦が私が猫を撮っているのみて、同じようにミラーレス一眼で撮りだした
ふとそのときに顔を上げたが目を閉じたままだった

DSCF3083.jpg

寝ぼけているのか、あるいはもしかして目が見えないのかも…


DSCF3084.jpg


IMG_20200711_095615.jpg
スマホで撮影

猫さん
お休みのところ邪魔してすまなかった


DSCF3040.jpg

雨が再び降り出しました

DSCF3039.jpg


傘を車の中に置いてきたのでここで退散することにしました





  1. 2020/07/12(日) 00:14:45|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

雨の日は彫刻を撮りに

雨が降ったり止んだりしていましたが行ってきた
姫路城すぐそばの姫路市立美術館です

庭に点在する屋外彫刻をメインに撮ってきました
DSCF3043.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G


なんか水槽のようなものに水を溜めてが並べられています
DSCF3044.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G

後で調べたら、夜に水槽の底に設置されたLEDでライトアップするそうだ…

ちなみに今日のカメラはフジのfinepixS3Proとニコンンの古いレンズの組み合わせ
雨の「しっとりした感じ」を写し撮れたらなあと思い選びました

殆どがJeg撮って出しで無加工です

DSCF3052.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G

イイ感じだあ
16年前のカメラとは思えない、まだまだ現役で使えます…


ここで私が気になっている彫刻を撮る
タイトルは「花束」

DSCF3047.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G

花束を持った女性が対に向き合って2体置かれています

DSCF3048.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G

DSCF3057.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G

ここからオールドMFマクロレンズに切り替える

DSCF3056.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AiMicro55mmf2.8s

DSCF3071_20200711120236eff.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AiMicro55mmf2.8s

イイ感じです

この組み合わではピントは勿論、ISO・絞り・シャッタースピードなどを全て自分で決めないといけなくて「露出計買おうかな?」なんて思っていたけど、最近は直感で決めて撮っても失敗が減ったので、「別に買わなくてもイイかな」なんて思い始めたりして…


帰りに塗れた草花を撮りました

DSCF3091.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AiMicro55mmf2.8s

DSCF3095.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AiMicro55mmf2.8s

短時間だったけど久々に撮影に集中できて楽しかったなあ

最近はD7000よりもこのfinepixS3Proの出番のほうが多いようです
今度は久々にRAWやってみよう







  1. 2020/07/11(土) 11:46:43|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「知恵」と「智慧」とロウソクの火

ネタがないので仏教ネタです…
長ったらしいので、テキトーに流してね

よく法話や仏教関連の本で見かける「智慧」って言葉
普段「ちえ」と聞くと、普通は「知恵」を思い浮かべるの人がほとんどではないでしょうか
けれども仏教では「智慧」と書きます

同じ読みですが仏教では両者を全くの別物として考えています
では知恵と智慧ではどう異なるのか

DSC_4554.jpg

まず知恵とは…
物事について考え判断したりする頭の働きです
「こいつ中々知恵が回るやつだな」とか、「知恵者」とかよく使われていますね
あるいは「知恵をしぼる」とか「知恵が回る」とか…
良くも悪くも的確に計算をする頭の働きが知恵というわけです


一方の智慧…
仏教用語としての智慧は、「真実はどうなのか」を考える頭の働きを指す。
物事の真実、たとえば幸せとは何だろうかとか、欲とは何だろうかとか、本当のところを考えて見抜いていこうとする頭のはたらきを智慧と呼びます


これは詐欺などで儲ける悪徳業者を例えてみればよく分かります
頭を絞って相手を騙す
言い悪いは別として、これは所詮「知恵」の範囲を出ない
しかし「智慧」は、金を騙し取ることで本当に幸せになれるのか?それは幸せではなくただの「欲」なのではないか…
そういった「先にある真実」を考える頭のはたらきを「智慧」と読んでいるのです

つまり端的に考えると
知恵は、損か得か?
智慧は、真か偽か?そしてそれによって幸せになれるのか、不幸になるのか…

DSC_4536_20200709201221740.jpg

そして蝋燭(ろうそく)が「智慧の象徴」と仏教では考えられています
それには蝋燭が「暗闇を照らす」という機能を有していることが深く関係している

仏教において「暗い」ということは、単に明るさの低さを意味するだけではなく、「真実を知らない」あるいは「真実について考えない、目を向けない」ことをも意味します
そうした人生を、歩くべき道がわからずに「暗い」と表現する
つまりどう生きればいいのか分からないこの人生で、智慧は進むべき道を照らし出してくれる灯火の如き存在であるというわけです
そういうことで「蝋燭の火」は智慧の象徴だと考えられているのであります

DSC_4547_202007092012224dd.jpg


キャンプなんかで炎をじっくり見ていると何故か惹き込まれる感覚に陥ってしまう
YouTubeなんかでは、ただ単に「焚火だけ」をアップしているのがあって、それが何故か人気だとか…

これは暗闇を照らす炎が「真実を照らす」ことを無意識のうちに感じた人たちが惹き込まれていくからだろうか?なんて考えたりして…

私も「火」が好きです
最近はやっていないけど、キャンプに行ったらボーっと火を見ているのが好きです

別に智慧はないヤツなんだけど…









  1. 2020/07/09(木) 20:16:34|
  2. 仏教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

七夕…我慢強い織姫と彦星

今日は七夕だ

七夕ったら子供の頃の思い出で、町内の子供会の催しで、短冊に願いを書いて笹の葉に吊るしたものです
そして子供会のお母さんたちが作ってくれたソーメンをみんなで食べて、公園で色々なゲームや紙芝居を楽しんだものです

そして七夕では年に一回だけ、天の川を挟んで織姫と彦星が会うことが出来ると言われてますね

しかし実際の天体で考えると、織姫(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)の距離が約16光年もあるという…

お互いがメール(あるいはLINE)で意思疎通をしようとしても16年かかる

DSCF2312.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G


凄まじい「長距離恋愛」ですなあ…

今日七夕の夜空は雨が降っているんで今年は星なんて見ることは出来ません

そろそろ遠くへ写真散歩へ行きたいなア
夏らしい写真って画像ストックを見返してもあまり撮っていなかった

DSCF2311.jpg
FinepixS3Pro Nikon:AiMicro55mmf2.8s


しかし彦星と織姫さんは、年に一回しか会えないし、メールを飛ばしても16年かかるなんて二人して相当我慢強いお方たちなんでしょうかね…

郷ひろみの歌「よろしく哀愁」の歌詞

会えない時間が 愛 育てるのさ

をチョイ思い出した

「いらち」(関西弁であわて者・せっかちという意味)の私だったらまず無理だな…







  1. 2020/07/07(火) 19:40:49|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

グランドゴルフ・ペタンク大会

本日地区の小学校で開催されました

IMG_20200705_100456.jpg

試合開始は9時でしたが、本部役員でグランドゴルフ責任者の私は朝6時半から小学校に赴き準備に追われていました
特に今年はコロナ感染拡大を防ぐために

・運営役員のフェイスガード着用
・手の消毒
・試合が終わるたびに貸出し器具の消毒
・出場者のへの問診票を前もって配り当日回収、忘れてきた人はその場で体温を測る
・受付の机の配置を考慮
・コース設定(今回のグランドゴルフは8ホール)も人がなるべく近づかないように間隔を広くとる
・3蜜を防ぐために開会式・閉会式無しで、終了後は賞状や景品を渡したら即解散

など例年にないような事を注意しながら進めました

IMG_20200705_093143.jpg


特にグランドゴルフは参加者はお年寄りのチームがほとんどだったので気を使いました

IMG_20200705_100652.jpg

無事に大会は11時には終了
そのあと家に帰って昼ご飯を食べて昼寝、さっき起きました…

今回は屋外競技だったので姫路市も許可を出したんでしょうね
屋内(体育館)開催のママさんバレーボールは今年は中止となりました



さあ次の大きな地区のイベントは「秋祭り」
しかしこの辺りで有名な「灘の喧嘩祭り」は先日中止が決定したことなので、多分私の地区もそれに倣って…

祭りが無かったら体も楽ですが、チョイ寂しいような気もする…









  1. 2020/07/05(日) 17:21:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夜泣き地蔵

今日の早朝散歩

私のマンションから直線距離で500mくらいの場所にある「夜泣き地蔵」さんです

DSCF2992.jpg

江戸時代の宝暦10年(1760年)に編さんされた、この辺りの地誌である『播陽万宝知恵袋(ばんようまんぽうちえぶくろ)』には記載されているお地蔵さんです
それによると室町時代に敵討ちの武士に父を殺され、母を奪われた乳飲み子が、母が崇拝していたこの地蔵さんに夜な夜な乳を飲まされ泣いていたと記されており、後世はお乳の出ない女性や子宝を願う人々の信仰を集めたと言われています

風化が進んでもうお地蔵さんの輪郭しか残っていません
まさに「諸行無常」…

DSCF2996.jpg

このお地蔵さんの足元にはたくさんの厄除け地蔵が奉納され、並べられています

DSCF3000.jpg

みんな微妙に表情が違うんだなア…

DSCF3001.jpg


DSCF3008.jpg

夜泣き時地蔵の他にも色々な石仏が祀られています
DSCF3023.jpg

この女性のお方(石像)はいつも気になっている
道祖神の片割れか?それとも八幡神のような神像(女性神)か…
DSCF3009.jpg


その向かいには「鞆田(ともだ)神社」があります
DSCF3018.jpg

雨上がりなので空気がしっとりしています…

DSCF3014.jpg

DSCF3017.jpg




帰りに寄ったいつものコーヒー専門店に2週間ぶりに入る
7月になったばかりで、2か月ごとの月めくり「仏像カレンダー」が変わっていました

何処かで見たお方(仏像)ですが、思い出せない…

IMG_20200704_070721.jpg
スマホで撮影

私が悩んでいるような表情を見てかマスターが
マスター「西大寺の文殊菩薩です」
私「そうか本堂を入って左側にいる、背の高い獅子に乗っているお方ですよね、右側は弥勒菩薩さんだったかな」
マスター「さすがよくご存じですね」

IMG_20200704_070830.jpg
スマホで撮影


文殊さんを眺めながら飲むコーヒーは最高でした



  1. 2020/07/04(土) 08:56:24|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長生きは良いことか

今日は長くなるんでテキトーに流してください

ある法話の中でこんなエピソードがありました

あるご住職がお寺の近くでジョギングをしている中年の男性に問いかけた
住職「あなたはなんで走っているんですか?」
男性「そりゃあ長生きをするためですよ」
普通ならそこで「頑張っていますね」と返すところですが、このご住職は違いました、偉いです

住職「長生きしてどうするのですか?」と…
それが男性の「問い」となったのです
よく考えていなかったけど、暗黙の内に「長生きは素晴らしいことだ」と決めかかっていた自分があった

男性はそれ以後ジョギングをやめてしまい、後日そのお寺の法話会に参加します

住職「あなた、あのジョギングの…」
男性「そうです、住職に言われたことをずっと考えていたんだけど、わからないから来ました」

本当に「長生きは良いこと」なのか
その問いがどう生きるのかのという問いにつながっているということです

DSC_4579_202007012020449cf.jpg

「人生100年時代」なんて言われていますが、本当に私たちが全員100歳までもちろん生きられるわけがありません
2018年の統計では日本人の平均寿命は、男性81.25歳、女性は87.32歳といずれも過去最高でした

しかしもっとも重要なのが「健康寿命」だと言われています
これは「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」を表します
2018年の「健康寿命」は男性72.14歳、女性74.79歳ですから平均寿命と比べてずっと少ないのです

ある調査で「100歳まで生きたいか?」の問いに78%以上の人が「そうわ思わない」という結果
では「何歳まで生きたいか?」の問いに対する結果、平均77.1歳でした…


法華経の言葉に「ありのままの姿をその通りよく見て、受け入れなさい」というのがあります
焦らず、騒がず、ただすべてを受け入れて今を生きればそれでいい、ということでしょうかね

話をジョギングの男性に戻すと「長生きしよう」と考えるより、いつ死んでもいいように「悔いなく今を楽しく」生きていくのがベストかな?
人それぞれで『絶対的な答え』ってないけど、私はこれで行きましょう~

DSCF9227_2020070120204207d.jpg


なんか今日は説教じみた日記だなア


ちなみに今日は会社を早く出て、歯医者に行ってきました
いつもは待合室で読む雑誌が楽しみだったのに、コロナの影響で雑誌や新聞紙などが撤去されていた…
その時スマホも家に置いてきたままだったので、退屈で退屈で…

「今を楽しく」なんて言いながらこんなことで辛く感じていたら罰が当たるわ(と自分に言い聞かせ)





  1. 2020/07/01(水) 20:24:11|
  2. 仏教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (509)
写真散歩(兵庫県) (284)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (349)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる