fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

ガラス細工

先日の土曜日に「書写の里・美術工芸館」に行ってきました

「日本のガラス展」なる展覧会が開催されており、新進のガラス細工作家たちの作品が展示されていました

この工芸館は、フラッシュ撮影以外なら撮影可なので時々通っています

DSCF1537.jpg

作品は全てガラスケーの中です

これは何かの賞を獲った作品で「LINK」という題名だった
ガラス細工同士が鎖のように繋がっている、まさにLINKだ
DSCF1536.jpg

よく見ると細かいガラス細工で作者の苦労が伺えます
DSCF1544.jpg

これは鉛筆のオブジェ
DSCF1557.jpg

これはガラス細工のプレートを囲んだ作品
タイトルは「漸進(ぜんしん)」というらしい…
DSCF1549.jpg

漸進とは…順を追ってだんだんに進むこと
額縁には何かの電子部品の回路を組み込んであった、プレートには「DELAY LINE」と…
DSCF1553.jpg
電子回路にはチョイ詳しい私は意味が分かりました…
「DELAY LINE」とはディレイ回路のことで、入力信号に対して出力信号をある時間だけ遅らせるようにする回路のことです
つまり急がずゆっくり進めという漸進の意味に繫がるか…
なんて勝手に解釈したが、それは作者に訊いてみないとわかりませんがね


これは孔雀さん
DSCF1576.jpg

DSCF1578.jpg

ガラスケースに張り付いて必死で撮っていると、守衛のオジさんが「ガラスケースの中のを撮って大変じゃろ」と話しかけてきた
話をすると、オジサンも今はやっていないけど以前はカメラが趣味だったみたいで、私はMFレンズでガラスケースの中の作品を撮っているのを見て声をかけてきたみたいです

DSCF1588.jpg

確かに撮り難い被写体ばかりですが、でもそれが楽しかっりします










  1. 2022/01/11(火) 18:37:13|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

万両千両百両十両一両

今日の午前中に姫路城の傍にある日本庭園に久しぶりに行ってきた

そこで撮ったのは
万両(マンリョウ)と千両(センリョウ)という植物の実

まずは万両
DSCF1614.jpg

葉の下側に垂れ下がっているのが万両
DSCF1600.jpg


次は千両

庭園の入り口に飾ってあった新年の生け花
DSCF1602.jpg

こんな感じで葉よりも上側に突き出るように上に実っているのが千両だって…
DSCF1603.jpg

ネットで見ると、その他にも百両(ヒャクリョウ)とか十両(ジュウリョウ)、一両(イチリョウ)と呼ばれるのがあって、単位が低いほど、相対的に背も低く実の数も少ないんだって…

「一両」ともなると、背が低くて野生では見つけることも困難、そして実も一か所に一粒程度に実るらしい、でも葉の付け根には鋭い棘があって「蟻をも刺す」と言われているそうな
「小さいけどなめるなよ」なんて自己主張しているようで面白い

知らなかったですね
植物は深いわ~


ちなみにこれは何両かな?
それとも南天かな…(誰か教えて)
DSCF1619.jpg



庭園からは姫路城の櫓が見えます
DSCF1616.jpg

庭園には私以外に2,3名しかいませんでした
春や夏のにように沢山花が咲く季節じゃないのでね…

DSCF1612.jpg

DSCF1611.jpg


今日はMFマクロレンズで通しました
IMG_20220110_103103.jpg
相変わらずピントリングが固いので苦労しました
内部がグリス切れで固着気味なので、レンズをばらしてグリスを塗り直さないとと思いながらほったらかしの私です
でも暖かくなってピントリングが柔らかくなった忘れていまうんだろうな…


でも今日は久々に暖かかったなあ
気温は12℃、歩いているとうっすらと背中に汗が…






  1. 2022/01/10(月) 13:38:40|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

途中下車ブラリ ⑤ 国鉄配線跡とマニアック銭湯

途中下車ブラリの最後の目的地である「高砂駅」で下車

かつてこの辺りを走っていた「国鉄高砂線」の廃線跡を歩いて、マニアックな銭湯へ向かいました

国鉄高砂線の跡は現在遊歩道となっています

DSCF1507.jpg


途中に線路があったところに色々なモノがモニュメントとして残されています

これは線路の行き先(ポイント)を切り替える「転てつリバー」と呼ばれているレバーです
これを駅員さんが押したり引いたりしてポイントを換えていたんでしょうね
DSCF1506.jpg

旧式の枕木信号機です
DSCF1530.jpg

そして終点の「旧国鉄高砂駅」の跡地には列車の車軸がドーンと置いてありました
DSCF1518.jpg

車軸は駆動車の車軸らしく、駆動力を車軸に伝える「かさ歯車」が付いていました
DSCF1519.jpg



そしてこの場所の傍には、銭湯マニアには有名な「梅ヶ枝湯」が
インパクトのある造形です
DSCF1512.jpg

昭和18年創業で、レンガ造りの煙突に沿うように増改築を繰り返し今の形になったとか…

ここに来るたびに「いつかはここの湯船に浸かりたい」なんて思うのですが、中々行けていないです

DSCF1517.jpg


こんな感じで途中下車ブラリが終わりました

家に帰ったのがまだ11時過ぎ
カミさんが「もっとゆっくりしてくればよかったのに…」なんて言っていました

でも長時間歩くと膝が痛くなる私には丁度良かったブラリでした


終り




  1. 2022/01/08(土) 18:03:40|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

途中下車ブラリ ④ 明石漁港でゴチャゴチャを撮りに

次は明石駅で下車

南へ歩いて明石漁港へ向かいます

入り江に漁船が並んでいます

DSCF1487.jpg

海鳥たちが漁船に止まっている
漁で獲れた魚のおこぼれを狙っているのか…
DSCF1488.jpg

しかし正月の為か、漁師の人たちは誰も出ておらず、小さい「セリ場」も閑散としていました
DSCF1495.jpg

色んな色や形の漁船があるな
DSCF1493.jpg

この「ゴチャゴチャ感」が好きだ
DSCF1489.jpg

ここでは船尾にローラーを設置した船が多かったです
明石の海は「タコ漁」が盛んで、タコつぼを引き上げるためのローラーなんでしょうね
DSCF1501.jpg

手前の防波堤先に「明石港旧灯台」別名「波門崎灯籠堂 (はとさきとうろうどう」が見えた
むこうに淡路島の山々が見えます
DSCF1486.jpg
この旧灯台は、現存する日本の旧灯台のうち設置年代は2番目に古く、石造では最古(1657年)の灯台らしいです

近くまで行こうと思ったけど、入り江をぐるっと歩いて回らないとたどり着けないので諦めました
歩き疲れて膝もチョットずつ痛くなってきたしね…

こんな感じで明石漁港を撮ってきました

再び電車に乗って最終目的地の高砂駅へ向かいます

続く






  1. 2022/01/07(金) 18:02:20|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

途中下車ブラリ ③ 明石海峡大橋

再び電車に乗って「舞子公園駅」で下車

駅を出たら正面に明石海峡大橋がドーンと見ます

DSCF1459.jpg

巨大な橋に向かって歩きます

橋の遥か上空には旅客機が…
DSCF1460_20220105185951914.jpg

橋の真下に到着
DSCF1462.jpg

真下から見るとやはりデカいですね…
DSCF1469.jpg

晴れていますが風が流石に冷たいです
DSCF1473.jpg

しかし釣り客がほとんどおりません
普段は100名くらい釣り客はいたと思いますが、今回見たのはは4,5名くらいでした
この時期はイシガレイなんかがよく釣れるなんて聞いていますが…

私が若い頃、正月休みに釣りに行こうとすると、お袋から「あんた、正月に殺生したらアカンで」なんてよく言われていました
私はそれを聞いてからお盆と正月には行かないようにしていました…
本当はどうなんでしょうかね


DSCF1475.jpg


再び電車に乗って今度は明石駅に向かいます
明石漁港を撮りたいと思っていました

続く





  1. 2022/01/06(木) 18:30:27|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

途中下車ブラリ ② 久々の旧居留地

モトコータウンを出て南下

500mほど歩いて旧居留地へ向かいます

7時過ぎになるとさすがに明るくなってきます
DSCF1434.jpg

途中に中華街である「南京町」を通ります
人通りもなく、スズメさんたちしか逢いません
DSCF1429.jpg

南京町中心の広場です
DSCF1425.jpg

旧居留地にある大丸デパートに到着

DSCF1445.jpg

ガラスの中のカフェ
DSCF1454.jpg

DSCF1451.jpg


この時間となると、今日が仕事始めの人達の出勤時間と重なり、あまり時間をかけて撮ることが難しくなってきました
DSCF1450.jpg

DSCF1443.jpg

通行の人がフレームインしないように工夫をして撮らねば…
DSCF1439.jpg


DSCF1440.jpg


こんな感じで今回は手短にスナップ撮影を終えて次の目的地へ…

再び電車に乗って西へ向かいます

続く





  1. 2022/01/05(水) 18:41:55|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

途中下車ブラリ ① さらば元町高架下

遅ればせながら明けましておめでとうございます
ようやく動き出しました

今年最初の写真散歩は、近所の駅から5:30発に乗って神戸方面へ行ってきました
そして途中下車しながら帰るというパターン
チケットは「ワンDAYチケット」といって、決められた区間なら当日中は自由に乗り降りできるというお得な切符を利用しての散歩です

まずは神戸元町駅で降りて、モトコータウンへ…
正式名称は「神戸元町高架下商店街」で、戦後から栄えた高架下にある商店街です

DSCF1390.jpg

外はまだ薄暗い

DSCF1404.jpg

私も昔は買い物でよく通っていましたが、今は高架下の耐震補強工事の関係で立ち退きが進んでおり、数百軒あったお店が今は一握りの商店だけが営業しているそうな…
DSCF1391.jpg

朝の6時半過ぎでは誰も歩いておりません…
DSCF1415.jpg

前回はコロナ禍が始まる前に来たので、実に2年以上ぶりのモトコータウンになります
DSCF1392.jpg

以前来た時よりも更に「アンダーグラウンド化」が進んでいるようです…
DSCF1410.jpg

100mほど歩いたら、その先の通路の照明さえも消されている…
これ以上は怖くて危険なのでここでUターンしました
DSCF1399.jpg

まだ立ち退きに抵抗していた頃のステッカーが残されていました…
DSCF1409.jpg

DSCF1420_20220104122215384.jpg

でもこのアンダーグラウンドな感じも好きだったりして…
次に来る頃は商店街の全箇所が立ち入り禁止となっていそうだ
もうここには二度と来ないだろうな…
DSCF1408.jpg

さらばモトコータウン

次はコロナ禍前によく行ってた神戸旧居留地へ向かいます

続く



  1. 2022/01/04(火) 12:25:24|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (512)
写真散歩(兵庫県) (286)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (350)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる