fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

ジャズ喫茶

久々に行ってきました

姫路市街地で用事を済ませてチョイ時間があったので寄ってきました

DSC_1730.jpg

今年の5月にオープンしたらしいこのお店
情報によるとオーナーが「今の若い人にもジャズの良さを知ってもらおうと考えて」オープンしたらいです
IMG_20220628_134937.jpg

お見せに入って受付でレコードが回っているのが目に入る
よく見ると最新の国産ターンテーブルでUSB出力を備えている
※一応、入口で写真撮影OKの許可は得ています

DSC_1731.jpg

店内を見渡しても、プリアンプやチャンネルデバイダー、パワーアンプなんて見当たらない…
おそらく最新のシンプルなオーディオシステムで鳴らしているんだろうな
スピーカーも一応JBLですが、小型で天井に貼り付けている

私の若い時の「ジャズ喫茶」ってのは、JBLの「4344」とかタンノイの「ウエストマインスターロイヤル」なんて巨大なスピーカーがデンと構えていて、アンプはマッキントッシュ、プレーヤーはトーレンスかマイクロと定番があったんですが、このお店はいたってシンプル
敷居を下げて若者に聴いてもらおうというコンセプトなんでしょうね、だからオーディオ機器は目立たないようにしていると思う

DSC_1732.jpg

若い女性店員がいきなり私に話しかけてくる
店員「ジャズがお好きな感じですね」
私「まあ、たまに聴きますけどね」
店員「私はまだジャズのことがよくわからないんで、よろしければ店内のレコードからお好きなものを選んで言ってください」
私「えっ、イイの?」

ということで、100枚くらい並べられてあったレコードの中から定番中の定番、アート・ペッパーの「MEETS THE RHYHTM SECTION 」があったのでをかけてもらいました

私「さすがにこれは聴いたことあるでしょう」
店員「う~ん、ないです」
私「……」
返事に困ったな…

ところでコーヒーはまずまずのお味でした

DSC_1733.jpg

印象としては、昔のジャズ喫茶を思い出して「真剣に聴く」と思ってい行ったらダメです
気軽に「ジャズミュージック」をBGMに友人とおしゃべりを楽しんだり、「ジャズって一度聴いてみたいなァ」なんて思って行くお店だと思いましたね

まあこれくらい敷居を下げないと今の若い人はジャズを聴く機会なんてないいんだろうな












スポンサーサイト



  1. 2022/06/30(木) 06:29:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

逞しさが必要…(日曜日の早朝散歩)

先日の日曜日の早朝散歩

今回は最近使っていなかったレンズ(35㎜のMF単焦点)を持ち出します
軽さが魅力で、お散歩レンズとして手に入れました

DSCF3065.jpg


歩く人がフレームインするので、路地裏に入ります
DSCF3072.jpg

このレンズ、これと言って特徴が無いけど素直な描写ですね
DSCF3073.jpg


お城を臨む広場に出る
イベントがあったのかな?あちこちにゴミが落ちている…
それを狙ってカラスや鳩がワンサカいました
DSCF3084_20220626180516521.jpg

DSCF3085.jpg

落ちたゴミを必死で食べる鳩さんたち…
カラスに追い払われて、カラスがいなくなったら再びやってきてゴミをむさぼっています
そして別のカラスの集団が追い払いに来たりして…
DSCF3086.jpg

鳩さんたち、逞しいなァ

なんて感心しました


今回は先週のお寺&アジサイで使ったFinepixs3Proよりも一世代新しい(と言っても15年選手ですが)FinepixS5Pro
レンズはNikonn SerieseE 35㎜F2.5という、女性向け一眼フィルムカメラ「ニコンEM」とセットとなるレンズ
とにかく軽くてお散歩レンズとしては「いい塩梅」です、ライカ風のフード付けてカッコつけています(曇り空なのにね~)
IMG_20220626_065320.jpg


二週間ぶりのコーヒー店
IMG_20220626_070720.jpg

珍しく社長がカウンターに立っていて、開口一番
社長「このご時世なので、申し訳ありませんがこのお店も値上がりをいたします」
私「えっ、いつからですか?」
社長「来月の7月からです」
マスター「先日ニュースになったブラジルの環境問題や、円安、輸送費の高騰など色々な要因です、申し訳ありません」
私「それは仕方ないですね、世界的なことですし…」
マスター「すいませんね」
私「確かにあちこちで”値上がり”という言葉を聞きますね、私の会社の食堂でも、きつねうどんの「きつね(揚げ)」の面積が小さくなりましたもんね(笑)」


先ほど公園で見た鳩のように「逞しくやっていかないと生きていけない」時代がきそうな気配が…

へんな締めくくりだなァ











  1. 2022/06/28(火) 06:34:40|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「糸鋸(いとのこ)クラフト」 ②

ベテランさんの作品を展示してある部屋に入ります

まずは平安時代の絵巻物、国宝「鳥獣戯画」のクラフトに驚いた!

DSCF3042.jpg

今まで見た作品は、糸鋸で切る線の太さが一定で「カットした」感じだったけど、このベテランさんの作品は筆で書いたようになっている!
しかも糸鋸で刃は貫通しているんで、切った部分の向こうの景色は見えます!

DSCF3043_20220625133529ae2.jpg

解説のお姉さんも「この作品は、作ったベテランさんも時間が掛かり過ぎて”もうやめようか”なんて何度も思ったらしいです」と…


赤ちゃんを湯船に漬けるシーンらしい

DSCF3045_20220625133531103.jpg

どうやってカットしているんだろうか?と正直思う

DSCF3044_2022062513353154f.jpg


DSCF3049.jpg

切り出して作った時計
温かみがありますね
DSCF3046.jpg

グルグル回るお猿さん
ちゃんと「計算されて」カットされている印象だ
DSCF3047_202206251335342c4.jpg

ロシア民話「大きいなカブ」ですね
見ての通り、一枚の大きい木の板から切り出している
DSCF3048_202206251335369ba.jpg

魔女とサンタクロース
DSCF3055.jpg


扇風機越しの中庭…
こういった訳のわからないカットを挟んだりして(笑)
DSCF3039_202206251350276a1.jpg


サンタとニワトリの木のオモチャ
DSCF3057_20220625133852476.jpg


こんな感じの「糸鋸クラフト展」でした
なかなか素晴らしい作品ばかりで感心しました

7月末までやっているのでもう一回来てみようかな…
今度はカメラとレンズを別の組み合わせで撮ってみたい


終わり










  1. 2022/06/27(月) 06:02:37|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「糸鋸(いとのこ)クラフト」 ①

姫路市の林田地区にある「大庄屋旧三木家住宅」
江戸時代の初期に建てられた旧宅で、ここでは地元の作家たちの作品展示をよくやっています
今回は「糸のこクラフト展」として、市内の糸のこで作品を作る愛好家たちの作品を展示していました

早朝の蓮の花撮影の後に一旦帰って朝食、その後自治会の用事を済ませ、その足で行ってきた次第です(忙しいオヤジだなァ)

DSCF3022.jpg

旧三木家住宅の敷地では七夕飾りが飾られていました

DSCF3012.jpg

中に入って作品を見させて頂きます(もちとん撮影許可もらいました)

まずはひな人形
DSCF3018_20220625130948f8c.jpg

続いて五月人形です
DSCF3017_202206251309409ec.jpg

金太郎さんです
DSCF3021.jpg

クマさんと相撲をしていますね~
DSCF3023_202206251309393df.jpg

しかしどれも上手くできている…
そうとう細い糸鋸の刃を使っているんでしょうね
解説のお姉さんによると「特にカーブなんかを切るときに刃が細いんで折れるそうですよ」だって…



「日本昔話シリーズ」らしい

まずは「浦島太郎」
DSCF3036.jpg

続いて「かぐや姫」
DSCF3034.jpg

DSCF3035.jpg

「さるかに合戦」
DSCF3030.jpg

「カチカチ山」だ
たぬきさん、背中燃えていますよ!
DSCF3032.jpg


DSCF3064.jpg

マクロレンズ持ってきて良かったなァ
DSCF3015.jpg

「どれも上手くできていますね」と感心すると、解説のお姉さんが「奥にはベテランさんが作られた作品がありますので見てください、きっと驚きますよ」と…


これは行かねばなりません

続く




  1. 2022/06/26(日) 06:48:44|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

朝の蓮

朝から行ってきました
市内の蓮池です

DSCF2987.jpg

この地を管理している企業のHPをみると、昨日の情報ではまだ「五分咲き」くらいかな?と思って朝の6時前に行ってみたら、駐車場(といっても空き地ですが)がもう満杯でした…
しばらく5分ほど車が出ていくのを待ってから駐車して現場に到着

広い敷地に100名ほどのカメラマンたちが来ていました、山には朝霧がかかっていました

DSCF2977_20220625073126674.jpg

現在は夏至の時期で朝の5時前が日の出時間
でもこの地は山に囲まれているんで、6時前が日が差し始めてくる時間帯です
皆さん相当早起きですね

DSCF2980.jpg


DSCF3007.jpg

昨夜は雨が降る予報だったので「朝露と雨の雫が滴る蓮」なんて狙っていましたが、雨は短時間降っただけ、日差しが差し始めて朝露がまだ乾かない花を探しまくりました

でもやっぱ55㎜では物足りない…
85㎜~105㎜のマクロを再び狙おうかな(先日オークションで105㎜狙ったけど別の人に落札)…

DSCF3003.jpg

他のカメラマンたちは、結構最新のカメラで「標準ズーム」や「巨大バズーカ望遠ズーム」で挑んでいるようですが、古いカメラ&単焦点で挑んでるのは私くらいでしょうね

DSCF2991.jpg



あえて逆光で撮りました、古いシステムなんで仕方ないか…
でもこういう表現も好きだったりする

DSCF3009_20220625075305b8c.jpg


今回のなかでこの写真がお気に入りかな?

DSCF2979.jpg


バッテリーが無くなってきたのでこの辺で止めておきました
考えたら先週のお寺&アジサイから充電していなかったわい…

蓮の花はもう一回撮りに来ようかな





  1. 2022/06/25(土) 07:49:40|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

グローブ買いました

還暦前のオヤジがグローブを買いました

私の町の壮年ソフトボールチームが校区内大会で優勝し、来月には上位である市内のブロックでの大会に駒を進めました
しかし人数が集まりません
市内のブロックでは18人の登録が必要ですが現時点では人数が揃わないらしい

私は年齢的に去年からソフトボールには参加してなかったのですが、監督から「参加してくれないか?」の強い要請
去年まで使っていたグローブは、先日捨ててしまったのですが、監督からの強い要望もあり、買うことに…

何年ぶりだろうかグローブ買うのは…

DSCF2973.jpg

買ったのは14,000円の一般用のソフトボールグローブです

実業団やプロが使う数万円以上のオーダーメイド高級グローブのように最初から「型」が出来ておらず、硬いです…
早速日曜日の練習で使ったけど、キャッチボールで球を溢しそうになるくらい堅いですね

しばらく「型付けボール」を挟んで置いておきます
そして暫くして監督から借りた「型付けオイル」も使ってみようかな…
実質使うのは中学生の野球部の時以来だな


来月の大会までに何とか使えるようにしないと…









  1. 2022/06/23(木) 07:35:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

苔を撮りに(古代植物展)

日曜日の午前中、苔を撮りに行きました

DSCF2954_20220619121544d4e.jpg

近所の植物園では「古代植物展」が開かれていました
「古代植物」といっても、はるか原始時代なんかの昔の時代ではなく、奈良や平安時代から和歌などで詠まれてきた、日本古来からの原種の植物が中心です
ということで苔や野草が中心ですね

DSCF2923.jpg


DSCF2935_20220619121547e79.jpg

地味だけどなんか癒されるなァ…

DSCF2933_202206191215508ec.jpg


DSCF2934_2022061912155091e.jpg

これは日本古来の「ヤマアジサイ」
日本での紫陽花の原種ですね

DSCF2925_20220619121552e1a.jpg

瑞々しい苔も一杯

DSCF2957_202206191215547a4.jpg

いかにも和歌に詠まれていそうな、地味だけど美しい花です

DSCF2952.jpg

極小な花びらにピントを合わせるが…
ちゃんとピントが合っているだろうか、老眼にはチョイ辛いものが…

DSCF2937.jpg

それぞの鉢に水が満たされており、室内も涼しげでしたね

キリンさんも涼しげだ

DSCF2922.jpg

この日「古代植物展」開催初日というこで、この苔たちを出品している愛好家たちの栽培に関しての説明会が開かれていました
水さえやっていればOKかな?なんて思っていたのですが、ここまで育てるのに月日と神経を結構使わないといけないと教えられて感心する次第でした

このボールに入った苔が気になった
まさに「苔の小宇宙」ですね

DSCF2940_202206191216001c9.jpg


いつも撮っている、陶器の番犬

DSCF2960.jpg


植物園を出て外の花壇の花を撮る
植物園の室内とは打って変わって炎天下でした…

DSCF2964.jpg

職員さんが水を撒いたばかりですかね

DSCF2968.jpg

この時気温は30℃
梅雨の合間の晴れは暑いです








  1. 2022/06/21(火) 07:14:54|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

弥勒寺の紫陽花

弥勒寺の境内を撮った後、紫陽花を狙いました

DSCF4320.jpg

ネットのどっかで読んだけど、最近は「鹿害」により紫陽花の株が鹿に喰い荒らされ、以前と比べて年々減っているそうな…

境内のあちこちに「鹿よけネット」があったのはそういうことだったのか

DSCF4319.jpg


この時も引き続き、Finepixs3ProとNikon55mmMicroNikkorF2.8Ai-sの組み合わせです
RAW→JPEG変換しただけで何も弄っていません

DSCF4355.jpg

数は少ないけど、いろいろな種類の紫陽花が咲いていました
DSCF4364.jpg

DSCF4322.jpg

本当は雨上がりの、雫の滴る紫陽花が撮りたかったけどね
DSCF4366.jpg

この紫陽花が可愛くて良かった
DSCF4362.jpg

しかし先週訪れた神社もそうだけど、赤系やピンク系の丸い紫陽花がまだ咲いていませんでしたね
この色は遅咲きなんでしょうか?

苔がびっしり生えた参道の瓦
これを見ただけで、歴史の重みを感じてしまう
DSCF4358.jpg

このあたりからポツポツ小雨が降り始めました
生憎傘は持ってなかったので、帰ることに…
降るのがわかっていたら、傘を持参で時間をずらして念願の「雫の滴る紫陽花」撮れたのにね…なんて後悔

DSCF4361.jpg

車に戻った瞬間、滝のような雨に変わっていた
やはり山の天気は変わりやすいね…
家に帰ったらカミさんが「こっちは全然降っていなかったけどね」だって…

今シーズンはもう一か所くらいは紫陽花撮りに行きたいなあ








  1. 2022/06/19(日) 07:13:10|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ひっそり山寺

ひっそりと佇む山寺に行ってきた

DSCF4346.jpg

姫路市の山奥にある「弥勒寺(みろくじ)」です
天台宗の寺院で、あの書写山円教寺を開いた性空上人さんが隠居後に籠ったお寺です

DSCF4318.jpg

入口には鬼と変化し、私たちを疫病から守ってくれる「元三大師(がんざんだいし)」さんの護符が…
正月のみ頒布されるそうです
欲しい!
DSCF4325.jpg

境内の石仏たち
お地蔵さんの後ろには天台宗の創始、伝教大師(最澄)さんです
DSCF4328.jpg


今回のカメラとレンズは、今から18年前のFinepixS3Proと30年前のマイクロニッコール55㎜f2.8Ai-sという激シブな組み合わせ

IMG_20220618_105743.jpg

しかし家でモニターで確認するとこの年代のカメラとしては驚くくらいシャープに捉えています(三振も多いけど)
天気は曇り空、今にも雨が降りそうな状態…
トップライトは期待できない、どんよりとした状況はこのカメラとレンズの組み合わせが得意とするところです

如意輪観音さん、すっきりしたお顔に癒されます
DSCF4330.jpg


錆びた部分のザラツキも上手く捉えています

DSCF4341.jpg

現代でも充分通用すると思う
しかもコッテリした色合いは曇り空の下では相性がいい…

DSCF4347.jpg


平安時代創建、そして鎌倉時代に建て直された本堂(国の重要文化財に指定されました)に上がる
虫の喰われた跡が歴史を感じます…
DSCF4343.jpg

DSCF4337.jpg

カメラ内の露出計なんて無いのですべて自分で条件設定(SS、絞り、ISO)して撮っています

RAWでJPEG変換しただけで殆ど弄っていません

DSCF4339.jpg


「厄落とし箱」??

赤い「厄」が大量に落とされているぞ…

DSCF4323.jpg

境内を色々廻ったら判りました

受付で「厄」と彫られた絵馬を買って

DSCF4351.jpg

願い事を書いてから「厄」と彫られた部分を先ほどの「厄落とし箱」に落として、境内にぶら下げるというシステムか…

DSCF4334.jpg

DSCF4327.jpg

人の少ない山寺での撮影は楽しい
今時のシャッター押すだけでシャープで解像度バッチリで見映えのする写真が撮れる機材も良いけど、こうやって自分でいろいろ考えながら設定を詰めて撮影するのもまた楽しい…

DSCF4350.jpg

そしてこのお寺にも数は少ないけど紫陽花が植えられていました

次にその紫陽花をアップします

続く







  1. 2022/06/18(土) 13:53:59|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

切手の価値

以前日記にも書いたのですが、「ボールペン習字」を続けています

毎月課題を提出し先生から添削を受けて返信してもらっているのですが、先日その課題を出すときに「切手代」がいくらかかるのか正直判りませんでした…

ネットで調べたら、25g以下の封筒なら84円らしい…
手持ちの切手を探したら、80円時代に買った80円切手が大量にあったので、一枚貼りました

あと4円足りなあ…4円分コンビニ行って買ってこようかな?」なんて言うとカミさんが「別の切手貼っていいじゃん」と…
他の切手を見ても50円以上の切手ばかり…

コンビニに行くのも面倒だし、このまま50円切手を残しておくのもいつ使うかは正直判らないのでもう貼ることにしました
80円+50円で130円使いました、なんと贅沢な(笑)

IMG_20220527_213555.jpg

しかし知らない間にどんどん上がっていく郵便料金…
私が小学生の時は、確かはがきが7円、封筒は10円だったなァ





そして「古切手」と呼ばれる昭和の切手の価値は逆にどんどん下がっています

私が小学生の時に使っていた切手帳です
先日、実家から持ってきました

IMG_20220609_182601.jpg

写真の記念切手なんて、30年前なら一枚200~300円の価値だったのが今は「額面×80%」だって
つまり50円切手なら40円、15円ならいくらになるんだ!って感じです…

IMG_20220609_182743.jpg

昔から価値の高かった「月に雁」とか「見返り美人」なんかだったらまだ1万円くらいの価値がありますが…

以前なら「財テクにどうかな…?」なんて考えた時期もありましたが、今では値打ちが無い…
まあ「切手収集」を趣味にしている人なんて今は殆どいないだろうしな…

それよりも私のこれらの集めた切手たちをどうしよう…
これから先、古切手の価値が上がる保証なんてないけど捨ててしまうのは勿体ないしね
今の安い価値で売ってしまうか…


空しい独り言になったなあ











  1. 2022/06/16(木) 07:23:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (489)
写真散歩(兵庫県) (270)
写真散歩(兵庫県外) (82)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (113)
日記 (338)
独り言 (157)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (15)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる