fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

うすくち醤油資料館 壱

昨日は午前中にたつの市にある「うすくち醤油資料館」へ行ってきました

午前中の早朝散歩が失敗して「何処かへ撮りにいかねば」という気持ちが湧き出ていた私(懲りてないな)

戦国末期の天正年間が創業といわれ、うすくち醬油で全国的に有名な「ヒガシマル醤油」
昭和7年に建てられ、使われてきた本社社屋が昭和54年に「うすくち醤油資料館」として生まれ変わりました

DSCF4719.jpg


左側の煉瓦造りの建物が「うすくち醬油資料館」です
ここに来たのはコロナ禍が始まる3年前以来ですね
この時は小雨がパラパラ…
DSCF4767.jpg

入場料の10円(安!)を払って入場します

入口のホールです、丸いレトロな窓がお気に入り
いつもこのアングルで広角で撮ります
DSCF4706_202301141302383c3.jpg


レトロな窓の鍵です、外は城下町の風景
DSCF4704.jpg


この資料館では、昔ながらの製法の工程や器具が多く残されて展示されています

これは醤油の材料である大豆を蒸かすボイラーの蓋
なんかSL(蒸気機関車)の先頭に似ているなァ
DSCF4709_20230114130230e30.jpg


ここは実験・検査室跡です
色々な材料を使って実験したり、色々な測定器を使って品質を確認する部屋だったんでしょうね
そしてここはこの資料館の中で私が一番好きな部屋でもあります
DSCF4724.jpg


実験で使うフラスコやビーカーなどガラス製の器具を撮るのが好きなんです
DSCF4715_20230114130222e0b.jpg

イイねェ~ガラス職人が作った器材
DSCF4723.jpg

柱がかなり「やられて」いますね~
指で触ったら柱の表面が崩れてきそうだ…
おそらく麴などの菌の影響でしょうね
DSCF4717_202301141302344a4.jpg


ここは組合の事務所があった部屋
DSCF4725.jpg


DSCF4726.jpg


これは明治から大正期に掲げてあった看板
DSCF4765.jpg



ここは来るたびに「今度はこんなアングルで撮ってみよう」と思わせる、私にとって「フォトジェニックにも程がある」な資料館です


続く







  1. 2023/01/15(日) 06:00:43|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

洋ラン展と今朝の早朝散歩

写真ネタが尽きましたので先週行ってきた「洋ラン展」での写真を…


DSCF4648.jpg

この植物園の年始恒例の「新春洋ラン展」
私以外に一眼カメラを持ったカメラマンたちが多かったです
DSCF4662_20230114065731d5e.jpg

一言に「洋ラン」と言っても、代表的な分類だけでも「デンドロビューム」「オンシジウム」「シンビジウム」「カトレア」「コチョウラン」なんかに別れて、なおかつそこから何種類(一説には総合計25,000種以上)もあるんで植物分類の中でもかなりの割合を占めてるらしいです…


なんか奇抜な色あいだと思ったら、東南アジアの原種らしい
ジャングルに生えていそうな色合いですね
DSCF4650.jpg


ちなみに洋ランの花言葉は、色鮮やかな花姿から、美しい女性が連想され
「美しい淑女」「優雅」
らしいです
DSCF4640_202301140657318ca.jpg


この花は確かに優雅さを感じますね
DSCF4642.jpg

この花は小さくて可愛らしくてイイ!
DSCF4654.jpg


最後に植物園内のオブジェを
DSCF4660_202301140657271e7.jpg

DSCF4657.jpg

こんな感じの「洋ラン展」でした…



実は今朝、雨の中早朝散歩に行ってきた
しかし1キロほど歩いてJR姫路駅あたりで
「マスクするのを忘れてた!」
って気付きました
そのまま写真を撮りながらUターンして家に帰ってカメラの画像を確認しようと思ったら今度は
「SDカードを入れてなかった!」
D40用のSDカードは家のノートPCに差したままでしたね
最近のデジカメだったら撮影後や電源を入れたときに「カードが差されていません」なんて警告が出るんですが、このD40は何故か出ずに、撮影後もちゃんと背面モニターに画像が出たので気にしなかった…
せっかく雨の風景を撮ったつもりだったのになあ…


帰ってカミさんに言ったら
「イイじゃない、そのままマスクしてないのを気付かないまま散歩終わらせたときのショックと比べたら途中で気付いて」と…
確かにマスクしていないのを気付かないまま最後まで歩いて帰った時のSD刺さってなかったショックを考えたら…

何事も「プラス思考」で
行こうじゃないか2023年も!


そんな早朝散歩でした




  1. 2023/01/14(土) 07:42:11|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

無機質を撮る

写真ネタが無くなったので写真の蔵出しを…

先日の望景亭を訪れた際に、開館時間前だったので開館待ちの間に同じ敷地内にある「姫路文学館」を撮っていました

この文学館の北館は、あの安藤忠雄さんの設計によるコンクリート打ちっぱなしの、まさに「無機質」な外観です

DSCF4556_2023010720053056f.jpg

にゅっと出た展望デッキ
DSCF4531_202301072005247b8.jpg

見る角度で印象がガラッと変わる連結した柱だ
DSCF4534_2023010720052646f.jpg

姫路城を望む
DSCF4532_202301072005243aa.jpg

屋上に上がります
階段途中の窓に映った景色ですが、これは窓ではなくガラスの板で向こうと繋がっているような錯覚に落ちてしまった
これ「安藤忠雄マジック」??
DSCF4536.jpg

屋上テラスで見る風景
民家がひしめき合ってます
一大観光地である姫路城の西側はまた違った印象があって面白い
DSCF4540_20230107200517b08.jpg

コンクリートって10年くらいで亀裂やひびが入るってイメージだけど、この文学館はそんな痛んだ部分ってないなァ
耐久年数なんかを考えてしっかり設計されているんでしょうね

DSCF4560.jpg


DSCF4548_20230107200520989.jpg


望景亭を望む
そろそろ開館の10時です
DSCF4550_2023010720052099f.jpg


こんな感じの無機質空間でした
DSCF4549.jpg



でもやっぱり旧宅などの日本家屋や神社仏閣のような古い建築物の方が好きだなァ私








  1. 2023/01/12(木) 06:02:48|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

冬の神社をモノクロで

近所の神社に自転車に乗って行ってきました

DSCF4679_20230109152607712.jpg

「恵比寿天満宮」と言って、漁猟の神、航海安全の神として崇められきました

DSCF4678.jpg


DSCF4682.jpg

初詣の時期は過ぎた昼下がり、参拝者は誰もいませんでした

DSCF4694.jpg


DSCF4690.jpg


神様に供えるお酒
神様がすぐに飲めるようにキャップは開けられたお酒ばかりでした
DSCF4686_20230109152603ce5.jpg

さあ神様、呑んでください
DSCF4691.jpg



この神社の周辺は古い町並みが多く残っています
湾曲した水路に合わせて並んでいる家屋
DSCF4675.jpg

私はここに来たらいつもこの構図で撮っています
逆光で古いレンズは辛い…
DSCF4672.jpg



最近は写真散歩に行く頻度が増えてきたなァ…
撮っても撮っても「今度はあそこに撮りに行きたい」と思うようになりました

「撮影依存症」?







  1. 2023/01/10(火) 06:21:00|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

「飛び出し技術」の進歩

今日は久々のショーもない独り言なのでテキトーに流してください


昨夜カミさんと映画に(アバター)行ってきました
実に結婚して以来2人だけで行ったのは初めてかな?
3D映画ですね
実は私は3D映画なんて恥ずかしながら大人になってからは、小学生の息子たちを連れて15年くらい前の「ハリー・ポッター」の一回きりだったし、カミさんも初めての体験…


映画館のスクリーン受付で係りの人言われた一言
「3Dメガネはお持ちですか?」に一瞬戸惑った…
恥ずかしながら3Dメガネは映画館で使った後は回収するものだと思っていました(ハリーポッターの時は回収した記憶が)

KIMG0146.jpg
今回使って貰ってきた3Dメガネ


後で調べたら映画の上映方式によって「IMAX-3D」「Dolby3D」のようにいくつか別れていて、それぞれ専用の3Dメガネもあるようです
知らなかった…
確かに「アバター」は製作段階から3D専用に作られた映画通りに、3Dメガネを通して観た映像は「飛び出し具合」(つまり立体感)は凄かったし、リアリティも抜群でした



ところで私が小学生の時によく映画館でやっていた「春休み子供映画大会」なんかでやっていた「3D映画」では必ず「赤と青」のセロハンフィルムを貼った紙製のメガネを渡されて観ていましたね

megane_3d_blue_red.png
フリー素材の画像

たしか「仮面の忍者赤影」の3Dバージョンだったか…
あの時は「飛び出し具合」も全然だったし、上映中にわざとメガネを外して観ると、画像が青と赤だけのグジャグジャの画像で気分が悪くなった思い出が…

時代と共に技術の進歩って凄いと感じましたね…




ところで「飛び出し」で思い出しましたが…

IMG_20180612_190605_20230109075709ebb.jpg
全国初の「飛び出し坊や」でもある久保田工芸製作の「とびたくん」

かつて私は「飛び出し坊や」に熱中して、「変わった飛び出しがあるよ」の情報に現地まで行って写真を撮ったり、「飛び出し坊やの聖地」である滋賀県に行って「飛び出し坊や」を初めて世に出した、久田工芸さんの「とびたくん」グッズを集めたりしていました

IMG_20180501_185511_202301090758418c2.jpg
滋賀県で買い漁った「とびたくん」グッズ


昨夜は最新の「飛び出し」に感動したわけだけど、こんな「アナログな飛び出し」も良いな…


訳わからない記事になってスイマセン…








  1. 2023/01/09(月) 08:30:05|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

リベンジ望景亭

昨日の早朝散歩の後は朝食を済ませて、先月訪れて一部の部屋しか撮影できなかった旧宅の「望景亭」に再び行ってきました

先月訪れたときの日記⇒リンク
前回は、茶室と和室が使用されていたので、洋室(応接室)でしか撮影できなかったのですが、今回はリベンジの意味でやってきた次第です
今回は一番乗りしようと開館の10時前にやってきた

DSCF4577.jpg


まず望景亭の入り口で一枚
DSCF4566_202301071118437cd.jpg

これは和室です
DSCF4595_20230107111837e5d.jpg


和室の周りの廊下は歩くとギシギシ床が鳴ります
武家屋敷やお寺によくある「鶯鳴り」の廊下なんでしょうか?
DSCF4592.jpg



襖の取っ手の意匠がイイ!
これは鶴をイメージしています
DSCF4626.jpg

これは陶器製です
DSCF4580_202301071118395f7.jpg


今回のカメラは、前回より一つ新しいFinepixS5Proとニコンのズームレンズ(18-140㎜)と55㎜マクロ
KIMG0144.jpg


ここは茶室の前室、「カメラマン泣かせ」の部屋だ
茶室の前室はとにかく暗く窓がかなり小さいので明暗の差が大きすぎる…
「茶室に入る前に精神を落ち着かせ”無”にする為にわざと暗くしている」とどっかの建築の本に書いていたなあ
DSCF4603.jpg


こんな悪条件ではカメラ任せでなく工夫して撮ることも大事だと思う
DSCF4616.jpg


茶室はやはり狭い造りですね4畳もない狭さだ
DSCF4604_20230107115819e57.jpg



今日は曇りで弱々しい日差しです
DSCF4581_20230107111850a7d.jpg


DSCF4571_20230107183416c15.jpg



前回にも撮った、洋室(応接室)での同じ構図の一枚
落ちずに残ったモミジも先月と比べてだいぶ色が抜けてきたな…
DSCF4639_20230107111844675.jpg


こんな感じの望景亭でした
DSCF4574_2023010711264192b.jpg


私が出るときに、数組の拝観者たちとすれ違いました
私以外に拝観者がいたら今回のようにジックリは撮れなかったかもです…

一番乗りして正解!




  1. 2023/01/08(日) 06:52:11|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

近所をブラブラ(今朝の早朝散歩)

今朝の早朝散歩はいつもの市街地は行かずに近所をブラブラしました

今朝はいつもより早起きをして5時半に出発
最近は早起きも苦にならなくなったなァ、だんだん老人化が始まったかも(笑)

少しづつ日の出時間が早くなってきたとはいえ、この時間帯はまだ漆黒の闇
DSC_0329_20230107073723d1c.jpg


近所の神社です
元旦にお参りに行ったばかりですが
DSC_0298_20230107073722dec.jpg

絵馬殿
DSC_0299_20230107073717153.jpg

7日の早朝となるともう初詣に来ている人はさすがにいませんね
DSC_0302.jpg

私一人なのでなんか怖かったりして…
DSC_0312.jpg

以前この神社に夜中に一人写真散歩で来て、拝殿の前で背後から「誰かに見られている」ように感じられ、怖い思いをしたことがありました…
DSC_0303_2023010707371796c.jpg


歩道橋から見下ろす
6時半になってもまだ真っ暗だ、西の空にお月さんが残っています
DSC_0336.jpg


家に着く頃にようやく明るくなってきました
DSC_0362_202301070737223d3.jpg


家に帰ってスマホの万歩計を見たらこの散歩だけで5,000歩でした

年末年始の連休で増えた体重を早く戻すために昼からも歩こうかな…

毎年「年末年始」「ゴールデンウイーク」「お盆休み」の度に体重が増え、ゆっくり体重を落として元に戻っても次の連休でまた増えての繰り返し
その「負の連鎖」を今年こそは断ち切らないと…




  1. 2023/01/07(土) 09:32:02|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

石仏を撮りに

今回はいつも以上にマニアックな記事なのでテキトーに流してください


急に石仏を撮りたくなって行ってきました

姫路市の東隣にある高砂市
石仏の「阿弥陀如来立像」
刻印によると永正4年(1507年)の建立らしい

DSC_0282.jpg

実はこの地に「大日寺」というお寺がありましたが、2009年になんと不審火で全焼したらしい…
お堂は焼けて石仏のこの阿弥陀さんと五輪塔のみが残ったらしい…
もし不審火が放火だったら
バチが当たるぞ!
と言いたいです


ですからかつて境内だった、今は広場にポツンと五輪塔とこの石仏のみが残されているのです…
DSC_0291_20230104160008ebb.jpg

遺された五輪塔と阿弥陀如来の石仏
DSC_0283.jpg


蓮華の上に乗っておられる阿弥陀さん
DSC_0275_2023010416000033f.jpg

「浄土教」の教えによると、人は死後に西の彼方にある「西方浄土」から多くの菩薩さんたちを従えた阿弥陀如来さんが迎えにやってきて、死んだ人を西方浄土へ連れ行ってくれるそうな…
ですからこの石仏は蓮華台に乗り、飛んで私たちの元に「やった来ましたよ」とお迎えに来てくれたお姿を現しているようにも思えます…


午後を過ぎた日差し
すこしずつ傾いてきた影…
DSC_0286.jpg


なんかニット帽を被ったようにも見えますね
お寺が焼けてしまいお堂も無くなった境内で、一人寂しさに耐えているようにも思える表情だな…

DSC_0289.jpg

「大日寺」は復興するんだろうか…
もし復興する動きがあって、この石仏の前にお賽銭箱があれば供えたんだけどね

とりあえず般若心経を唱えてきました



こんな感じで今年も近場の石仏を巡っていこうと思います











  1. 2023/01/05(木) 06:54:38|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

明かりについて考えた(今朝の早朝散歩)

今年最初の早朝散歩です
まだまだ暗い6時前の姫路駅周辺

DSC_0247_2023010408233136d.jpg


発車待ちの電車
DSC_0248.jpg


古いカメラでISOが1600にもなるとノイズがバリバリですがそれも味のうちとしましょう
DSC_0245.jpg


今日からお仕事の人も多いかも…
DSC_0236.jpg



去年最後の早朝散歩でも行った護国神社
4日の早朝にもなると初詣の人もめっきり減ります
DSC_0262_20230104082324bea.jpg


7時前になるとようやく東の空が明るくなってきます
DSC_0269.jpg



1週間ぶりのコーヒー店
今年最初の豆はもちろんマンデリン
KIMG0142.jpg


20203年の仏像カレンダーです
KIMG0141.jpg
スマホで撮影、しかしピントが全然合っていない…


私「おっ、これは東大寺の梵天さんか帝釈天さんですね」
マスター「さすが!梵天さんですね」
私「しかし良いお顔ですね~なんか悟り切った感がバリバリですね」
マスター「この写真を撮った人の光の当て方がまたイイですね~」
私「そうですね、仏像っていうのは光の当て方で表情が全く違いますからね」
マスター「ほうそうなんですか?」
私「だってこの仏像が出来た奈良時代なんかだったら、明かりって堂内に差し込む日差しか下から照らす蝋燭の弱い明かりくらいしか無くて、この写真のように正面から水平に照らす強い明りって無いからね」
マスター「そうか、そう言われればそうですね」
私「子供の頃、暗がりの中で懐中電灯を下から顔に当てて怖い顔を作って遊んでいたでしょう、だから昔の人は暗いお堂の中で蝋燭で下から照らされる仏像さんを見て怖いなんて思っていたでしょうね」
マスター「そうかこのカレンダーの顔とは違った印象があったでしょうね」
私「だから仏像は尊い&畏怖の対象でもあったでしょうね」
マスター「なるほど、勉強になるなあ…」

という会話をしてきました

明かりの当たり具合によって印象がガラッと変わる…
これは写真でも一緒ですね

DSC_0227_20230104084531744.jpg

明かりについて考えた、今年最初の早朝散歩でした






  1. 2023/01/04(水) 08:47:02|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

早朝の漁港

あけましておめでとうございます

本当は3ヶ日は家にゴロゴロしようかと思っていましたが、会社の同僚に誘われて行ってきました

今年最初の写真散歩は早朝の漁港です

DSC_2848.jpg


時々訪れる室津(むろつ)漁港です

新年の三が日は、各漁船に大漁旗を掲げるのが恒例行事です
DSC_2845.jpg


正月休みの早朝なので「セリ場」は閑散としています
DSC_2931_202301031000503bd.jpg


ここに来たら何故か漁師たちの仕事場にぶら下げてある電球を撮ってしまうんだな…
DSC_2900_20230103100042eb2.jpg

電球の傘はビールのアルミ樽缶
DSC_2874.jpg


DSC_2876_20230103100100065.jpg


眠たそうなアオサギさん
今日は漁がないので、おこぼれの魚はお預けです
DSC_2924.jpg


漁港と言えば私の好きな「鉄分」が一杯
DSC_2893.jpg

なんかここに来るたびに同じ被写体を撮っているなあ…
DSC_2943_20230103100053a4b.jpg


DSC_2938_20230103100052343.jpg



朝の8時前
ようやく周りを山に囲まれた入り江の漁港に陽が差してきました
DSC_2947_20230103101639912.jpg


DSC_2952_20230103101641fbf.jpg



年の初めの撮影は縁起よく大漁旗からスタートします

DSC_2852.jpg



今年もよろしくお願いします



  1. 2023/01/03(火) 10:18:22|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (511)
写真散歩(兵庫県) (285)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (350)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる