fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

波切不動の前で人助け

日曜日早朝の撮影時に人助け…

実は撮影する私たちの後ろで、朝陽と共に愛車を撮影しようと砂浜に乗りこんだ車がスタックしていまいました

DSC_2523_20240128093310d35.jpg

道路から砂浜に降りるコンクリートの道があるのですが、その上に溜まった砂によってタイヤが空回り…
「JAFを呼ぼうかと思っています」と困っているドライバーがいたので近くの家からショベルを借りてきて渡してあげました

しばらくはドライバーが一人でやっていましたが、それを見た近所の方もショベルを持ってきて二人がかり
私も撮影を一旦止めてショベルを持って砂を掻き出しました

それでもまだタイヤが空回りしたんで「バックの状態で前から後ろに車を押そうか?」と言ったら
ドライバー「それだけはやめてください」と…
なんでもこの車(マツダのロードスター)は、軽量化が施されておりボディのあちこちがアルミで出来ているそうだって…
アルミ製のボンネットを押すとすぐに凹むらしい…(困)
しかもサスペンションを替えて、元々低い車高を更に落としているんで、押しにくい車ではありました

結局空回りしないくらいに三人で砂を掻き出しきって、ようやく脱出に成功

ドライバーさんは私たちに平謝り…
特に私には「肝心の日の出のシーンが撮れなかったのは?」と心配してくれていたのですが
「いえいえ大丈夫です」と言いながらも内心は「こんな場所に車を乗り入れちゃだめだよ」って言いたかったです
まあ私も昔はオフロードバイクで砂浜に乗り込んでスタックし、釣り人数名に助けてもらった思い出があるので人のことは言えませんが…



撮影も全て終わって帰る前にもちろん「波切不動」さんとその隣に祀られている「白龍大明神」さんにお参り

DSC_2597.jpg


「波切不動さん、見ての通り人助けをしましたので今年はイイことがありますように」とお祈りした私はセコイでしょうか(笑)





スポンサーサイト



  1. 2024/01/30(火) 08:32:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

波切不動に陽が昇る2024 壱

久々に「波切不動(なみきりふどう)」に朝日が昇るシーンを今朝撮りに行ってきました

同じカメラ好きの会社同僚から「新舞子の干潟と波切不動を撮りに行きませんか?」とお誘いがあり、一緒に行ってきた次第です

DSC_2515.jpg

実は一昨年の11月に2回ほど、狙ってきた来たので今回は3回目となります

●1回目のチャレンジ→リンク

●2回目のチャレンジ→リンク


今朝は干潟が朝焼けに赤く染まるのを狙ってカメラマンが数名来ていまいた
彼らはもちろん干潟狙いで、波切不動さんには興味なし
DSC_2512.jpg


チョイ寄り気味で撮る
この時のレンズは24-105㎜の標準ズームです
DSC_2542.jpg


朝陽が昇り始めました
雲が無かったらなァ…
DSC_2527_20240128090148e93.jpg

今回はあえてトリミングはしません

会社の同僚はこの時400㎜クラスの超望遠レンズ
DSC_2531.jpg

私もフルサイズ用の300㎜辺りまでの望遠レンズ買おうかな…
ここはやはり、望遠レンズを使って「圧縮効果」による不動さんのすぐ後ろで陽を大きくして撮るべきでしたね


ここから見る干潟は「ひょうごの景観ビューポイント150」に選ばれております
干潟の潮が引く晴れた日は多くのカメラマンがたくさん訪れます
DSC_2553_2024012809014350a.jpg


西側方面の風景
瀬戸内の小島たち
DSC_2546_2024012809194148a.jpg



陽が昇り切ったところで干潟を撮ります
右側にうっすらと虹が出ていました
DSC_2582.jpg


まあ風が無かったのでそれほど寒さは感じられませんした
DSC_2595.jpg


天気予報は晴れでしたが、雲が多くて丸い朝陽が撮れなかったですね
やはり自然相手は難しい…

今年は何回か更にチャレンジしてみようか…








  1. 2024/01/28(日) 09:23:27|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

神戸浮きドック

先週土曜日に行った、ヨドコウ迎賓館の帰りに「せっかく神戸方面に来たのだから、もう一つ寄っておこう」と思って、帰りの途中で寄ってきた「神戸浮きドック」

DSC_2511.jpg


大きいほうのドックには船は入っていませんでした
DSC_2510.jpg


ハッキリ言ってこの「ゴチャゴチャ感」が好きです
DSC_2502_20240120203423c98.jpg


「神戸浮きドック」の辺りは、幕末に開港してからは欧米の船舶の補修を始めたのが始まり
同時に欧米の商人たちが住むようになって一気に発展
それまではのどかな漁村だった町が港湾都市として生まれ変わりました
ですからこの「神戸浮きドック」は、現在の神戸の原点というべき場所ですね

DSC_2507.jpg


無造作に置かれていたペンキたち
DSC_2508.jpg


錆だ!
DSC_2509_20240120203423394.jpg


セールスマンがこんなところにまで来るんだろうか…
DSC_2506_20240120203424cbf.jpg

実は私の近くで多くの作業員の人たちがいましたので、あまり突っ込んで撮ることは出来ませんでした…

DSC_2505.jpg



DSC_2499.jpg


観覧車?
紋章??
なんか「ナスカの地上絵」っぽいぞ…
DSC_2500.jpg


久々の「神戸浮きドック」でした…

わずか5分程度の撮影でしたが楽しかったです














  1. 2024/01/25(木) 06:32:26|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

提灯の下で(日曜日の早朝散歩)

日曜日の早朝散歩です


DSC_2060.jpg


昨日からの小雨がまだ続いていました…
DSC_2036_2024012108193960f.jpg


寒そうに裸で雨に濡れているオネエサンがいたので傘を差してあげようとしたら彫刻でした(笑)
DSC_2043_20240121081937c9c.jpg


姫路総社に行くと境内がやけに明るかったです、初詣の時からの提灯の点灯が続いてたのでした!
一般の神社だったら「とんど」や「初えびす」の時期までなんですけどね
でもこの時は「撮れ高」が低かったので有難かったです(笑)
DSC_2063.jpg

正月明けに行った護国神社のような厳かさはないですが、賑かさではこっちの方が上ですね
それと護国神社では個人の奉納でしたが、この総社では企業の奉納した提灯が中心でしたね

この時は早朝散歩専用機のNikonD40だったので、もうちょい高感度に強い機種の方が良かったかな?

DSC_2061_20240121081935fb3.jpg


狛犬A「ワシの頭におみくじを結んだのは誰じゃ!」
DSC_2058_20240121081945367.jpg


狛犬B「護国神社の狛犬も言っていたけど、早朝から眩しすぎるわい!」
DSC_2065_202401210819450fe.jpg


お馬さん「私は賑やかで嬉しいのですが…」
DSC_2066.jpg


こんな感じの姫路総社でした
DSC_2067.jpg


2週間ぶりのコーヒー店でしたが、この時はスマホを忘れたので写真は無し
マスターはOKしてくれていますが、さすがに店内は一眼を振り回すのは気を遣います(他のお客さんもいるしね)


しかし前回の護国神社の提灯も良かったけど、この姫路総社の提灯も良かった!

巫女さんがいたら、いつまで提灯を点灯しているか訊いたのですがね…
今度はD810かFinepixS5Proで訪ねてみたいです














  1. 2024/01/24(水) 06:18:50|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

印象的に撮る(ヨドコウ迎賓館)②

続きです

小雨が降ったり止んだりしていました
私は荷物になるので傘は車に置いてきました
DSC_2488_2024012015420684c.jpg


木のオブジェで間接照明の役割も
DSC_2460.jpg



DSC_2442.jpg



DSC_2454.jpg



この建物は「日本遺産」の登録もされています
DSC_2483_20240120154201fc0.jpg



DSC_2469.jpg



金属系のモノがあったらツイツイ撮ってしまいます
DSC_2465.jpg



年代物の蛇口
DSC_2472_2024012015420143e.jpg



この鏡はこれまで何人の顔を映してきたんだろうか…
DSC_2474_20240120154202041.jpg



こんな感じで「ヨドコウ迎賓館」を撮ってきました

こういう撮り方もたまにはイイかな…


終わり




  1. 2024/01/22(月) 07:41:07|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

印象的に撮る(ヨドコウ迎賓館)①

去年初めて訪れた「ヨドコウ迎賓館」

前回はNikonD40と45㎜オールドレンズの組み合わせでした
今回はD810に90㎜マクロレンズの組み合わせです

DSC_2458.jpg

今回は前回初めて行ってきたような「ヨドコウ迎賓館はこんなところです」というような撮り方ではなく…
とにかく印象に残るような
撮り方をてきしました


多少ボケていていも気にしません
DSC_2420.jpg


DSC_2487.jpg


和室にて…
レースのカーテンにピントを合わせる
DSC_2468_20240120150528339.jpg

自分の撮りたいイメージに合わせて、ほとんどマニュアルモードでレンズをMFに切り替えての撮影

DSC_2450.jpg



花瓶にマンリョウが生けられていた
DSC_2457.jpg


裏側から撮ります
DSC_2467.jpg


これは前回D40の時も撮った構図
流石は「タムキュー」のマクロレンズ、開放で撮ってもピントピークのキレはぐうの音も出ない
DSC_2418_202401201505150c4.jpg


今回は3階のバルコニーも開放されていました
小雨が降ったり止んだりしていました
DSC_2477_20240120150530473.jpg


この写真が今回のお気に入りになりました
露出を弄ってシルエット風に、そして背景の三色(緑・茶・白)も何かイイ感じに…
DSC_2443.jpg


マニアックな写真ばかりでスイマセン

でもこういう撮り方もたまには良いかな?
なんて思ったりします


続く









  1. 2024/01/21(日) 07:04:11|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マクロレンズでスナップ(うすくち醤油資料館)

マクロレンズを使いたくて、先週の土曜日ヒガシマル醤油の「うすくち醬油資料館」へ行ってきました


DSC_2387_20240114200435d87.jpg


関西ではおなじみの「ヒガシマル醤油」
戦後まで使われていた工場が資料館となって当時の醤油造りを伝えています

エントランスにて
DSC_2410.jpg


今回のレンズは90㎜マクロの一本勝負
フルサイズのカメラで接近戦からスナップまでこの一本でやっちゃいます

醤油の材料である大豆を蒸かすボイラーの蓋です
なんかSL(蒸気機関車)の先端を思い起こさせますね
DSC_2407.jpg


事務所があった部屋
DSC_2362.jpg


戦前からのラベル
DSC_2374_20240114200442c59.jpg



DSC_2385.jpg


実験室跡です
当時の研究・実験器具が残されています
DSC_2356_20240114200435d67.jpg


フラスコの印字にピントを合わせる
DSC_2360.jpg


伝票に印字する器具らしい
DSC_2376.jpg


「麹室(こうじむろ)」にて
蒸かして麹を混ぜた大豆をこの木の枠に広げて熟成させます
DSC_2365.jpg


DSC_2367.jpg


直径2mはあろうかと思われる巨大な樽です
DSC_2382_202401142004414a6.jpg


帳場の照明
当時はオイルランプが活躍していました
DSC_2384_202401142004274e1.jpg


懐かしい窓の鍵
DSC_2394.jpg


二代目当主の銅像らしいです
DSC_2380_202401152033058ec.jpg


DSC_2378.jpg


当時の空調システムのスイッチです
左上の「日立マーク」にピントを合わせました
DSC_2391.jpg


太い梁ですね
DSC_2372_20240114200441440.jpg



資料館の外に出る
DSC_2413.jpg



DSC_2412.jpg


資料館の向かいには別の会社の醬油工場があります(今は稼働していない)
工場の煙突をパチリ…
DSC_2411.jpg


DSC_2414.jpg


APS-Cだったら90㎜はさすがにスナップは厳しいかったでしょうが、フルサイズなので接近戦からスナップまで、なんとか使い熟すことが出来ましたね

しかもこのレンズの描写は結構気にっています
突出した特徴はないけど全体的にハイレベルですね、しかも優しいボケがイイ!
さすが「タムキュー」レンズだ


今後もスナップにも積極的に使ってみようと思う













  1. 2024/01/20(土) 20:03:23|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

上を向いて歩こう

先日行きつけの病院に行ってきました
高血圧で月に一度通院しています

待合室に入ると、私以外の患者さんほぼ全員が下を向いている
皆さんスマホをいじっていますね
見ていない人は私を含め高齢者の方々のみ…

外を歩いても下を向いてスマホを見ながら歩いているが多いです
最近は何事も便利になって、単純に「忙しさ」は減りつつあるのに何故か「毎日が忙しいく過ごしている」感じがします
絶えずスマホを見ていないと不安に感じる人が多いんじゃないかな?
なんて思っちゃいますね

ある学者が「今後もスマホ依存が進んでいくと人類はこう進化する」って、衝撃的な進化した人類の姿を3Dで公表していましたね
それによると背中は大きく曲がり、脳の退化や頭蓋骨の変形に伴って頭は平らに…


「スマホを使ってると言いながら、実はスマホに使われているんじゃないか」って思ったりして…

こういうとき思い出される歌が

上を向いて歩こう

私がグッと来たCM




それと去年の11月に受けた「高圧ガス」に関する国家資格のテストですが…

「不合格」でした(泣)


先日通知が届きました
まあ年末に合格者発表がネットであったので合否は判っていましたが

KIMG0680.jpg

会社で5名受けたのですが、合格は2名
私を含め3名が不合格でした…
なにせ合格率が2~3割という難関な資格ですからね(と言い訳)

部長には報告済みで、部長からは「来年もチャレンジしますか?するなら次回もバックアップしますが」なんて言われちゃいました
まあ同じ職場の若いヤツ受かっていたので、業務自体は問題なく出来るのですがね…

しかし残念でした…

涙がこぼれないように上を向いて歩きましょうかね…
















  1. 2024/01/17(水) 18:09:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

とんど焼き

昨日私の住む地区で行われた「とんど焼き」

地域によっては「どんど焼き」「左義長」なんて呼ばれていますが、お守りやお札、正月飾りや書初めなど、役目を終えた縁起物を焼く儀式です
神社本殿脇に立てられた「とんど」
地域の住民さんたちが、持ってきたものをとんどの周りに積み上げます
KIMG0720.jpg


写真ではわかりにくいですが、とんどの頂上には、「破魔矢」が刺さっています
破魔矢の向きは(刺す方角)、今年の恵方である「東北東」
KIMG0722.jpg


神事が終わったら、神主さんが着火
KIMG0726.jpg


この時は晴れて空気が乾燥しているので一気に燃え上がります
KIMG0733.jpg


焼けきって、とんどが崩れ落ちるまでに僅か3分もかかりません
前日の土曜日に、総勢20名で2時間かけて組み立てたのにね
KIMG0741.jpg

最前列にいると凄い熱風です
空に舞い上がった煤や燃えカスが体にかかっても、これが無病息災につながるのでOK


とんどの着火と同時に、参拝に来た人たちに振る舞うお餅の餅つきが始まります
2021年よりコロナ渦で中止
去年は買ってきたお餅を渡していたので、餅つき自体は4年ぶりです
KIMG0745_20240115201106aaa.jpg


餅つきは力のある若い連中に任せて、自治会役員の私はもち米を炊く竈の火の番に徹しました
着火から薪をくべて火の勢いを維持するのは、昔から得意中の得意(笑)


行事が終わって後片付けも済んで、そのまま公民館で「慰労会」として飲んでいました…

こんな感じで今年の自治会のお仕事が始まった次第です















  1. 2024/01/15(月) 18:41:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

海に臨む神社と巨石信仰

姫路市の海沿いの山に立つ「木庭神社(きにわじんじゃ)」
私のカミさんの地元でもあり、この辺りは桜の名所です
昨日の土曜日午前中に行ってきました

海沿いの小山の頂上に立つこの神社
着いた時は、海から吹き上げる風が強くて寒かったです
DSCF7991.jpg


この神社の周辺には巨石が数多く置かれており、神社が建てられる遥か昔に「巨石信仰」の場であったのではないかと言われています
つまり磐座による信仰です
DSCF7988.jpg


この巨石は明らかに人工的に切り出されて斜めに置かれています
DSCF7972_20240113105806ef6.jpg


斜めに置かれた巨石の面になっている方角の見ると、9km先には信仰の島である「上島(かみしま)」がある
DSCF7984.jpg
上島は、古くから着目されていた無人島です
「日本書紀」にも「神島」という名で記されており、島の中央には竜門という岩屋があり、鱗のある龍が出入りするので黒光りしているという…

ある研究家の話では、この斜めの巨石に大きい鏡を立て灯台の役目、つまり陽の光を反射させて沖を航行する船に合図を送ったり、上島に信号を送っていたのではないか?という学説もある

斜めの巨石の下のには、兵庫県の県花である「ノジギク」が強風に揺られながらジッと寒さに耐えているように揺られていました
DSCF8003.jpg


これも置かれた巨石でしょうね
DSCF7981_20240113105815a92.jpg


石の材質を材質を調べたら「非アルカリ珪長質火山岩類」、つまり約1億年前~6500万年前に噴火した火山の岩石らしいです
DSCF8009.jpg


これは自然の岩石でしょうね
海からの風が強くて帽子が飛ばされそうでした
ここは断崖絶壁なので、これ以上は怖くて行けません
DSCF8012.jpg


とぼけた顔の狛犬さん
なんか沖縄のシーサーテイストがありますね
DSCF7979.jpg


境内は私以外に居ません
DSCF7995.jpg


ここからの眺めを独り占め
ある人がブログで挙げていたこの構図で撮りたかったんです…
DSCF7976.jpg


遠くに見える陸地は淡路島
DSCF7989.jpg



寒さと強風に耐える桜…
ここは絞り開放ぎみで撮って海と空の間をグラデーション的にボカしました(自分的に満足)
DSCF8002_20240113185745814.jpg


今度は暖かくなったら再訪してみよう








  1. 2024/01/14(日) 10:57:16|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (526)
写真散歩(兵庫県) (289)
写真散歩(兵庫県外) (96)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (116)
日記 (352)
独り言 (158)
写真 (36)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2024/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる