fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

運河沿いに行く(今朝の早朝散歩)

今朝の早朝散歩は久々の運河(三左衛門堀)沿いに市街地に向けて北上します


DSC_2713_20240518081327f2e.jpg


まずはいつものようにお地蔵さんにお参りします
朝の6時前なのに既に蝋燭が4本
ご近所の人の信仰が篤いということでしょうね
DSC_2718.jpg

地蔵さんの真言「おん かかか びさんまえい そわか」3回と「般若心経」を唱えさせていただきました

いい顔しているぜ
DSC_2719.jpg


次の土曜日にこの地区のお祭り(川祭り)が開かれます
私も一度だけ見に行きましたが、地元小学生の音楽ステージや、出店も多く賑わいます
DSC_2716.jpg


地元の子供たちの手作り鯉のぼり
DSC_2720.jpg


この鯉のぼりのロープを張る歯車
何を撮っているんでしょうね私(笑)
しかしD40とお安いキットレンズですがイイ描写しています
DSC_2722.jpg


一昨日(5月16日)播磨地域では強風・突風が吹き荒れました
そのためか、ロープに絡まりついて萎んちゃった鯉のぼりもありました
DSC_2724_20240518081320735.jpg



2週間ぶりのコーヒー店です
開店の10分前にお店に来ましたが既に4、5人並んでいました
最近はダイエットのために、今回もモーニング(トースト・ゆで卵)は「ノー・サンキュウー」
KIMG20240518_070826927.jpg


マスターは今回も忙しそうだったので、GW前に高野山で仏像を観まくった自慢がまだ出来ていない(笑)












スポンサーサイト



  1. 2024/05/18(土) 08:29:39|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

私のオールドコンデジ (DSC-P150)

ネタが無いので続けてコンデジの話題を(笑)

「Pスタイル」と呼ばれる独特な形
SONY DSC-P150
です

DSCF9011.jpg

このサイズのカメラとしては1/1.8型と大き目のセンサーで720万画素

背面には1.8型の小さいモニターが…
画像確認にはギリギリの大きさです
DSCF9012.jpg

レンズはカールツァイス3群4枚構成の、レンズのお手本ともいうべき「バリオ・テッサー」光学3倍ズーム
ソニーはデジカメをやり始めてから中級機以上にはカールツァイスレンズを採用してきました

「Carl Zeiss」の文字が誇らしげだ! 

DSCF9017.jpg



このメディアも今は無き「メモリースティック」

でも前回の「スマートメディア」に比べたら流通量もケタ違いに多いので、オークションではすぐに手に入る
そしてこの1GBの容量もあれば200枚くらいは優に撮れます
DSCF9014.jpg

しかもバッテリーが異常なくらい持つのもありがたい



瓦屋根のキレを見たら、いかにも「ツァイスのレンズだなァ」って思う
DSC00056_202405161959197dc.jpg
尾道にて


DSC00069.jpg
尾道の坂


カールツァイス独自の「T*コーティング」はないけど、逆光には当時のコンデジの中でも強い方だと思います

DSC00022_20240516195916b15.jpg
痛車の展示会


スッキリした描写で好感が持てますね
DSC00108_20240516195915453.jpg
金毘羅山にて


先日訪れた高野山でも活躍してくれました
DSC00178.jpg
奥の院にて


この形は前回の「縦型Finepix」並みにホールドしにくそうに見えますが、使ってみるとしっかりホールドできますね


そして私はこの一般的に「Pスタイル」と呼ばれているこの形を
「オバQスタイル」と呼んでいます
立てたらわかると思います(笑)
DSCF9019_20240516195906e9b.jpg



このサイズだから、ポケットやワンショルダーから「すッと出してすッと撮れる」
中古で手に入れて5年目になりますが、まだまだ不具合が出ておらず、私の「スナップシューター」として活躍中です









  1. 2024/05/16(木) 20:40:30|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

私のオールドコンデジ(ファインピクス6800Z)

写真ネタが無いので、私の現役で使っているコンデジを紹介します


フジの
Finepix 6800Z
です

なんと2001年販売のコンデジで、私が現役で使っているカメラで一番古いヤツです
当時は120,000円もしてたんで、当時フィルムカメラを辞めてデジカメを使おうか悩んでいた頃の私は「まだまだ高嶺の花だな」って思っていました
DSCF8983.jpg

フジ独自の「スーパーハニカムCCD」を採用した600万画素の高級コンデジでした
なんせ当時のNikonのプロ機「Nikon D1s」が500万画素の時代ですからね

そしてこのカメラをデザインしたのが、かの工業デザイナー集団「ポルシェデザイン」
このデザインは今でも唯一無二…
2001年度の「グッドデザイン賞」も受賞したそうな

DSCF9003.jpg

金属を多用したズシリと重い「塊感」のあるデザイン
そしてアルミ削り出しの
「ギザギザのローレット」がイイ!
DSCF8993.jpg
ローレットを回すときの重量感も心地よく、「かなりコストがかかっているな」って感心します

そして
「スーパーハニカムCCD」の
赤バッジがカッチョイイ!

シールや塗装ではなく、ちゃんと彫っているところがニクイ…
DSCF9001_20240514190323df3.jpg

「DESIGN BY F・A PORSCHE」
が誇らしい!

DSCF8990.jpg


レンズはもちろん「スーパーフジノンレンズ」です
DSCF8998.jpg


しかし「600万画素」と謳っていますが、独自のハニカム構造によるCCDで構造上半分の300万画素近くはダイナミックレンジを上げるための素子なんで、実際の解像感は400万画素のカメラといった感じかな…
DSCF0011_20240514190326e30.jpg


DSCF0013_20240514190328d3d.jpg


ネコさんの毛並みもまあまあ解像していますね
ブログの写真だったら充分通用しそうな感じですね
DSCF0012_2024051419031375d.jpg


このカメラを今でも現役で使っている人なんて殆どいないでしょうね
今は無き「縦型Finepix」であるこのカメラをたまに使ってやると「珍しいカメラ使っているな」なんて視線を感じます

一度「懐かしいカメラを使ってますね」なんて話しかけられたことがありました



そしてこのカメラの一番辛いのが、メディアがもう無いこと…
絶滅種の「スマートメディ」ですから
ちょっと曲げただけですぐにも折れそうな薄っぺらさ…
DSCF9009_20240514190323cbe.jpg

このカメラをオークションで手に入れた時は16MBのスマートメディアが付属…
最高画質で撮ると7枚程度を撮るともう一杯…

後になって128MB(スマートメディアの規格上最高容量)をオークションで手に入れて使っています
それでも50枚程度で一杯です
と同時にバッテリーも終わります(笑)
DSCF9007_202405141903194b6.jpg



この6800zの前モデル「Finepix4700」のライカOEM版である「LEICA DIGILUX 4.3」のカタログ写真を見つけた
男が縦型Finepix(OEM版だが)をオシャレに構えている…
特に左手の人差し指をそってカメラの側面に添えるところがカッチョイイではないか!
このお兄さんみたいにカッコよく撮りたいなァ…
20160614221431b2a_20240514193211fda.jpg



オークションでも「完動品」なんて今では滅多に出品されていない
たまにあっても2万円以上していますね


いずれにせよ、大事使って行こうとは思います






  1. 2024/05/15(水) 18:02:18|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

三木家住宅

姫路市林田町にある「三木家住宅」に行ってきました

五月人形が飾られていました

DSC_3602.jpg



DSC_3606.jpg



地元の版画画家さんの作品も展示されていました
DSC_3594_202405111737587ab.jpg



三木家住宅は江戸時代の林田藩の大庄屋です


今回のレンジは先日手に入れたNocton58㎜F1.4
チョイ絞るとスッキリした描写ですね

茅葺の上に瓦屋根が乗るのは珍しい、私はここ以外に見たことはありません
DSC_3621.jpg



DSC_3588.jpg



DSC_3596_20240511173758841.jpg



浅い被写体深度を楽しみました
DSC_3620.jpg



DSC_3595.jpg



DSC_3615.jpg



DSC_3616_20240511173744a5f.jpg


太い梁ですね
DSC_3600.jpg


湯殿の装飾
DSC_3584_20240511173751cb3.jpg



こんな感じの三木家住宅でした


まだまだNoctonを使い熟せていない感じもします
ドンドン使って行かなければ














  1. 2024/05/13(月) 17:36:52|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「播磨の絶滅危惧種展」

本日午前中に植物園に行ってきました

朝一番に自治会の用事で神社掃除をしてきましたが、一旦家に帰ってからシャワーで汗を流してからやってきました(写欲の塊やね私は)

現在植物園では「播磨の絶滅危惧種展」として、播磨地域の絶滅危惧の恐れがある植物が展示されています


まずは「ミヤコアザミ」
DSC_3470.jpg


「クリンソウ」
DSC_3482_202405111206030fd.jpg


「イシモチソウ」
モウセンゴケの仲間で胞子のように伸びた先端にある「ネバネバ」で小さい虫などの獲物を捕まえるそうだ
DSC_3494.jpg


絶滅が危惧されれている品種って相対的に小さくて地味で「雑草かな?」なんて気づかずに目立たないイメージがありますね
だからこそ、もっと目を向けてやる必要があるんでしょうね



NHK連続ドラマでチョイ有名になった、牧野富太郎先生の以下の言葉を思い出しました
DSCF6298_20240511123716aab.jpg



それ以外の植物を撮る


「オクナ・セルナタ」という熱帯の植物
別名「ミッキーマウスの木」、実をひっくり返せばそう見えなくはない(笑)
DSC_3504_2024051112060300b.jpg



DSC_3528_2024051112055690d.jpg


今回はTAMRONの90㎜「タムキューレンズ」の一本勝負です
スッキリした描写だなァ
DSC_3500.jpg


西洋アジサイの仲間は見頃だ
DSC_3516.jpg



DSC_3515.jpg


温室の外の花壇では、小さい可愛い花が咲き乱れていました
DSC_3544_20240511120556889.jpg


この時の気温は26℃
チョイ汗ばむ陽気だ
DSC_3565_2024051112060580f.jpg


最後は「売り場」でのマリーゴールド
DSC_3559_202405111206036a7.jpg



毎回言っていますけど
花の写真ってイイなァ










  1. 2024/05/11(土) 19:04:35|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

色相遊び

写真ネタが尽きたので「色相」を変えて遊んでみました

画像編集ソフトの「Photoshop Elements2021」を使ってJpeg画像の色相を「ブルー系」に変換しました

DSC_0814_202405062057345cc.jpg



DSC_1831.jpg



DSCF7305_20240506205735fae.jpg


レトロなモノやアンティーク調のモノが似合いそうですね
DSCF7299_2024050620573060a.jpg



DSCF8741_20240506205730070.jpg



DSCF7526.jpg



DSC_3318_2024050620573027b.jpg



雨の日の重い空気感も強調されますね
DSCF0317.jpg



暇つぶしで遊んでみました
デジタルだからできる遊びですね







  1. 2024/05/09(木) 06:51:33|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雨の漁港

GW連休最後の日は、早朝散歩を終えて帰ってきてから雨でした

午前中は用事が無かったのでどこかへ行こうかな?なんて考え、FinepixS5ProにNocton58㎜を装着して行ってきました

室津漁港です


DSCF8866.jpg



降雨量はそれほどではありませんでしたが
とにかく風が強かった…

DSCF8860.jpg

撮影するときは、傘の柄を首と肩の間に挟んだ状態での撮影
しかしここは海沿いだ
一瞬の海からの突風で傘が飛んでしまいそうになることが多々あって(実際に一度だけ撮影中に傘が10mほど飛ばされました)、思うように撮影できません(泣)


DSCF8853.jpg



DSCF8863.jpg


しかしリアカーばかり撮っていたなあ(笑)
DSCF8864.jpg



F1.4まで開いて撮影
空き缶の上面にパープルフリンジっぽいのがありますね
DSCF8865_20240506195854e86.jpg

この辺りはオールドレンズで慣れっこなので気にしない
F2以上に絞るとほとんど解消しますので

DSCF8845.jpg


雨が降る風景独特の「薄いブルー」がかかった情景を撮れたかな?
DSCF8855.jpg


最後はお決まりの作業用照明の電球
この写真を見たらFinepixS5Proで良かったなァと思ったりして
DSCF8846.jpg


雨風のおかげで20枚程度しか撮れませんでしたね
やはり雨の日の撮影は、雨合羽とレンズフードが必要か…








  1. 2024/05/07(火) 16:50:46|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今朝の早朝散歩(D40でNocton)

今朝の早朝散歩です
またまたNocton58㎜を使っちゃいます(くどくてスイマセン)…

今回は私の早朝散歩専用機のNikonD40
私が持っている一眼で2番目に古い(2005年発売)機種で、600万画素の入門モデルです

絞りをF2で撮る
DSC_2681.jpg


いかにもCCDな色乗りです
DSC_2710.jpg

写真は全てRAW+Jpeg(BASIC)で撮影
二つ合わせても一枚6MB前後しかありません
財布、いや保存用HDDに優しいカメラです(笑)


今度は開放で神社で撮ります

DSC_2687_20240506082104bee.jpg

この日記にはあげていませんが、開放で撮ると条件によってはFinepixS3Pro以上にパープルフリンジが盛大に出ますね
絞りをF2以上にするとほぼ解消しますが


本当に浅い被写体深度です
DSC_2701_20240506082107ad7.jpg


雨がふりそうな気配
DSC_2703.jpg


神社の参道を掃除するオバサン
ご苦労様です
DSC_2702_20240506082113d6e.jpg



神社の周辺に移動

グリーンのボトルにピントを合わせる
DSC_2708.jpg


ブログ用の写真ならまだまだ現役で使えそうだ、この「リトルニコン」
このカメラにNoctonは明らかにオーバースペックですが、年末にTAMRONの90㎜マクロやSIGMAの24-105㎜「Art-LINE」レンズを組み合わせた時と同じように「大化け」してくれそうなカメラだと再確信


この辺りのボス猫に久々に出会う
警戒心の強さから目が合うとすぐに草むらに避難
動き回るのでMFレンズでは中々ピントが合いません
DSC_2706.jpg



二週間ぶりのコーヒー店
いつものように開店5分前に来ましたが、既に4、5人並んでいました
KIMG20240506_070704618.jpg

5月に入って私が楽しみにしている「仏像カレンダー」が替わっていました
マスター「當麻寺の仏像さんです」
私「たしか地蔵菩薩さんですが、當麻寺では別の名前で祀られていた記憶が…」
マスター「カレンダーの説明文を読むと妙幢菩薩(みょうどうぼさつ)って書いてますね」
私「指の印(いん)の形が独特でよく覚えていました」
マスター「流石ですね、お詳しい」

こんなマニアックな会話を、カウンターの私の横で座っている老夫婦はどう思ったんだろうか(笑)







  1. 2024/05/06(月) 08:52:49|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

FinepixS3Proでノクトン

またまたNoctnで試し撮り
今回は私の手持ちで一番古いfinepixS3Proです
販売が2004年の20年選手です

DSCF5148.jpg



古くて大きなプロ機にクラシックなこのレンズ
意外とビジュアル的に合っていると思います
KIMG20240504_101603532.jpg

しかしこのカメラ、「サブコマンドダイヤル」が壊れており、絞りがカメラ側で変更でないという致命的な故障(泣)
従って今回は全てカメラ任せの「プログラムオート」で撮影
「フィルムシミュレーション」は「F2(フジクローム)」のセッティングです


中央付近の葉にピントを合わせる
フィーカスポイントが5つしかないので、狙った位置に合わせられるかは心配です
しかし少し鮮やかすぎるともとれますね、露出を抑えるべきだった
DSCF5164.jpg



DSCF5124.jpg



コントラストは古いカメラの割にはイイ感じです
まだまだ現役で使えそうだ
DSCF5129.jpg



木の質感はFinepixS5Proとイイ勝負だな…
DSCF5152.jpg



無機質な空間を撮る
DSCF5167.jpg



DSCF5188.jpg


イイ感じじゃないですか
これまで撮ってきたFinepixS3Proの中でも一番私好みの絵かもしれない…
DSCF5168_20240504221733138.jpg



DSCF5175.jpg



DSCF5182_202405042217405f5.jpg


レースのリアルさは及第点だ
DSCF5172.jpg



やはりこのレンズ、私の狙った通りの絵を吐きだしてくれる「仕事人」的なレンズですね!

次はNikonのD40
「平成のリトルニコン」と言われる600万画素のCCDだったらどんな絵になるか楽しみではあります


しかしこのFinepixS3Pro
「サブコマンドダイヤル」が壊れたまま使い続けるか、もう一台オークションで手に入れるか真剣に悩んでいるところ
さっきヤフオク見たら、もう状態のイイ個体はごくわずか…












  1. 2024/05/05(日) 16:10:21|
  2. 写真散歩(姫路市内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

神社で試し撮り(FinepixS5Proでノクトン)

昨日、カミさんとカミさんの母親連れて道の駅(道の駅一の宮)まで買い物に行ってきました

二人が道の駅で買い物をしている間に向かいにある神社(伊和神社)にちょっとだけ寄ってきた


立体感はまずまず
DSCF8824.jpg


今回のカメラはFinepixS5Proです
撮影設定はフィルムシミュレーションの「F2」、つまり「ベルビア調」になります
私がコンタックスやニコンのFM2を使っている頃のフジフィルムのフィルムは「フジクローム100」かコダックでしたね
※「ベルビア」はまだ販売されてなかったかな?

DSCF8832.jpg


緑の葉っぱ付近にピントを持って行った
DSCF8804.jpg


DSCF8809.jpg


本殿の床下
DSCF8814.jpg


DSCF8836.jpg


解像度やエッジの立て方はNikonのD810の方がもちろん上ですが、ピントの芯はきっちり残っている
そして木の質感はもしかしてFinepixS5Proの方が私好みかも…
DSCF8838.jpg


DSCF8817.jpg


私が大好きな日本酒の銘柄「奥播磨(おくはりま)」の樽が奉納されていました
DSCF8820.jpg


こういう条件で開放で撮るとうっすらとパープルフリンジが確認されますが、チョイ絞ればすぐになくまります
D810でもありましたが、それほど目立ってはいませんでした
DSCF8828.jpg



この写真、色の深みを見て
「このレンズFinepixS5Proの方が合うかも」
って思ったりして…
DSCF8808.jpg

このFinepixS5Proで他のフィルムシミュレーション(今回のF2以外にまだ4種類ある)でも試してみたいと感じました


そして次は手持ちで一番古いFinepixS3proで使ってみようか?



  1. 2024/05/04(土) 14:38:25|
  2. 写真散歩(兵庫県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (535)
写真散歩(兵庫県) (292)
写真散歩(兵庫県外) (97)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (116)
日記 (352)
独り言 (158)
写真 (37)
カメラ (28)
寺巡り (24)
レンズ (17)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる