fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

「人間は善玉と悪玉がモザイクになった生き物」

これはある歴史家が言った言葉

中世の「しがらみ」をぶっ壊して近世の扉を開いた織田信長。一般には颯爽とした印象でいわゆる「善玉」ですが、それは後世の話。

病的とも言える徹底した「合理主義」の信長、自身が「非」と思った者は非戦闘員も関係なしに殺戮しまくった。比叡山焼き討ち、伊勢・長島の大虐殺…おそらく殺戮した人数は日本史上一番だったのでは。
琵琶湖周辺のお寺巡りをして気付くのですが、「焼け仏」(焼けて炭になった仏像)の多い事。戦国の世に多くの寺院が焼かれ、伝承では殆どが信長の手によるものだとか…この辺りの人々にとって当時の信長は完全なる「悪玉」だったんでしょうね。

本能寺で信長を斃した明智光秀は悪魔を倒したかのような脱力感を味わったと思う。
年齢は50歳をとうに越しており、アチコチの戦場で信長にこき使われており当然天下なんて狙えるはずがない、後世は光秀を「悪玉」としており、更にその光秀を倒した豊臣秀吉は「善玉」といった感じ。おそらく秀吉は、内心は光秀に感謝していたはず。だって一歩間違ったら、同じように信長にこき使われていた自分が光秀になっていたかもしれなかったもんね。


しかし天下を取った後の秀吉は完全な「悪玉」になってしまった感がある。

無意味な朝鮮出兵で、武将たちをタダ働きをさせたばかりか、数万の日本兵を朝鮮の地で戦死させている。そして自身の繁栄のために身内である秀次一族をも虐殺する。


スナップで写した市井の人々

DSCF8273.jpg

DSCF7201.jpg

彼らの中にも「善玉」と「悪玉」が同居しているのかな

DSCF8260.jpg

と考えた瞬間、ちょっとほほえましく思えた。

戦国時代に生きてなくて良かったと思う瞬間。



スポンサーサイト



  1. 2016/11/18(金) 21:40:58|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<紅葉ライトアップ突撃 | ホーム | 逆光気にしない>>

コメント

モノクロ写真って味わいあっていいですね。
脱いだ靴がきれいにそろってあると身投げ?と思ってしまいます。
私も善玉と悪玉あります。年と共にカモフラージュできるようになりましたが。子供が3歳位の時、寝ている時は天使のようでしたが、起きて走り回ると小悪魔のように
見えることもありました。
  1. 2016/11/19(土) 00:45:17 |
  2. URL |
  3. おたま #-
  4. [ 編集 ]

おたまさんおはようございます。
私も最初並べられた靴を見てドキッとしました。しかしこのおじさん私がカメラを前で構えているのを知ってか知らずが一歩一歩直向に歩いている。
「子供は親を困らせるのが仕事、親はそれを良い方向に導くことが仕事」なんてことをどこかのご住職が説いていました。詳しい内容は忘れましたが、広い意味で納得しました。
姫路ツアー、楽しかったようでよかったです!
  1. 2016/11/19(土) 07:58:03 |
  2. URL |
  3. toshi #-
  4. [ 編集 ]

あんたもワタシもどちらかというと「悪玉色」寄りだね、昔から…(笑)
  1. 2016/11/19(土) 08:14:30 |
  2. URL |
  3. 播州人 #-
  4. [ 編集 ]

そうだね、お互い親には昔から苦労をかさせていたから。
その分現在は、子供たちに苦労を掛けられているわ…
  1. 2016/11/19(土) 10:37:27 |
  2. URL |
  3. toshi #-
  4. [ 編集 ]

結局、「勝てば官軍、負ければ賊軍」ということですね。
歴史はみんなそれを前提に書かれていますね。

ほとんどの人が、それを当り前にように受け入れているのですね。
そう教育されてきたのですからね。

  1. 2016/11/19(土) 20:11:54 |
  2. URL |
  3. 邂逅 #SSvAeGvA
  4. [ 編集 ]

勝てば官軍

確かにそうですね。
例えば古代では「古事記」や「日本書紀」に書かれた内容がそのまま教えられてきましたが、最近になってようやく史実とのずれが指摘され始めている。だからある意味「歴史」って面白いと思いますね。

コメントありがとうございます。
  1. 2016/11/19(土) 21:12:12 |
  2. URL |
  3. toshi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamamtso.blog.fc2.com/tb.php/121-38074ef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (511)
写真散歩(兵庫県) (284)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (349)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる