toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

土に還る石仏たち 高野山奥の院

先日の高野山での写真を幾つかアップ

DSC_2165.jpg


高野山奥の院
空海がいまだに生きて修行を続けているとされる御廟に続く参道。その参道沿いに多くの墓標が並んでいる。ある学者はその数は20万基あるというが、墓石が朽ち果てて土に還った後の上にまた新しい墓標が置かれるので正確な数は誰も分からない。奥の院から遠く離れた「大門」周辺の発掘調査でも地中から数多くの墓石が発見されたことを聞くと、もうどこまでが本来の奥の院だったかは誰も分からない…

奥の院の参道を歩いていると、朽ち果てかけた石仏や墓標が幾つも見られます。
DSC_2176.jpg
でもそんなお地蔵さんにもちゃんと前掛けを掛けられているところを見ると人々の「高野山への想い」というものを感じられる

名もなき人たちが納めた墓標ばかりがピラミッドのように積み上げられている
DSC_2112.jpg
いずれこの山も土に還るんだろうな

DSC_2150.jpg

誰が積み上げたか小石が…
あちこちに「石積み」も見られます
DSC_2177.jpg
ここは死者と遺された者を繋ぐ「賽の河原」的な場所でもあるのか

苔むした墓標
DSC_2119.jpg

DSC_2118.jpg

誰が置いたか可愛いお地蔵さん
DSC_2174.jpg

奥の院
朽ち果てた墓標が土に還って堆積した上にまた新しい墓標が立つ。
同じように弘法大師の近くで眠りたいと願う人々の想いも堆積した聖地だと思う。

DSC_2122.jpg

先日行ったばかりなのにまた行きたくなっている私







スポンサーサイト
  1. 2017/07/22(土) 11:10:22|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<水は高いところから低いところに流れる | ホーム | 赤穂民俗資料館(建築様式編)>>

コメント

奥の院には一度だけ行ったことがあったけど、ただ通り過ぎただけです。石仏好きなアンタには堪らない場所なんでしょうなあ~
  1. 2017/07/22(土) 21:11:13 |
  2. URL |
  3. 播州人 #-
  4. [ 編集 ]

>播州人さん
今回の和歌山ツアーで撮った写真が550枚。その三分の一位が奥の院の墓標や石仏でした。
特に苔むした緑にお地蔵さんの前掛けの赤が映えてフォトジェニックに感じしまって、ツイツイレンズを向けてしまいます
  1. 2017/07/22(土) 22:19:13 |
  2. URL |
  3. toshi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamamtso.blog.fc2.com/tb.php/261-d01a6cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会い、
そして邂逅(かいこう)等を
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりですが
未だ現役。

camera
NIKON:D7000
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TAMRON:AF17-50mm/f2.8 VC
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
TOKINA:17mm/f3.5 RMC
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (12)
歴史 (24)
写真 (18)
寺巡り (19)
独り言 (27)
写真散歩 (106)
仏教 (24)
レンズ (4)
播州の祭り (7)
神社 (3)
日記 (38)
旅行記 (7)
オーディオ (1)

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる