toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

コンピューターと人間の関係

「幸村真佐男展」を開いている岡之山美術館に入ります
幸村真佐男ってどっかで聞いた名前ですがよく覚えていません

受付で入場料310円を支払い、正面の階段を上がって2階の展示室へ
「写真?バシバシ撮って拡散してください」という受付のオネエサン。入場者数が少ないためなのかな…

展示室はは3つに分かれており、第1室は幸村さんの初期のコンピューターグラフィックの作品がシルクスクリーンにプリントされて展示しありました

DSC_2606.jpg
ケネディさんですね、「Computer is a Good Illustrator」なんて時代を感じますね
DSC_2609.jpg
幸村さんがコンピューターの特性を生かしてデザインを始めたのが1960年代後半だそうで、さまにCGの世界的な先駆けの存在として有名らしい

ホログラムか
回転しながら変化する映像を見せています
DSC_2645.jpg
第1室と第2室の間に1階と通じる吹き抜けがあり未来的・SF的な感覚となります
DSC_2608.jpg

第2室には分厚い本が並んでいます
パンフレットには「非語辞典」らしい
DSC_2616.jpg

「非語辞典」…意味が分からないので、あるサイトからの引用(すこし変えています)
『この作品はコンピュータのプログラムにより漢字やアルファベットをランダムに組み合わたもので、例として、「a」では4個の文字列で始まる「非語辞典アルファベット編(4字)」は「aaaa」「aaab」「aaac」と続いて行く。一見無限に思えるが実際的には有限であり、その文字列のほとんどは「非語」であるが熟読する中で偶然的に意味を持つ言葉に出会うかもしれない。
このようにコンピュータによってこの世に存在する全ての文字の組み合わせをリストアップし並べていく。このコンピュータに代行させた、徒労とも言える作業によって生まれた分厚い辞典を前にすると、人間には体感することのできない途方も無い時間軸を見ることができる。それは、人間の不可能性を打破するもので、その発想力の可能性と限界を探求するものである』
らしいです、その組み合わせをアルファベット以外に漢字で「般若経編」などとズラーっと印刷して本にしたのがこの「作品」です。
しかし凄まじい労力です

第3室は映像のコーナー
DSC_2621.jpg
巨大な写真が貼られた部屋、正面の壁にプロジェクターで次々に変わる画像。
部屋全体を写したかった、もう少し広角のレンズを持ってくればよかったかな…
DSC_2617.jpg
次々に変わる画像には漢字4文字が一緒に写し出されており、写真の「行雲粒龍」の次に「行雲粒漁」⇒「行雲粒料」と次々に組み合わせを変えながら高速で画像も替えていくという、まさに「非語辞典の映像版」、じっくり見ていると「何時まで続くのか」と少し疲れてくるし、少々不安さえ感じます…

コンピューターは人間には到底及ばない計算能力があります

コンピューターに対峙する人間を心情を表しているというのがこの「作品」、つまり幸村さんの狙いだったかなと思いました。現在はAiが発達して、逆に人間がAiに支配される、そんな近未来を予想する学者もいますが、それに通じるものがこの作品にあるのかなとさえ思ってしまう。
コンピュータに無限の可能性をみた幸村さん、当初は、「Computer is a Good Illustrator」と謳っていたが、コンピューターの能力の凄まじさに人間が付いてこれるかという不安が作品の遍歴に表れているようで…
ワシ、いつもの癖で難しく考え過ぎなのかな?


1階に降りる
先ほどの吹き抜けの部屋に入る
DSC_2635.jpg
蒼いタイル貼りの部屋の床に作品が
DSC_2633.jpg
タイトルは「Return to a Square」だって

う~ん私には難しくて意味がまだ理解できない…

しかしこの美術館、日常とは全く異なる世界を演出しているようで来てよかったです。
私にとってまさに「トリップ&リトリート」。
日常を忘れたくなったらまた来てみたい場所となりました。


スポンサーサイト
  1. 2017/08/11(金) 09:54:44|
  2. 写真散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<かつてのソロ・ライダー | ホーム | 日本の真ん中の美術館>>

コメント

この美術館はへそ公園の隣にあるんだっけ???
子連れで行ったときに間違ってこの美術館の方へ行ってしまってUターンした思い出が。
子供も大きくなったので機会があったら私も行ってみたいです
  1. 2017/08/11(金) 18:08:35 |
  2. URL |
  3. 播州人 #-
  4. [ 編集 ]

>播州人さん
以前子連れで訪れていた場所でも、一人で訪れていると以前は気付かなかったことが見えてきたりする。そういう感じでレビジット(再訪)するのも面白いかも、です。
  1. 2017/08/11(金) 18:44:28 |
  2. URL |
  3. toshi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamamtso.blog.fc2.com/tb.php/271-d6eab4f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会い、
そして邂逅(かいこう)等を
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりですが
未だ現役。

camera
NIKON:D7000
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TAMRON:AF17-50mm/f2.8 VC
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
TOKINA:17mm/f3.5 RMC
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (12)
歴史 (24)
写真 (18)
寺巡り (19)
独り言 (26)
写真散歩 (106)
仏教 (24)
レンズ (4)
播州の祭り (7)
神社 (3)
日記 (38)
旅行記 (7)
オーディオ (1)

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる