FC2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

マクロレンズで玩具博物館

続いてやってきたのが「水の館」を5キロほど北に上がった「日本玩具博物館」です

DSC_6792.jpg

これまで何度も訪れていましたが、このマクロレンズで行くのは初めてです

早速置かれている玩具たちをバシバシ撮ります

DSC_6786.jpg

この辺りは全て絞り開放(f2.8)で撮りました

DSC_6871.jpg

ビー玉って意外と被写体としてイイんですよ

DSC_6799.jpg

木のぬくもりを感じる

DSC_6783.jpg


「ちりめん細工」が飾られていました

DSC_6867.jpg

程々に接近して撮る

DSC_6848.jpg

DSC_6847.jpg

DSC_6860.jpg

イイねェ~

DSC_6857.jpg


外に出る

別館の入り口には魔除けの「柊鰯(ヒイラギイワシ)」
DSC_6808.jpg
独特な匂いが鬼や悪魔を退散させる効力があるという
逆にイワシを焼く匂いで鬼を引き寄せて、ヒイラギのトゲで鬼の目を刺すという言い伝えも

DSC_6824.jpg


ガラス窓を通して写した花瓶の花

DSC_6830.jpg

イイねェ
本当に40年前のレンズなのかと疑ってしまう
DSC_6805.jpg

DSC_6840.jpg

このレンズを使うたびに「フルサイズの一眼だったらもっと表現に幅ができるのになァ」なんて思ったりして
(ゴメンねD7000)

DSC_6842.jpg

雨が本降りになってきたのでそろそろ帰ります





スポンサーサイト
  1. 2018/06/24(日) 00:02:34|
  2. 写真散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<fractures of a rib | ホーム | 「水の館」>>

コメント

マニアすぎる。。。
ビー玉ってなぜ被写体にいいのですか?
  1. 2018/06/24(日) 18:59:52 |
  2. URL |
  3. Vodka #-
  4. [ 編集 ]

>Vodkaさん
ビー玉をいかにうまく写せるかという事をカメラ雑誌に書いていたことを思い出しました
ガラスの中の泡や表面の傷などをいかにクリアに写せるかを記事に書いていました
そしてビー玉をうまく使った写真(風景をビー玉に閉じ込めた写真など)がネットでアップされています
  1. 2018/06/24(日) 21:19:15 |
  2. URL |
  3. toshi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamamtso.blog.fc2.com/tb.php/468-b9e97cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会い、
そして邂逅(かいこう)等を
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりですが
未だ現役。

camera
NIKON:D7000
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TAMRON:AF17-50mm/f2.8 VC
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
カメラ (14)
歴史 (43)
写真 (25)
寺巡り (22)
独り言 (51)
写真散歩 (195)
仏教 (54)
レンズ (8)
播州の祭り (16)
神社 (6)
日記 (113)
旅行記 (13)
オーディオ (2)
本 (1)
飛び出し坊や (5)
見仏クラブ (9)

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる