fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

陰陽師、安倍晴明について

今日は久々の歴史ネタ…
チョイ長くなりますが…

チョット前にブームになった「陰陽師(おんみょうじ)」

そのなかでヒーロー的に祭り上げられた「安倍晴明(あべのせいめい)」さん
自ら法力(超能力)や呪文、そして「式神(しきがみ)」と呼ばれる配下の鬼神を使役し、朝廷を守るというカッコイイお方だと巷で有名です。
しかし実際はどうだったんだろう…

まず「陰陽道(おんみょうどう」と言われる思想とは何か…
簡単に説明すると…
中国の古代の農民が日当たりの悪い場所(陰)にできる作物と、日当たりの良い場所(陽)にできる作物との違いに驚き、農村にいた天才がそれを形而上化(けいじじょうか)したものが元となり、その現象と季節・天候・天体の動きなどを結び付け『人も天も陰と陽の二元から成り立っている』なんて思想から導き出されたんだと思う(あくまでも私の考え)
その思想が七世紀の後半あたりに当時の日本に伝わり、陰陽師を養成する学校(陰陽寮)も造られ、当時としては立派な「科学」といして成り立っていました。都を遷都するたびに、陰陽師たちに占ってもらった結果を元に都市計画を立てていたのは事実です
と同時に畿内の各地に天体の動きをみるために天文観測所が造られ始めた
私の住む播磨地域にも廣峯山辺りに天体観測所があったと言われており、安倍晴明のライバルであり陰陽道対決を行った「蘆屋道満(あしやどうまん)」さんの伝説も色濃く残っています

DSC_2081_201912031837593dc.jpg


その安倍晴明さん、色々な伝説が残っていますが実際には時の権力者の手先となってライバルを呪ったり、権力闘争の片腕となって活躍した伝説が多く残っています

そのなかで一番有名なのが「花山天皇の出家退位事件」

わずか17歳で即位した花山天皇
時の権力者だった藤原兼家(ふじわらのかねいえ)は、外孫の懐仁(やすひと)親王(のちの一条天皇)を即位させるために陰謀を企てた。
藤原忯子(ふじわらのしし)という女性を溺愛した花山天皇、その藤原忯子が妊娠中に死亡したことに呆然となる…
兼家の三男である藤原道兼(ふじわらのみちかね)は、悲しみに暮れる天皇に近付き「一緒に自身と共に出家し、忯子の魂を鎮めましょう」とそそのかして元慶寺に密かに連れ出す
そして天皇が元慶寺にて剃髪し終わった時に道兼は「私が出家することを父(兼家)に報告に行かねば」といって寺を抜け出たまま帰ってこなかった…その間に天皇の印(しるし)である、「三種の神器」が勝手に宮中から持ち出された
花山は『だまされた』と思っても後の祭り…在位僅か2年の短命天皇となった
実は花山天皇が宮中の内裏を出て元慶寺へ向かう途中、安倍晴明の屋敷の前を通った時、屋敷内から清明が『帝が退位なさるとの天変があった。もうすでに…式神一人、内裏へ参れ』という宣託(せんたく)を叫ぶ声を聞いた
この宣託を聞いた花山はガッカリしただろう…
宣託は神のお告げ、これには従わねばならない
実はこれはわざと花山天皇に聞かれることを意図した巧妙な演出だったらしい…
この時期、安倍晴明は藤原兼平のお抱え陰陽師であり、すべては藤原兼家の仕組んだ罠だったのだ
今と比較してはいけませんが、当時の天皇家は凄まじく「権力の渦」に巻き込まれていたんですね…


実は上記の事件は「大鏡」という紀伝体の歴史物語に記されているお話なので本当かどうかは分かりませんがね

DSC_8760.jpg

でも実際は当時の陰陽道のスペシャリスト達は、「権力者たちのお抱え」となった記録がアチコチに遺されている
各権力者は「マイ陰陽師」を抱えていて、自身の屋敷を建てる際の方角などを占ってもらったり、ライバルを倒す吉日などを占ってもらったりはしていたそうだ


史実上の安倍晴明さんは、最終的に「主計権助」という役職についている、これは徴税にまつわる仕事らしい

映画や小説とは全く違う感じですね



映画を観て、小説とか読んで「安倍晴明ファン」となった女性たち、スイマセン…



スポンサーサイト



  1. 2019/12/03(火) 18:45:06|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<卓球 | ホーム | 寒さに耐えるシクラメン>>

コメント

さすがに詳しいですね^^
次は蘆屋道満伝説を佐用や加古川の写真入りでお願いします^^
  1. 2019/12/03(火) 21:26:45 |
  2. URL |
  3. Vodka #-
  4. [ 編集 ]

>Vodkaさん
道満さんの式神がぶつかって倒れそうになっている「こけ地蔵」、や道満さんが使った「あの世」へ通じる井戸などが加古川を中心に色濃く残っています
一度写真に収めるために巡礼して来ようかな?

  1. 2019/12/03(火) 21:50:45 |
  2. URL |
  3. toshi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamamtso.blog.fc2.com/tb.php/855-889b68de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (511)
写真散歩(兵庫県) (284)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (349)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる