fc2ブログ

toshi's afterimage

古いデジタルカメラで写真散歩・寺巡り・歴史・仏教など…

私にとって琵琶湖は「殯の湖(もがりのうみ)」

今日は少し長くなります。

「琵琶湖」には申し訳ありませんが、私は以前から琵琶湖には暗いイメージがありました。

井上靖の小説「星と祭」。
最愛の娘を、琵琶湖でのボート転覆で亡くした父親。
「加害者」と言える男友達(娘を誘ってボートに乗り一緒に沈んで行方不明となる)の父親と二人で湖北の十一面観音巡りをしていく。やがて心を開いた父親は漸く娘の死を自分の中で納得させていく、「死とは何か」を考えさせられる長編小説です。

私はこの本を読んで琵琶湖の十一面観音巡りに行くきっかけとなったわけです。

そしてこの小説のモチーフにもなった悲しい伝説が琵琶湖にあります。

湖北に浮かぶ竹生島(ちくぶじま)。
ここから一番近い岬である葛籠尾崎(つづらおざき)にかけて、かつて漁師の網に白蝋化した遺体が多く引き揚げられたそうです。

この地は古くから戦が多く、特に「賤ケ岳の戦い」で負けた柴田軍の武将や兵士たちが逃げ場を失う。やがて彼らは琵琶湖に浮かぶ竹生島めがけて馬共々泳いでいくうちに力尽き沈んで行ったという。
沈んだ者たちは成仏できず、湖底の奥深い千畳洞窟で水底の世界を作り、時化(しけ)で沈んだ漁師たちと生活をしている。しかし冬の寒い日には、あまりの冷たさと人恋しさで、湖(うみ)から上がって、亡霊として夜な夜な村の戸を叩くため、村人は冬にはそれに備えて仏壇に熱い茶や燗酒を供えたという。
ここは琵琶湖で特に水温が低いため、遺体は腐らずそのままの形で沈んでいるといわれているそうです。


そしてこのあたりは、湖底から縄文時代から平安時代にかけての土器が時々漁師の網に引き上げられるそうです。このあたりは水深は琵琶湖で最も深く、誰がどのうような理由で、そしてどういう方法で土器を沈めたのか全くの謎らしい。湖底調査をすると、土器は水底に上向きに均一に並べられており、土器の中に人骨が入っているものもあるそうです。
ここは「湖底墓場」なのか…

遥か南海のミクロネシア。
ある海辺の村では、葬儀を終えると親族の代表が、遺骨を入れた壺を持ち体に石を括り付け海底深くまで潜り、壺を沈めるという。
ミクロネシアと同じような風習が湖北で繰り広げられてきたというのか…

本当に悲しい伝説と謎に包まれた琵琶湖…

私は湖北の夕陽を撮るのが好きで何度か訪れました。
竹生島と葛籠尾崎の間に落ちる夕日。夕日が落ちる方向には比叡山が浄土のように聳え立つ…
夕陽が湖に沈んだ者たちを供養しているように思えてなりません。

DSCF1147.jpg
DSCF1155.jpg
水鳥の生息地から夕焼けを撮る
FinepixS9100(2007年撮影)


私にとって琵琶湖はまさに「殯の湖(もがりのうみ)」。

DSCF0283.jpg
道の駅「みずどりステーション」付近から (この特は曇って夕日が見れなかった)
FinepixS3Pro (2012年撮影)


暗いイメージがあるんだけれど何故か惹きつけられるんですよね、琵琶湖って…

本当はもっと琵琶湖に関して語りたいことがあるけど、今日はこの辺りで止めておきます。
晩酌して眠いしね…










スポンサーサイト



  1. 2016/09/27(火) 22:17:53|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<私の聖地「若草山」 | ホーム | 秋の平福>>

コメント

こんばんは。

琵琶湖にまつわる悲しくて
恐くて深いお話ですね。

これだけの大きな湖、古代より
神として、偉大なものへの信仰の対象として
様々な形で人々に浸透しているのでしょうね。

しかし、夕景の湖面は見事ですね。
  1. 2016/09/28(水) 22:22:42 |
  2. URL |
  3. yukaten #kpjYxc8I
  4. [ 編集 ]

>yukatenさんコメントありがとうございます。
琵琶湖はご存知のように日本最大で最古の湖です。人々は有史以前からこの湖からの恵みに対しての信仰があったんでしょうね。
来年辺り、長期休暇を会社から頂きますので5年ぶりに夕景を撮りに行こうと思います。
  1. 2016/09/28(水) 23:11:20 |
  2. URL |
  3. toshi #-
  4. [ 編集 ]

そういえば 「琵琶湖周航の歌」でも

◆湖底調査をすると、土器は水底に上向きに均一に並べられており、土器の中に人骨が入っているものもあるそうです。
 ⇒ それは もしかしたら「甕棺墓列」かもしれませんね
地殻変動で沈んだ遺跡がありますから…

悲しい話と言えば
「琵琶湖周航の歌」でも
瑠璃(るり)の花園 珊瑚(さんご)の宮
古い伝えの 竹生島(ちくぶじま)
仏の御手(みて)に 抱(いだ)かれて
眠れ乙女子 やすらけく

こんな歌もありますね
モガリの湖
言われてみれば確かに非業の最期を遂げた人々が沢山眠っているのですね

私は 平家滅亡の地 「壇ノ浦」を思い出しました
  1. 2016/09/29(木) 02:14:31 |
  2. URL |
  3. クメゼミ塾長 #LCCNbXwA
  4. [ 編集 ]

>クメゼミ塾長さん コメントありがとうございます
「琵琶湖周航の歌」の歌詞を深く知りませんでした。

眠れ乙女子 やすらけく…

深いですね。さっき色々調べたら琵琶湖では、不漁や湖面が荒れるのは竜神のた祟りだと、多くの乙女たちが「人身御供」にされたという伝説が多く残されていることがわかりました。
琵琶湖の周りに立つ「十一面観音」たちはそういう悲しい人々を供養しているのか…

ああ直ぐにでも琵琶湖に行きたくなってきた…
  1. 2016/09/29(木) 21:18:04 |
  2. URL |
  3. toshi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamamtso.blog.fc2.com/tb.php/93-3e10adcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yamamtso

Author:yamamtso
アマチュアカメラマン
toshiと申します

カメラ・寺巡り・歴史探訪
そして仏教…
探求してきたことや、
ふと思ったこと、出会いなどを
残像(Afterimage)として
残していこう。

古いデジカメばかりで
お見せするのが恥ずかしい
写真ばかりですがよろしく
お願いします

camera
Nikon:D40
Nikon:D810
FUJI:FinepixS3Pro
FUJI:FinepixS5Pro
FUJI:finepix 6800z
SONY:Cybershot DSC-P150

lens
TOKINA:ATX124PRO12-24mm
Nikon:SERIES E 35mmf2.5
Nikon:Ai45㎜f2.8P
Nikon:AiMicro55mmf2.8s
Nikon:AF50mm/f1.8
Nikon:AF18-140mmVR
Nikon:AF55-200mmVR
Nikon:AiNikkor35-70mmf3.5
Nikon:AF28-80mmf3.3-5.6G
SIGMA:AF28mm/f1.8 ASFⅡ
SIGMA:AF24-105㎜f4ArtLINE
TAMRON:AF90㎜f2.8VC
TAMRON:AF70-300mm/f4-5.6
       etc

リンクはご自由に(一言連絡いただければ有難い)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

写真散歩(姫路市内) (509)
写真散歩(兵庫県) (284)
写真散歩(兵庫県外) (85)
気になる撮影地 (4)
歴史 (51)
仏教 (114)
日記 (349)
独り言 (158)
写真 (34)
カメラ (26)
寺巡り (24)
レンズ (16)
播州の祭り (33)
神社 (6)
旅行記 (19)
オーディオ (3)
本 (3)
飛び出し坊や (9)
見仏クラブ (19)
お仲間ツアー (15)
未分類 (0)
音楽 (4)
私の一枚 (7)

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる